Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

MENSHO TOKYO@後楽園 メリーファン必見!?「羊」のラーメンとは!?

2017-03-20 12:46:24 | 東京 その他の区/東東京

前記事は埼玉でしたが、今度は東京♪

東京の後楽園エリアに来ました。

後楽園駅付近には、わりと洗練されたラーメン店があります。

その後楽園駅近くに、ユニークなお店があります。

それが、

MENSHO TOKYO

です。

人気店「麺や庄の」系列の「麺庄グループ」です。

こちらのコンセプトは、ずばり、、、

です。

僕は、オープン当時の2014年に一度行きました

ジャーンっと。

「ひつじ」の文字がいっぱい出てきます。

だから、MERRYファンの人にオススメです!(苦笑)

基本的には、ラム肉(生後12か月未満の子羊の肉)を使ったラーメン店です。

ラム豚骨ラーメンに、

ラム煮干中華そば。

豚骨だと「ラーメン」で、

煮干だと「中華そば」。。。

なるほどねー。

たしかに、そんな感じがする。

ただ、九州に行くと、白濁豚骨で「中華そば」って言っているところもあるし…

何とも言えないかなぁ。。。

メニューは、さすがにいっぱいそろっています。

まずは、、、

ラム煮干つけ麵!

ジャジャーン!!

来ました☆

ラム煮干つけ麵(ノーマル)。

見るからに、「東京スタイルの濃厚動物魚介系」、ですね。

濃厚で、ドロドロ系で、ヘビーで、、、

でも、スープに「ラム」を使っていて、さらに「煮干」もたっぷりと…。

僕的には、30代前半に、夢中で食べていたようなつけ麺ですねー。

(福たけの「メガ豚煮干つけ麵」は、もう狂ったように食べてたなぁ…)

スープの色は濃いですが、味も濃いですよー。

麺の器はこんな感じで。。。

レモンが入っているのがいいですねー。

レモンはビタミンCの宝庫。麺にかけずに、まずは吸いつきます(苦笑)

お肉も、今の時代風に、二種類のお肉がついています。

奥が豚肉で、手前の赤いお肉がおそらく「ラム肉」かと。

HPには「ラム肉低温調理チャーシュー」ってあるので、これかな!?、と。

低温チャーシューって、僕個人的には、まだ抵抗感があって、、、

そもそも、ローストビーフとか好きじゃないし、、、

普通のチャーシューでいいです(苦笑)

麺は「自家製麺」で、ぷりぷりっとした太い麺でした。

で、スープに麺を入れると、こんな感じ。

うどんみたいにぶっとい麺を、濃厚スープにくぐらせて、食べる!、と。

ラムの味がとりわけ際立つわけではなくて、、、

どちらかというと、六厘舎とかとみ田とか、そういう系かな、と。

重くてヘビーでガツンガツンとくる重厚つけ麺。

玉子はこんな感じでした。

こういう濃厚系には、煮玉子ってぶっちゃけ要らないんだな、と分かりました。

煮玉子よりは、野菜とか、それこそフルーツとかの方が合うような、、、

あるいは、パクチーなんかも合いそう。

濃厚系スープには、さっぱりしたトッピングが必須かな、と思われます。

ぶっちゃけ、チャーシューもいらないです。

その代わりに、「野菜をくれー!」って言いたくなりました。

で、続いて、

ラム豚骨ラーメン!

ジャジャーン!

こちらも、とっても美味しそうなヴィジュアルです!

こちらは、ラム(ゲンコツ)+豚骨(もろもろ)のWスープ。

前に食べた時より、ラム感?がなくなっていた気がするなぁ。

意外と、落ち着いた(でもヘビーな)豚骨醤油スープでした。

こちらも、なかなかヘビーなスープです。

濃厚なんだけど、それなりにすっきりしている気もします。

すっきりとした超濃厚豚骨スープ!?

麺は、つけ麵の麺ほどに太くはなかったです。

ストレートの中太麺。

こちらも、もっちりしていて、弾力性もあって、いい感じでした。

玉ネギがいいアクセントになっていたかな!?

もっと、玉ネギが多くてもいいかも!?

卓上調味料も、ユニークでした。

「ほうじ茶」というのが、面白かったなぁ。

味的には、微妙ですけど、、、

これで、おしまいにしようと思ったんだけど、、、

どうしても、、、

まぜひつじ

が気になって仕方ありませんでした(苦笑)

このネーミングセンスに脱帽。。。

名前って大事ですよね、、、、

ジャジャーン!!

こちらが、「まぜひつじ」です!

(麺は少な目でお願いしました)

なかなかに、ごちゃっとしたまぜそばになっています。

一応、「台湾まぜそば風」なんだとか。。。

手前の挽肉は、まさかラムの挽肉じゃないですよね!?!?

ラムじゃなくて、マトンの挽肉らしいです。。。(;´・ω・)

マトンは、生後1年以上の羊の肉のこと。

卵の黄身の下には、ラムチャーシュー。

ラム×マトンで、まぜひつじ。

凄いなぁ。。。

麺はこんな感じです。

普通の太麺、ですかね。

わしわし食べるタイプの太麺。

もちろん、自家製麺です☆

で、これをまぜまぜするわけですが、、、

ドーンっと。。。

タレに昆布ジュレを使っている、とのことですが、、、

味的には、かなりかなりスパイシーで、不思議な味わいでした。

パクチーも入っていて、その香りも結構強めだったかな!?

うん、面白かったです。

美味しいかどうかと問われると、「うーん、どーだろ!?」って感じですが、、、

一度、食べてみるのもありかと思います。

だって、面白いから。。

こんなのもありました。

完璧に、「羊コンセプト」のお店ですよね。

Laboも健在でした。

ホントにここで、日々研究しているかどうかは分かりませんが…(;´・ω・)

***

前に来た時は、日本人スタッフばかりでしたが、

今は、中国人(?)のスタッフが元気に働いていました。

日本で働いている外国の人って、人にもよりますが、パワーがある気がします。

人手不足が深刻な日本の飲食業界ですが、、、

いい人材を確保できるなら、外国人スタッフも「大あり」だと思いました。

いかんせん、ラーメンは今や、日本を代表するナショナルフードですからね。

「学びの実践学」でも書きましたが、ラーメンは「グロナカルな料理」です。

=グローバル・ナショナル・ローカルを越境する食文化。

こういうグロナカルなお店は、僕的にももっともっと応援していきたいなぁって思います。

この本の時にはあまりはっきりしてなかったけど、、、

ラーメンって、グローバル派もローカル派も取り込み、さらにナショナルな立ち位置に立てるんです。

つまりは、左の人も右の人も取り込み、さらにはナショナリストまでも虜にするんです。

…やや、屁理屈な感じもしなくもないですが、、、(;´・ω・)

平和の象徴として、「ラーメン」を考えていきたいな、と思います。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥空海@戸塚安行 千葉に海... | TOP | 長寿庵@東千葉 老舗蕎麦店... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。