Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

麺処まるわ@作草部 今年も「冷したんたん辛つけ麺」がやってきた!

2017-07-01 00:35:06 | 千葉市 稲毛区

梅雨の季節になり…

いよいよ夏本番カウントダウン。

今年の夏は、かつてないほどの猛暑になる、という予測もあるみたいで。

詳しくはこちら

8月になればなるほど、暑くなる、と。

となれば、ラーメン屋さんも「冷やしメニュー」の開発を急がねば!

僕的には、もっともっと「冷やしラーメン」が増えてほしいんですけど…

千葉は、山路さんやらんちばさんの影響もあってか、「冷やし中華」に勢いがあります。

千葉の人気実力店が次々と、オリジナルの「冷やし中華」を生み出しています。

でも、僕は「冷やしラーメン推し」。

あと、忘れてはいけないのが、「冷やしつけ麺」。

麺もスープも冷たいつけ麺は、まだまだ「発展途上」の段階じゃないかな!?

その中で、、、

麺処まるわは、この「冷やしつけ麺」の可能性を模索し続けています。

今年も登場しました!

冷したんたんつけ麺

です。

まるわオリジナルの夏限定つけ麺。

これを食べずして、夏の千葉ラーメンを語ることなかれ!

今年もまた、マイナーチェンジを行ったみたいです。

いったい、どんなつけ麺になっているんだろう!?

わくわくわく。。。

ジャジャーン!

こちらが、今年の冷したんたん辛つけ麺です!

スープを飲むと、、、

まず驚くのが、辛さがそれほど強くない。

そして、魚介の旨みがさらにパワーアップしている。

この二点でしょうか!?

食べやすさ、飲みやすさを追求したつけ麺になっていました。

ビギー君曰く、「スープを全部飲み干せるエコタイプのつけ麺」だそうです(苦笑)。

無駄を一切出さないつけ麵へのチャレンジ!?、とも。

たしかに、鯖節の旨みが強くて、ぐいぐい飲めるんです。

だから、結果として、最後にスープが残らない。

麺も、いいところでなくなる、という。

素晴らしいじゃないですか。

麺はこんな感じです。

細麺、ストレート麺ですね。

麺の上にフライドオニオンがかけられていて、これがいい感じでした。

食感が豊かになって、ガリガリっという音が聴こえてきそうです。

全体的にさっぱりしているので、あっという間に完食です。

これは、暑い夏に嬉しいですね。

個人的には、、、

今年の夏は猛暑になる、という前提でいくと、、、

スープが温くなるので、「氷」あるいは「ダシ氷」を入れてほしいですね。

山路さんも、冷やし中華の「ぬるさ」を厳しく指摘していました。

ここのつけ麺は決して「ぬるく」はないんだけど、「キンキン」でもない。

東千葉の「たか山」の「氷ラーメン」は最後までキンキンに冷えていました。

氷の力は大きいです。

コンセプトが「飲み干しありがとう」(by海空土)なら、氷でいいかも。

基本的にラーメンやつけ麺のスープは「濃い」ので、薄くなっても問題はない。

「毒的な美味しさの追及」をしないのであれば、氷で十分かな、と思います。

いずれにしても、「冷たさの維持」は、冷やし麺業界の課題になっているので

これについても、まるわなりのアプローチを示してほしいなぁと思いました。

ま、このままでも、僕的には十分に満足なんですけどね。

一応、書いてみました。

こちらは、高菜ご飯+チーズのスペシャル丼です!

(チャーシュー丼がなかったので、「おまかせ丼」でお願いしたんです)

高菜+チーズのミニ丼。

いいですねー。

疲れた心と身体が癒されました。

高菜×チーズご飯ってことになるのかな!?

高菜×チャーシューのハーフハーフ丼も美味しいけど、、、

こちらもとっても美味しかったです♪

平日だと、ミニ高菜ご飯がさらにお得です♪

ミニチャーシューご飯もお安いですねー。

お腹いっぱいになりました、とさ。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らーめん大地@天台 問題作... | TOP | やまや本店@西千葉 新作「... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉市 稲毛区

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。