Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

らーめんだいこう@上総牛久 パンチ炸裂!「牛すじら~めん」が凄い!

2016-09-18 21:36:36 | 千葉 市原ラーメン王国

この日は、千葉名物?の「小湊鉄道(小湊鐡道)」に乗って、「上総牛久」へ!!

小湊線に乗るのなんて、かなり久々かも!?

しかも、料金体系も変わってる? 高いんですけど、、、汗

で、上総牛久、、、といえば…

(+で、上総牛久から徒歩圏で、というと…)

らーめんだいこう

ここしかないでしょう♪

創業11年という「中堅店」みたいです。

思い返せば、何度、らんちばさんとこのお店の前を通りすぎたでしょうか…(汗)

いつも、「ここも行かないとね」って話していたんですが、なかなか行けずに終わっていました。

(しかも、いつも、お腹パンパン状態でこのお店を通り過ぎていました)

らんちばさんと一緒に来たかったですが、、、(;;)

なお、上総牛久駅からは、徒歩で5分程度。近いです。

駅を降りて、左方向に行くと、踏切があるので、渡ります。

そして、まっすぐ行って、大通りに出て、右手に少し進むと見えてきます。

これで、分かりますかね!?

お店のボードを見て、確信しましたね。

「このお店は、面白いお店に違いない」って。

店主さんお一人で切り盛りされています。いわゆる「ワンオペ」ですね。

店内は結構広くて、一人で営業というのは大変です、、、(-_-;)

でも、なんか、創業11年の経験からか、余裕が感じられます。

メニューも、凄いですよ。

ドドーンと。。。

いったいどれを食べてよいのやら、、、

でも、こういう時こそ、「フリーク」のレベルが問われます☆

一番重要なのは、店主さんが一番大事にしているラーメン。

あるいは、このお店の「らしさ」が一番詰まったラーメン。

これを見抜くのは、至難の技。

らんちばさんなら、きっと基本の「ラーメン」か、あるいは「竹岡式ラーメン」かな、と。

あ、「竹岡式ラーメン」は「お湯割り×玉ねぎ」で、「醤油ら~めん」は「ダシ×ネギ」だそうです。

「この二つは、全くの別物ですね」、とのこと。

で、「ブラックタンタンメン」! 

これは、2012年千葉ラーメン選手権で出したものらしいです。(実食レポもあります!)

これも気になったのですが、、、

…悩みます。。。

で、ふと、店内を見回したら、気づきました。

メインのラーメンの中で、一つ、いくつも掲示されているラーメンがあることを、、、

「これだ!」、と思いました。

それが、これです!!!

ジャジャーン!!!

これです!!

「牛すじら~めん」!

この牛すじラーメンが、店内の数カ所に、掲示されていたんです。

きっと、このラーメンこそ、店主さんが一番大事にしているラーメンだ!、と。

そう、感じたんです。

で、この牛すじラーメンが、大あたりでした。

こんな美味しい牛すじラーメンは、なかなか見たことがありません!

辛くはないですが、「スタミナ系牛すじラーメン」という感じです。

スープは、ややとろみがあって、しょっぱくて、パンチがあって、ガツンと来ます。

こんなワイルドでパワフルな牛すじラーメンはなかなかお目にかかれません!!

問答無用で食べさせるパワーがあります。

旨い!しょっぱい!ヤミツキになる!

麺はこんな感じです。

シンプルで、少し柔らかめのレトロな麺でした。

文明軒だったかな!?

まぁ、内房といえば、文明軒であってこそ!、って感じです。

で、注目は、この大きな塊みたいな牛すじ。

こんなに大きくて、いっぱいゴロゴロと入った牛すじラーメンは初めてかも。

しかも、この牛すじが柔らかくて、歯ごたえがよくて、もう、たまりません。

一度、これを味わったら、もう抜け出せません。。。

これで800円とは、お安いです。

キャベツと牛すじがいっぱい入った極上のパワフルラーメン。

これは、卓越しています。

大満足でした。

で、こちらが、「醤油ら~めん」です。

見てください! このシンプルなヴィジュアル。

お味も、「これぞ、まさに、庶民のためのラーメン!」という感じでした。

牛すじラーメンほどのしょっぱさやパンチはありませんが、パワフルです。

ローカルで、ほんわりとしていて、懐かしくて、レトロな醤油ラーメン。

ある意味で、「教科書的な味わい」かも!?

麺は、こんな感じです。

とろみのある牛すじラーメンとは、感じ方が異なる気がしました。

しっかりとした麺、というか。。。

こちらも、するするっと食べられました。

煮玉子もなかなか。チャーシューは肉の風味がしっかり残るタイプでした。

で、チャーハン。

この「だいこう」の店内に入った時、「ここのチャーハンは間違いない!」って思いました。

その通りでした。

店主さんは、きっと若かりし頃に、中華料理を勉強されたんだと思います。

まさに、そういう味わいでした。

これだけのチャーハンが味わえるラーメン店はなかなかない気がします。

もっちりしていて、シャープな味わい。

まさに、「the男のチャーハン!」って感じでした。

餃子も注文しました♪

いやー…

やっぱ、日本の実力あるお店の餃子は、半端なく美味しいですね。

ドイツで、微妙な餃子を色々と食べたので、、、汗

日本の餃子は、やっぱり凄いです。

外はパリパリで、中はしっとり。このコントラストがたまらない。

次は、絶対に「イタリアンら~めん」を食べたいです!!

それに、「ブラックタンタンメン」も食べたい。

他にも…

いやー、このお店は一度じゃ絶対に語れない。

今度、らんちばさんにお願いして、連れて来てもらおうっと♪

だいこうは、297号線沿いにあります。

悠友亭、珍来牛久店の少し先にあります。

僕的には、まさに「素晴らしい昭和スタイルの絶品ラーメン店」って感じかな!?

是非、一度、行ってみてほしいです。

僕的には、「牛すじら~めん」を是非食べてみてほしいですね!!

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つけ麵ふさゆたか@八幡宿 ... | TOP | 香港料理皇記@四ツ谷 久々... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉 市原ラーメン王国

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。