Sengoku1985

何故、私は鉄道を撮り続けるのか?

Electric Locomotive#260

2017-08-13 | 鉄道写真


 それでは、連載第260回は、EF30の最終回、EF30 20をお届けします。


 同機は、関門海峡を遠く離れ、群馬県松井田町、信越本線横川駅近くの、「碓氷峠鉄道文化むら」にて保存されます(写真)。


 EF81 400番代投入まで現役であったEF30、もっと残っていても良さそうですが、「産業文化遺産」という発想の無い時代、量産型完全保存は同機のみです。



 他日の撮影(写真)。完全な形で残るのは、これだけというのは残念ではあります。


 あくまでも、関門トンネル用の同機、本格的な「交直両用機関車」の、一里塚でした。


 それでは、次回をお楽しみに。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Electric Loco... | トップ | Electric Loco... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL