Sengoku1985

何故、私は鉄道を撮り続けるのか?

Electric Locomotive#198

2017-05-18 | 鉄道写真


 それでは、連載198回目は、EF65の25回目、EF65 1058をお届けします。


 配属は新鶴見か、首都圏の運用が多かったようです。黒磯での一枚(写真)。交流ホーム横で、出発を待っています。


 同機のパンタグラフは下枠交差形の小型であり、この位から変わっているようです。



 雪の日の、中央西線での一枚(写真)。春日井で入替を行うDD51の交代か、次位無動で従えます。この日は、撮影者がいました。



 また他日、中央西線で、最後の「パワム(パレット用ワム)」ワム80000形の貨物列車を牽く姿(写真)。二軸貨車との組み合わせも、もう二度と撮れません。


 なお、中央西線というと、EF64を思い浮かべますが、実は64と65は歯車比が同じなのだそうで、実際中津川まではPFが入線した実績があるそうです。尤も、現在の64の1000番代の余剰で、他区の65を使う必要性も無くなり、PFによるこれらの運用は全て消滅しています。


 それでは、次回をお楽しみに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Electric Loco... | トップ | Electric Loco... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL