Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

らーめん大地@天台 豪華で鮮やか!期間限定「冷やし担々麺」も凄い!

2017-07-14 00:07:17 | 千葉市 稲毛区

またまたやってきました♪

今回は、そんなにご無沙汰じゃないぞ、、、

千葉市内の人気中堅店(となった)、

らーめん大地

です。

数あるラーメン店の中でも、独自の路線を歩むお店、

そして、唯一無二の独創的な展開を見せているお店。

圧倒的に不利な立地条件の下で、徐々に力をつけていきました。

千葉市内でも、独特の地位を占める大地であります。

新たに券売機を導入し、ますますスタイリッシュになってます♪

定番メニューから変り種まで、色々あります。

ホント、色々と増えましたよね。

でも、、、、

今回は、前回、宿題にした、、、

これです!

期間限定

冷やし担々麺

です!

ねりゴマとアーモンド、唐辛子をベースにしたオリジナルソース

ですって!

前回食べた「冷やしそば」も美味しかっただけに、

こちらの冷やし担々麺も期待できそうです♪

ジャジャーン!

こちらが、冷やし担々麺です!!

なんか、すごく具だくさん、、、

この具だくさんさに、心踊らされました。

具がたくさん過ぎて、麺が一切見えませんからね。

素晴らしいです♪

zoom up!

ホント、豪華過ぎて、、、

麺が全然見えません。。。(苦笑)

これ、原価率高いんですよ。全然儲からないですよ」、と店主さん。

味的には、胡麻ベースのまろやかで少し辛い感じ。

味的にはそれほど驚く感じではないかな。

むしろ、「おー、ゴマだれの冷し中華~」、と。

この冷やし坦々麺の魅力は、なんといってもトッピングの充実感。

決して品目が多いわけではないんですが、どれもいっぱい乗っているんです。

キムチもいっぱい♪

とはいえ、冷やし中華みたいに、野菜がいっぱいってわけでもなく、、、

麺はこんな感じですね。

大地の麺であります♪

もそもそっとした麺に、胡麻だれはいいですねー。

食べやすいです。

それに、量もかなり多め。通常の1.5倍だとか、、、

大地の特徴は、味もさることながら、量も多いっていうことです。

若い学生さんの常連さんが多いお店だけに、、、

量的に十分に満足させなければならないのでしょうね。

でも、安易に二郎系スタイルにはならないし、

大地らしい大盛りラーメンになっているかなぁ、と思いました。

***

思えば、、、

僕がここの「冷やし坦々麺」を最初に食べたのは、2008年

大地が創業した年には既に出ていたメニューなんですね。

夏だけの限定メニューですが、その歴史ももう10年目を迎えています。

今年で10回目の提供となるんです。

かつての画像を見ると、ずいぶんと変わったなぁ、とも思います。

大地も、変わらず愛されるために、変わり続けているんです。

だからこそ、この人気も衰えないのでしょう。

大地は、ラーメンフリークさんに絶賛されるわけでもなく、

また、メディアや雑誌でチヤホヤされるわけでもなく、

それでも、地道にお客さんを増やしていき、末永く愛されるお店になりました。

10年といえば、もう立派な「中堅店」。

これからも、僕は「らーめん大地」を応援します!!

たまには、あっさり系の「中華そば」にもチャレンジしてほしいなぁ…(願望)

世界で一番長いモノレールと言われている千葉都市モノレール。

千葉駅からモノレールで6分くらいのところに「天台駅」はあります。

大地は、とっても渋いお店ですし、、、

千葉県外のフリークさんたちにも是非食べてもらいたいところですね。

「まるわ」と「大地」。

同期のお店であって、そして、どちらも「人気店」になりました。

まったく違うタイプのお店だけに、その連食もまた面白いものがあるかと思います!

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だがし夢や本社ビル店@参宮... | TOP | 石敢當@天台 千葉を誇る沖... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。