Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

らーめんだいこう@上総牛久 今回は「ブラックタンタンメン」と「イタリアンら~めん」!

2017-04-29 19:07:33 | 千葉 市原ラーメン王国

昨年、僕が心から感動したお店、

らーめんだいこう

に、遂に悪麺友らんちばさんと一緒に来られました!

念願です!

前回の記事はこちら

何度、らんちばさんの車でこのお店の前を通ったことでしょう。

前回は、ドイツの滞在後すぐにやってきたんだよなぁ。懐かしい…

で、メニューです。

いやー、どれもホント魅力的だなぁ。

今回は、どうしましょう!?

いつものように、らんちばさんと熟議を重ね…

「ブラックタンタンメン」と「イタリアンら~めん」を頂くことにしました。

(らんちばさんは、普通の醤油ラーメンを求めていましたが…汗)

イタリアンら~めん、気になりますよね。

「オリーブオイルを使ったトマト味のら~めんです」とのこと。

イタ車でGo!の人なら、これは食べないわけにはいかないのです(苦笑)

あと、「スーら~めん」も、僕的には気になっています…。

で、、、

ジャジャーン!!!

ブラックタンタンメンです!!

このブラックタンタンは、のりとゴマをふんだんに使った黒タンタンメン

この味は、他にはないぞ、、、

マジでないぞ、、、

のりの黒さが「ブラック」たる所以ですね。

そして、どこまでも、美しい…

zoom up!

お味の方も、、、

これは、クセになるキレのあるタンタンメンですねー。

少し辛味があるけど、いわゆるタンタンメンとは全く異なるアプローチですよ。

胡麻と海苔の風味が炸裂!

胡麻と海苔の味わいがどこまでも深淵に感じられます

この味は、、、他にはない。。。

そこに、大量の挽肉が入り込むわけですから、これが美味しくないわけがない。

もやし、ネギもてんこ盛りになっていて、全てが満たされる思いになります。

しかし、この海苔スープ(!?)、美味しかったなぁ。。。

麺は、こんな感じです。

いい感じの中太縮れ麺ですね。

この麺も、なんか泣かせますねー。

ボソボソっとした食感がたまりませんでした。

馥郁としたスープにぴったりの中華麺になっていました\(^o^)/

挽肉が美味しかったなぁー。。。

基本的に、清湯系のあっさりスープですが、切れ味抜群。

一度食べたら、クセになること、間違いなし!でしょう。

で、、、

ジャジャーン!!

続いて、イタリアンら~めん、です!!

タバスコとチーズも用意されています。

これは、、、

まさに、イタリアンなラーメンだ、、、

とろみのある熱々のトマトスープに麺が入りました!

という感じのラーメンかな!?

zoom up!!

外国的には、これは「ベジタリアン風ヌードルスープ」、ですね。

ベジタリアンの人が喜ぶ熱々でヘビーなラーメン。

すなわち、、、

野菜たっぷりトマトラーメン

です!

ベーコンは入っていますけど、、、汗

麺は、こんな感じです。

こちらも、スタンダードな中太やや縮れ麺でした。

安心して食べられる中華麺。

そこに、トマトたっぷり、とろみたっぷりのスープが加わるわけです。

ややもすると、パスタみたいになっちゃいそうですが、、、

そこは、市原の人気ラーメン店。

ちゃんと、「ラーメン」として成立しているように思いました。

ホント、具だくさんで、嬉しい気持ちになりました。

味わいも、なかなか奥深くて、色々想像しながら食べ尽しました。

なすとしめじがよかったなぁー。。。

塩にもこだわりがあるお店なんですねー。

らんちばさんが、ピンクの岩塩を撮っていました。

醤油は「宮醤油」。

さすがは、内房のラーメン店であります。

次回は、カレーら~めんを食べたいなぁ。

冷しタンタンも気になるなぁ、、、

また、必ず来たいなぁ、と思いました。

だいこうは、上総牛久駅から歩いて5分くらいです!!!

市原でもトップクラスの「名店」だと僕は確信しました!

ジャンル:
ラーメン
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小泉亭@上総牛久 旨みたっ... | TOP | 焼肉将軍@八幡宿 ここでも... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。