Sengoku1985

何故、私は鉄道を撮り続けるのか?

Electric Locomotive#17

2016-10-16 | 鉄道写真


 それでは、連載第17回目は、日本での電化初期における輸入電機をご紹介したいと思います。


 写真の電機は、ED10 2です(写真)。大正期、東海道本線国府津電化用に、ウェスティングハウス・ボールドウィンで製造された、アメリカ製電機です。2輌輸入された、その2号です。


 後に、国鉄引退後、西武鉄道に移籍、現在は横瀬車両基地に静態保存されます(写真)。



 昨年の姿(写真)。西武で引退後、ナンバーを元に戻し、塗色も旧来の塗色に戻されました。


 B-Bの4軸で、先輪もありませんが、デッキ付きで、その後の日本の電機のスタイルの元となっています。


 それでは、次回をお楽しみに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Electric Loco... | トップ | Electric Loco... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL