tyakoの茶の湯往来

日常生活の中から茶道の事を中心に、花の事、旅の事、そして、本や写真の事など、気ままに書いて見ようと思ってます。

東海道散歩余録

2017-01-30 17:51:52 | 東海道五十三次の旅
1月30日(月)
何となく寒さが和らいだようですが、午後からは強い北風が吹き始め真冬の寒さに逆戻りでした。
まだまだ寒い日が続きそうです。

今日は月曜日、ストレッチ教室に行って来ました。
朝食を食べるまでストレッチ教室へ、行こうか休もうか迷っておりましたが、腰の疲れは残っておりますが、足は回復しておりましたので出かけて見ました。

行ってよかった、すっかり元に戻りました。


   
   吉原宿のお菓子

ストレッチ教室から帰り、何となく甘いものが欲しかったので、吉原宿の「栗まんじゅう」を頂きました。
このお菓子は江戸時代から同じ作り方を続けているという、吉原宿の名物まんじゅうでもあります。

深みの無い甘いおまんじゅうで、江戸時代のお菓子と云われれば納得ができます。

   
   富士市

富士市野マンホールです。
大きく富士山と松原を描いております。

   
   かぐや姫

このマンホールが気になって、ウオーキング・リーダーに訊ねましたが、余り詳しくないようでしたので調べて見ました。
富士市に伝わるかぐや姫の物語では、かぐや姫は最後に月に帰ってしまうのではなく、富士山に登って忽然と消えてしまうことになっており、姫は富士山そのものの祭神とされています。

富士山に登ったとされている道を「囲いの道」と云い、名残りを惜しんで振り返ったとされている「見返り坂」、そして、竹を切ったと伝えられている「竹取り屋敷」など数々の伝承が伝えられております。「富士市HPより」

   
   昼食

丼ぶりに盛り上がっているマグロのブツ切です。
「ブツ切丼」は街道の名物だそうです。朝から歩き通しですので、どなたも完食です。

   
   変わった達磨

日本の三大だるま市として有名ですが、この毘沙門堂は平安時代の創建と云います。
だるまさんがニャッとしております。

   
   海抜は

富士市ですが、海抜2、3メートルです。
江戸時代のような津波が来たらひとたまりもありません。

   
   津波避難ビル

それでも、街道沿いのビルには、「避難指定場所」が大きく書かれております。

   
   左富士

左富士の説明がある場所のバス停です。
この辺りで、広重が左富士を描いたところといわれております。

歩かなければ気が付かないような物ばかりを書いて見ました。
これが散歩の楽しみなのだと思っております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道五十三次は「原宿から... | トップ | 届いたお菓子で一服を・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
右富士 (ウミネコ物語)
2017-01-30 22:15:34
お疲れ様です。
「左富士」に反応しました。
中山道にも一カ所だけ「右富士」があるのです。
ワタシの住んでいる近く、「清水坂」といい大きくカーブするため、一瞬ですが・・・。
右富士 (tyako)
2017-01-31 09:54:22
ウミネコ物語さま
おはようございます。
「右富士」ですか・・・、いろんなところで、いろんな情景が見られんですね。
一瞬というのが良いですね。
中山道歩いて見たい街道です。
ありがとうございました。
Unknown (福の神)
2017-01-31 13:50:29
今日は
日増しに日の入りも延びていきますが、寒暖差激しい昨今です、一月も早、晦日ですね
東海道五十三次原宿~吉原の備忘録を拝読致しました、昼食、達磨、良いですね。かぐや姫の物語はビックリ!(^。^)です。又、かぐや姫の話題が出来ました。
足の疲れも回復したとか・・good !
少し春めく2月も宜しく!
歩いてこそ (tyako)
2017-01-31 17:28:25
福の神さま
こんばんは。
昨日の暖かさから真冬に戻り、何となく家から出たくない一日でした。
東海道五十三次もまだ静岡県です。京都を目指してと、言いますが、後何年かかる事やらです。

達磨もかぐや姫も、歩いてこそ見えた事です。やはり散歩は最高ですね。

2月も東海道がありますので、足慣らしの散歩をしなくては思っております。
ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む