Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

するが台食堂@東船橋 創業30年の昭和の食堂で亡き店主さんの味を守ってます!

2017-07-08 00:12:32 | 千葉 船橋市

この日は、東船橋方面へ出張…。

僕の仕事は「研究」「教育」なんだけど、それ以外の仕事が多すぎます(;;)

泣けてきます…(;;)

でも、泣いてばかりもいられない。

きっと、、、

神様が「出張先の近くのラーメン店としっかり出会うように」と言っているんだと思います(苦笑)。

出張がある、ということは、その出張先の近くのラーメンと出会う、ということです。

仕事のことはさておき、しっかりとラーメンと向き合うようにしたいと思います(爆)

さて。。。

今回は、「これぞ、昭和の食堂!」という、、、

するが台食堂

に向かいました。

google mapの画像のメニュー表に「ラーメン」の文字があったんです。

場所はこんな感じです。

食堂のラーメン…

「まだ見ぬラーメン」と出会うこと以上の喜びはありません。

いったいどんなラーメンと出会えるんだろう!?…

とにかく、レトロ感満載の素敵なお店でした。

凄いでしょ!?

これもメニュー板です。

平成の現代にあって、そのまま昭和が残された感じ!?

何から何まで、全部が昭和のまんま。

そのまま「タイムスリップ」した気分になります。

きっと、平成生まれの若者には、驚きだろうなぁ、と。

でも、40代以上の人なら、「ああ、これが昭和の食堂だよなぁ」って、、、

僕の心は軽やかに踊ります。

厨房には、シルバー世代の女性の店主さんがいました。

おひとりで切り盛りされているんですって。

5年ほど前に、創業した店主さんが病気で亡くなったそうです。

その時に、お店もたたもうかと考えたようですが、「私でもできるだろう」、と。

長年、故店主さんと二人三脚で営んできたお店です。

故店主さんの味を残し、少しでも長く営業していこうと決意されたそうです。

ここの全てのメニューが、故店主さんによって作られたものだそうです。

きっと、全部が奥様(現店主さん)にとっても「思い出の味」なんでしょうね(;;)

メニューです。

うーん、もう、この構成自体、昭和の食堂ですよ。

ミックスフライ定食が食べたかった、、、苦笑

揚げものが美味しいという声はネット上にもありました。

けど、僕はラーメンフリーク&ラーメンブロガー。

ラーメンを食べねばなりません。

けど、こういう食堂の場合、チャーシューメンがいいんです。

というわけで、チャーシューメンを♪

ジャジャーン!!!

来ました来ました!

昭和レトロな昔ながらのチャーシューメン。

いい雰囲気でしょー!?

こういうお店の雰囲気の中で、こういうラーメンが食べたかったんです。

これが、ラーメンの理想形なんですよね。

若いお店も、目指すは、ここなんじゃないかな!?

zoom up(!?)

スープを飲むと、

「うわ~、教科書のように、手本となるような醤油ラーメンだ…」

って、思いました。

これこそが、昭和のノスタルジックな醤油ラーメンですよ。

スープは結構甘みがあって、さっぱりとしたあっさり醤油味。

スープは、なんと豚骨(ゲン骨)を炊き出しているんですって、、、。

でも、臭みは一切なくて、すっきりとしています。

「うちの人(故店主さん)がかつては毎日ゲン骨を割ってスープを作っていました」

とのこと。

今は、一日に出る量も少ないので、冷蔵・冷凍して使っているそうです。

とにかく、すっきりとしていて、優しい味の醤油ラーメンでした。

チャーシューも、もちろん手作り、自家製です。

小さめのチャーシューで、余計な味つけはなく、食べやすいお肉でした。

これもまたいいなぁ。。。

麺はこんな感じです。

素朴で、優しくて、ノスタルジックな中華麺でした。

これが、昔のラーメンの味なんですよね。

流行りのラーメンや新店のラーメンもいいけど、

このお店のような素朴でレトロなラーメンもやっぱり食べ続けていきたい。。。

素朴なスープに、素朴な麺。

そして、亡きご主人の味を静かに守り続ける奥さんの一杯。

こういうお店との出会いに、僕は一番心動かされます。

するが台食堂には、是非、若い人たちに行ってもらいたいです。

家系だとか二郎系だとか、そういうラーメンだって、

こういうラーメンがあったからこそ、存在しているんですよね。

何にでも、「歴史」はあります。

ラーメンにだって、歴史があります。

こういうお店で、「かつての食堂」の「古き良きラーメン」を食べるのって、

なかなか経験できないし、これからはますます難しくなっていくと思います。

貴重な一杯だと思います。。。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リアル脱出ゲーム@ナゾビル... | TOP | 中華料理大福楼@西千葉 汁... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉 船橋市

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。