tyakoの茶の湯往来

日常生活の中から茶道の事を中心に、花の事、旅の事、そして、本や写真の事など、気ままに書いて見ようと思ってます。

ひと点前座っても・・・

2016-12-07 18:25:16 | 大學の稽古
12月7日(水)大雪
暦では「大雪」にあたります。
いよいよ本格的な雪が降りだす頃のことだそうです。

今日は大學へ行って来ました。

   
   お菓子

炉が初めてという子達が多かったので、お菓子を出されても食べる事が出来ないほどだったので、お菓子の銘を聴いて来るのを忘れてしまいました。

私の印象では「冬の紅葉」と云ったところでしょうか?

   
   一服

三時に出してくれました。
こちらもゆっくり頂くことが出来ず、飲んではしゃべり、飲んではしゃべるといったお稽古でした。

   
   二年生

二年生になってから始めましたから、一年生と一緒です。
初めての炉でしたので、時間はかかりましたが、建水を持ってスッと立ち上がったのには驚きました。
今までは「座るのがお稽古」でしたが、四十分近く座っていたのに立ち上がるという事はすごい進歩だと思います。

思わず「ワア-立てた・・・」と私。「最近大丈夫になったんです」とニッコリと彼女。
先が楽しみです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初嵐を使えた・・・ | トップ | 秋田からのリンゴは・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教える者の喜びは (越後美人)
2016-12-07 20:43:27
長時間の正座も出来るようになったようですね。
炉のお点前で、最後にスッと立てて、本人もさぞ嬉しかったでしょうね。
お茶のお稽古は、何でも上達する時にはぐんと、一気に階段を上がりますね。
こう言うことに遭遇出来るのは、教える者の喜びですね(^_-)-☆
本人も (tyako)
2016-12-07 22:19:04
越後美人さま
そうなんです。
あの喜びがあるから、続けて居られるのかも知れません。
本人も嬉しかったでしょうが、私も彼女にも負けづに嬉しかったですね。
みんな成長して行くんですね。
楽しみです。
ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む