伊賀上野が元気になればいいなあ!

上野の城下町、どうなっていくんだろう、、、見守る元気はないけれど、静かに生きていこうと思う(笑)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「四季の会」、夏づくし

2013-07-16 00:47:32 | ヒルホテル サンピア伊賀 通信
 ようこそ誘われてくださいました、、、と感謝の乾杯(笑)。
いろいろ人生豊かになるお話を聞きつつ、食もすすみ、ほろ酔いになり、
我が父は、「誘ってくれてありがとう・・・」の連発で、気恥ずかしくもあり。
でも、孝行できるうちにしておかないと、ね。(かなり遅い孝行ですけどね

さて、昨日のつづき、旬の「お造り」の後は、

「冷し多気合せ」薄味仕立ての煮物に胡麻餡が絶妙のアクセント!


「焼物・国産鮑と(雲丹)いそ焼」 

さぁ、 恥ずかしそうに隠れているのは、、、

「凌ぎ・国産鰻の握り」
多分、これが最後の鰻かもしれない…と思うと、やっぱり愛おしくなりますよねぇ。
もちろん、じっくりゆっくり、味わって戴きましたとも、、、あぁ、美味かったぁ

私的に、サイコウの食感だった、

「替鉢・鮎素麺、鮎舟形」
頭から尻尾まで、素麺漬け汁に浸っているにもかかわらず、カリカリっとしてて、野蛮にもまるまま食いついてしまいました(笑)。(下品な表現ですみませぬ)

あと一回、つづいておしまい…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「四季の会」、夏らしく | トップ | 「四季の会」、この夏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む