Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

梨の花×鶏の骨@梨の花 千葉拉麺通信10周年『梨の骨』!

2010-06-20 22:17:56 | 千葉 成田線 総武本線

 

本日、千葉拉麺通信10周年企画、『ガチコラ』第二弾が行われた。
第一回は、まるわ×三軒屋という若手のコラボレーションだった。
今回は、千葉で最も強烈な超実力・大人気店同士のコラボレーション。

今回のガチコラは、拉通の山路さんが、
鶏の骨/福一の石曽根さんにお声をかけたことがきっかけだとか。
それで、石曽根さんが、「是非、梨の花と」、となり、
夢のようなコラボレーションが実現したんだとか!?!?

石曽根さんと梨の花の鈴木さんは、僕的にも大好きなお二人。
お二人とも、尋常じゃないラーメンパワーをもった方で、
お二人とも、全国レベルのラーメン職人であり、
千葉のラーメン界の現在のトップランナーの一人である。

お二人とも、強烈で、インパクトがあり、個性たっぷり。
それに、あっさりとこってりをどちらも極めようとしている。
すごく似ている感じがする。お二人とも「男臭いところ」がある!
男臭いんだけど、ものすごく繊細さもあって、やっぱ変(爆)

そんなお二人のガチコラだけあって、開店前からすごい行列だった。
10時前にはほとんど待ち人はいなかったんだけど、
10時を過ぎたころから、どこからともなくお客さんが集まってきた。
オープンの11時前には、50人くらいの行列ができてしまっていた。
この場所ですよ。この立地で、オープン前50人ってすごくないですか?

千葉のラーメンフリークの人たちも集結していて面白かった。
フリークの長、ふゆつきさんとhechimaさんがおられなかったのが残念、、
山路さんもいました♪ わたくしはいつものこの方とともに~(^。^;)

店内に入ると、石曽根ご夫妻と鈴木ご夫妻がおられました。
ご夫婦同士のコラボともいえるイベントですね。
なんか、すっごいいい雰囲気で、心温まりました。
2夫婦だけのイベントって、なんかすっごくいい雰囲気ですね。

で、今回のガチコラのメニューは、ずばり、
『梨の骨つけ麺』と『煮干しと牛スジのカレーライス』、
つけ麺&カレー (1000円)でした。

鶏の骨も梨の花も超濃厚ドロドロ系が武器なので、
想像していたのは、超ドロドロ、デロデロ、ガツン、ガッツリつけ麺だった。

が、これがあっさりと覆されるとは想像だにしていなかった。
いや、もちろん濃厚なスープだったんだけれど、
ドロドロ系じゃない。魚粉の粉っぽさもない。
トロトロっとしたやさしい濃厚スープだったのだ!

このアプローチには、かなりビックリだった。
ドロドロっとしていない、スープになっている、
それでいて、旨みは半端ない。こんな「旨み凝縮」のつけ麺は食べたことがない。
いや、あるとすれば、奈良の無心?!に近いアプローチ。
味は違うけど、とにかく肉の旨みが凝縮したとろりスープだった。

しかも、それだけにとどまらない。

最初に麺を食べたら、仄かに煮干しの味がする。
麺をひっくり返すと、そこにはギガ豚ソースが底にひいてあり、
心地よい煮干しの風味が麺にからまっていたのだ!

いやはや、もう何も言うことはございませぬ。
またすぐにでももう一杯食べたくなりました。
こんなに「ウマい!!!」と叫びたくなるつけ麺ってあるんでしょうか。
贅沢すぎます。美味し過ぎます。もう、今、また食べたいですもん。

イベントってことで、変なのを狙うのかなと思いきや、
超正統派のストレートな鶏+豚+αの濃厚つけ麺でした。

煮干しと牛スジのカレーライスは、フルーティーな甘みの強いカレーでした。
特にマンゴーやバナナの甘みが際立っていたように思いました。
どちらかというと、アジアンテイストなフルーティーカレーって感じでしたかね。
牛スジ、美味しかった~~~~。。。
(ただ、欲を言えば、この牛スジならもう少し辛いカレーの方が…)

いやはや、驚き、驚愕のすごいガチンココラボレーションでした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« kei、35歳、今年の誓いは… | TOP | 麺小屋@都賀 こういうお店は... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アジアンテイスト大好き! (いけっち日記 )
アジアン雑貨やインテリア,お洋服が大好き