Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

『圧力下にある日本のメディア』(訳) 古賀茂明さんから教えてもらった記事!

2015-04-11 09:04:49 | 哲学と思想と人間学

古賀さんのツイッターで、ドイツの有名ニュース番組、tagesschauのウェブ記事(ラジオ番組で放送されたものが基)のことが話題に挙げられていたので、訳してみます。(超スピード訳なので、間違いがあるかもしれませんが、お許しください)

なんか、古賀さんに、「訳してね」ってお願いされた気分(妄想)になったので。。。

それに、内田樹さんもドイツ人の文章(英語?ドイツ語?)を訳していたので、それに倣って。

なお、下記の訳文の元の記事はこちらです(ドイツ語)


Japanische Medien unter Druck
圧力下にある日本のメディア 

05.04.2015 17:57

日本の総理大臣、安倍は、自身のナショナリズム的な政治に転換するために、自分の国の過去をより柔らかな光(*より都合のよい光)へとずらそうとしている。つまり、彼は出版社やメディアを圧力下に置こうとしている。それに逆らおうとする者はほとんどいない。

ユルゲン・ハーネフェルト(ARD-Hörfunkstudio Tokio)

テレビ朝日は、日本の中でも、巨大で、真面目なテレビ放送局の一つである。とりわけ22時からの詳しいニュース番組がその代表である。この番組で先日起こったことが、ちょっとしたセンセーションとなった。政治コメンテーターを長年務めてきた古賀茂明が、テレビカメラに向かって、「I am not Abe」(Ich bin nicht Abe)と書かれたフリップを掲げたのである。

この格言(Spruch)は、フランスの風刺雑誌『Charlie Hebdo』を支持するキャンペーン「Je suis Charlie」を暗に示唆している。ただし、反対の意味で。「私は安倍ではない」という言葉は、次のように理解されねばならない。すなわち、「私は内閣首班である安倍晋三のもろもろの野望(Wünschen)に屈しない(Ich unterwerfe mich nicht den Wünschen des Regierungschefs Shinzo Abe) 」、と。すでに、彼も、「この出演が、かつての官僚で人気のコメンテーター(=古賀)の最後の出演である」、ということを分かっていた。彼は厳しい攻撃を受けた。その意見(Gedanke:批難する考え)はもっともである。彼は、趨勢の総理大臣(安倍)と異なる意見を出し過ぎていた。

当然ながら、テレビ朝日は(公式に)、政府の圧力があったことを否認している。しかし、朝日というメディア・コンツェルンが厳しい天候の中を漂っていることは、誰もが知っていることである。

政治からの圧力

「政治は常にメディアに干渉している。四つの政府に批判的なテレビ朝日とTBSのニュース番組の責任者は、毎日、この圧力と戦っている。安倍政権がこれらの番組にとどめを刺そうとしていることは、自明である(bekannt)」、と東京の武蔵大学教授の永田浩三は言う。

これは、単にテレビ朝日だけの問題ではない。そうではなく、朝日新聞にもかかわる問題である。このリベラルな新聞は、(昨年)8月に、20年以上も昔の古い一連の記事が、すでに死亡しているインタビュー相手の間違った証言(吉田証言)に基づいていた、ということを認めざるを得なかった。ここで扱われているのは、第二次世界大戦下の日本軍の強制的売春(Zwangsprostituierte der japanischen Armee:従軍慰安婦問題)についてである。これは、今日日本においてますます大きな役割を果たしているテーマである。安倍首相は、間違った証人にだまされた朝日新聞が自身の誤りを認めたことを、この新聞を攻撃(Attacke)するためにうまく利用した。議会で彼はこう説明した。「朝日新聞の間違った報道が多くの人を傷つけ、悲しませ、苦しめ、怒らせたことは事実であります。この新聞社は、このことを通じて、世界における日本の信用を決定的に貶めたのであります」、と。

議会内でのこのアジ演説(Brandrede)によって、(朝日の)追い込み猟が始まった。それは今なお続いている。二万四千の市民が、朝日新聞に対して損害賠償を訴えたのだ(*詳しくはこちら)。というのも、彼らは、日本人としての名誉を後々になって傷つけられたと感じたからである。当時の編集責任者は、大学での教鞭のポスト(Lehrstuhl)を失った。この責任者は、何度も繰り返される殺人予告のために、自分の子どもたちと共に身をひそめなければならなかった。朝日新聞の発行部数-毎日800万部であり、単に日本で売上数第二位の新聞であるだけでなく、世界で最も偉大な新聞の一つ-も、同時に大きな痛手となった。

サインを送ったメルケル

公的に排斥された朝日新聞は、先日、ベルリンからの援護支援(Schützenhilfe)を受けた。メルケル連邦首相は、3月初旬の東京訪問の際、重要な演説を、事もあろうに、朝日新聞社のビルで行ったのである。ドイツの歴史から話し始めた彼女は、日本の上層部に対して、自身の過去ときちんと向き合うことを要請した。そして、和解という目的については、「私たちの隣国(フランス)の寛大な態度がなければ、(和解の)すべては不可能であったでしょう。しかし、(私たちの側にも)事実をありのままに認める(事柄をその名に即して名づける)準備があったのです(…es gab auch die Bereitschaft, die Dinge beim Namen zu nennen)」、と語った。

