Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

◆WAIL-for the blue sky-◆NEIN!◆「振り払われた悲しいこの手」…

2017-07-16 09:15:56 | 僕のオリジナル曲! -kei' s original songs-

また、素敵な新曲ができました!

今回のこの曲は、これまでとちょっと違う作品になりました。

この曲の歌詞を書いたのは、僕でも、ボーカルのASUKAでもなく…

児童養護施設で暮らす中学生の女の子なんです。

中学生といえば、人生の中でも最も多感な年ごろ。

また、これまでの色んな問題が噴き出る年ごろ。

内面的な危機というか、内面的な混乱が起こるのもこの年ごろ。

そんな彼女が、書いてくれた歌詞なんです。

詳しいことは書けませんが、この詩は今を必死に生きる中学生の女の子の作品。

これをどう「読む」かは、聞き手のみなさんに委ねたいと思います。

音楽と養護。

音楽を通じてのケア。

まだ、漠然としているけど、自分がこれから取り組みたいテーマになりそうです。

いつか、こういうことをやってみたかったんです。

この曲は、彼女の耳にも届いていると思います。

この曲を聴いた彼女はなにをどう思うのだろう?

彼女の心のどこかで、何かが響いてくれたら、と願います。

直接彼女の支援に関わっているわけじゃないけど、、、

でも、音楽は、直接的に彼女の心に届くもの。

この詩の一番最後は、「青い空」。

どこまでも暗くて悲しい内容だけど、最後に一瞬見せる「青い空」。

それが、何を意味しているのか。

僕にも分からないけど、「空」という言葉に、「未来」を感じます。

僕としては、彼女がどんどん空の向うへと羽ばたいてくれることを願うのみ。

この歌詞を読んだ時、単純に、「凄い…」って思いました。

自分を傷つけ 道にうずくまっていたけど そこに意味はあった」って、

これは、もう彼女にしか書けない詩だと思った。

また、最後の方の一節に、

必死にもがくこの手 振り払われた 悲しいこの手

というのも、彼女にしか書けない詩だと。。。

一番大切な存在に、振り払われた手…

この表現は、僕的には、「とんでもなく凄い…」としか思えない。

歌詞の全ての言葉に、魂がこもっているというか、、、

この詩を読んで、強く思ったのは、

「この歌詞に曲がつけられるのは、僕しかない」ということ。

もちろん、曲なんて、誰だってつけられる。

でも、「自分がやらなきゃダメだ」って心底思えたんです。

だから、ここまで作り上げるのに、随分と時間がかかりました(汗)

僕的には、これ以上にない差し迫った楽曲になったかな、と思っています。

***

よかったら、是非聴いてみてください。

そして、彼女にしか書けない歌世界を感じてみてください。

…にしても、、、

よく、中学生で、こんな歌詞が書けるな、、、

僕も歌詞を書いてたけど、ここまでは書けてなかったよな、、、と。

敗北感も若干あります、、、(;´・ω・)

一度、彼女に会って、話がしたいなぁ。。。

でも、何よりもまず、彼女がこの曲を気に入ってくれることを願います(;;)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万龍軒@千葉 酸味控えめ、... | TOP | 粋や@千葉 既成概念を壊す... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 僕のオリジナル曲! -kei' s original songs-

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。