Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

鳳華飯店@西千葉 二度目は一番人気の「モヤシソバ+チャーシュー」を!+α

2016-12-31 22:39:39 | 千葉市 稲毛区

2016年、最後の記事はこのお店になりました!

かなり昔から知っていながら、最近になって、その凄さに気づいたお店です。

その名も、、、

鳳華飯店

であります!

老舗店であり、超ベテランの店主さん、渾身の料理が楽しめます。

なんてことないのに、とんでもない、

そんなラーメンが食べられるお店です!

前回の白熱レポはこちら!!

このお店の「おススメメニュー」はこちら!

いずれも、ボリューム満点で、がっつりとした料理が楽しめます。

どれも魅力的だなぁ、、、

この画像のメニューは、こんな感じになっています。

ラーメンフリーク的には、「高菜半チャーハンとラーメン」が狙い目ですかね!?

これで、税込で710円。

かなり安いです。

今回は二度目、、、

ということで、「当店で一番人気」の「モヤシソバ」を頂くことにしました!

モヤシソバが一番人気なのかー、、、。

カタカナ表記になっているのがいいですよね。

ただ、空腹だったので、チャーシュートッピングでお願いしました。

なので、今回は、「チャーシューモヤシソバ」であります!!!

ジャジャーン!!

なかなか、豪華でしょー!?

2016年最後のラーメン記事にふさわしい!

僕の理想を具現した感じの素晴らしい一杯でした。

スープは、この店自慢の「昆布煮干鶏豚骨スープ」。

そこに、炒めた野菜炒めがどーんとのります。

なので、もともとの繊細さは薄れますが、よりパワフルになります。

昔ながらのがっつり系ラーメン、と言っていいかもしれません。

ただ、、、

予想通り、お肉は付いていなかったので、チャーシュートッピングは正解でした。

だいたい、「モヤシソバ」というと、もやしを中心に野菜炒めがのっただけのラーメンです。

二郎ラーメンの「豚」じゃないですけど、やはりお肉がほしいんです。

ここのチャーシューは、基本的に、王道の激ウマチャーシューなので、大満足。

麺はこんな感じです。

ラーメン類も「出前」をやっているせいか、麺は最後までのびのびになりません。

昔ながらの、モグモグっとした食感の縮れ麺。

この麺も、スープに合っていていいなぁ、、、と。しみじみ。

モヤシソバなのに、なぜか、ブロッコリーが入っていて、嬉しいですね。

ニンジンや白菜やニラやきくらげなんかも入っています。

G系と銘打ちながら、もやししか盛らないお店のラーメンとは全然違いますね。

「飲食店」であれば、それなりの食材は使ってほしいなぁって思います。

昔ながらの中華料理店は、ホント、色々と工夫しながら様々な食材を使っています。

今のラーメン店って、スープのクオリティーは上がっていますが、食材で考えると…。

昔より、むしろ、制限がきつくなっている気もしなくもありません。

で、こちらが、天津麺です!!

蟹玉がどーんと乗っていて、その上に、ブロッコリー(!?)。

こちらもまた、全然違う味わいのラーメンになっていますねー。

基本のラーメンとは全然違います!!

蟹玉が美味しすぎて、たまりませんでした。

蟹玉とラーメンスープって、混ざり合うと、かなり不思議な味わいになりますね。

あと、蟹玉を崩して、麺を取り出す瞬間がたまりませんね(苦笑)

あと、こちらは、このお店でも特に「有名」な丼。

「たっぷりカツのソース丼」です。

いわゆるドカ盛り丼、ですね。

ど迫力のヴィジュアルに、思わず歓声を上げてしまいました。

唐揚げも、これだけ入って、「ハーフ」です。

通常サイズだと、いったいどれだけの唐揚げが入るんでしょう!?!?

味も、少し甘みがあって、美味しい唐揚げでした!!!

***

というわけで!!!

2016年最後のラーメンレポとなってしまいました。

本当は、もっともっと丁寧に書きたいところですが、、、

今の僕には、もう時間がありません。

更新するのがやっと。。。

なので、こちらのお店の魅力は、画像からなんとなく感じとって頂ければ、と思います。

2017年もまた、こちらのお店に行きたいなぁって思います!!!

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺屋玲@都賀 ちょっと無理... | TOP | サヨナラ、「最悪」の2016年。 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉市 稲毛区

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。