安倍は歴史を書き換えようとしている

けれど、安倍の場合は違う。彼は、その(認める)代わりに、上の間違った証言者を利用したのだ。朝日新聞はその件についてはとっくに謝罪しているにもかかわらず、だ。安倍は、従軍慰安婦の強制連行(強制的売春)のシステム全体を否認しようとしている。これこそが、一連のキャンペーンの本来の目的だったとも言われている。メディアの助けをかりて、遡及的に日本を新たに発見しようとしている、と、東京の近代日本史の教授であるスヴェン・ザーラーは言う。「戦争犯罪(Kriegsverbrechen)は、持続的で肯定的な国家の歴史の(上の発見的な日本の)イメージ(Bild)にはふさわしくない」。ゆえに、安倍は、日本の戦争の過去の闇の汚点(die dunklen Flecken)をかき消すために、あらゆることを試みるのである、と。

安倍は、まず公的で法的な放送局であるNHKから着手した。安倍は即座に、NHKの会長を変えたのである。2014年初頭の会長就任の際に、彼(籾井勝人)は、「政府が右というものを、左というわけにはいかない(wenn die Regierung "rechts" sagt, könne man ja nicht "links" sagen)」、と述べた。この放送局の立場は、今後、「日本的"japanisch"」となるだろう。

それ以後、NHKのニュースは、とりわけ天気予報とスポーツと犯罪事件しか報道しなくなった。政治に関しては、それがポジティブな響きをもち、かつ現政府に都合のよいもの(regierungsfreundlich)である場合にのみ、扱われるようになった。だからこそ、メルケルの演説に際しても、「朝日新聞社」という場所は(報道されず)省かれ、また、「人は自身の責任を負わなければならない」という示唆もまた省略された(weggelassen)のである

変更を迫られるアメリカの出版社

だが、報道やテレビだけを支配下に置こうとしているわけではない。さらに、学校の教科書(Lehrmaterial:教材)もまた、安倍の(歴史)修正主義的な態度から、書き換えられようとしている。安倍は、アメリカの出版社に、テキスト(Textbücher)の中身を、新たにより綺麗になった日本の歴史に適合させるよう、要請することを全く恐れていない。また、ここにおいても、とりわけ強制連行(強制売春)が問題となってくる。政府の願望によれば、強制連行はそもそも完全になかった、としたいのである。

メディア論の教授、永田コト(Koto→恐らく永田浩三)は13年前に、これにかかわる苦い経験をしている。13年前、彼は、いわゆる「慰安婦Trostfrauen」のテーマを扱ったテレビ・ドキュメント番組に自ら関わっていた。超保守的な政治家たち-その中に安倍もいた-は、このドキュメンタリー番組(Feature)をドラスティックに変更するよう、NHKに迫ったのである。「無論、この政治家たちは、所轄の編集者に自分たちの要求を突きつけたわけではありません。それは、憲法に抵触します。そうではなく、彼らは、放送局のより高い地位にいる人間に電話をかけたんです。その後、そのシグナル(サイン)が上から下へと伝達されたのです」。(*恐らくこちらのことかと…)

永田は、自分のドキュメンタリーが歪められるのを阻止した時、彼は、(*報復人事を受け)アーカイブ部門に異動させられた。それゆえに、その当時は大混乱が起きていた。

永田は、「あの頃とは違って、今は、全くもって何の抵抗もないんです(Heute gibt es dagegen kaum noch Widerstand)」と語る。「日本のメディアの今の状況は、酷過ぎます(erbärmlich)。ほとんどの人間が安倍政権の手先(下っ端)になっています。たしかに日本人は世界的にも最も高いニュース消費量を誇っています。が、その中で、民主主義(Demokratie)が成熟していません」、と。「今日の日本人は、他者に見切りをつけられる危険があると、あらゆる緊張やコンフリクトを回避しようとします。こうした傾向は、単に社会の中だけでなく、とりわけメディアにおいてはっきりと看取することができると思います(Heutige Japaner meiden Spannungen und Konflikte, wenn die Gefahr besteht, von anderen ausgegrenzt zu werden. Diese Tendenz ist nicht nur in der Gesellschaft, sondern besonders deutlich in den Medien zu beobachten)」。

出典元はこちら


ふー・・

疲れました・・・ マジで。。。

でも、すごい記事かも?! 訳してよかった!!

古賀さんが読んでくれたら、嬉しいなぁ、と。

最後の一文が、とても印象的でした。

内田先生の文章と合わせて読むとより深く考えられる気がします

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺処まるわ@作草部 既に中... | TOP | 麺屋堂々@四街道 恵.家→虜... »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
NHK会長の発言について (木下秀雄)
2015-04-11 05:59:37
早急な解読ありがとうございました。興味深く読ませていただきました。
一箇所NHK会長の発言で、「左を左」ではなく「左を右」ではないかと思います。ご確認頂ければ幸いです。
ありがとうございました。
お礼 (木下秀雄)
2015-04-11 19:37:01
右を左と言う訳にはいかないでしたね
訂正ありがとうございました。
Unknown (ぴよこさん)
2015-04-12 06:36:21
ドイツからこんばんは。Twitterから来ました。通りがかりなのにごめんなさい、古賀さんの部分で気になったところをちょっとだけ書かせてください。

「小さなセンセーションとなった。」・・・センセーション自体が大反響なので「ちょっとしたセンセーション」がニュアンス的に適当ではないかと思います。

Dass dies der letzte Auftritt des renommierten Kommentators und ehemaligen Ministerialbeamten war, wusste er vorher.
「この出演が最後だということを、かつて官僚であったこの評判のコメンテーターは前もって知っていた。」

Man hatte ihn gefeuert.「彼は解雇された。」

「彼は、有力な総理大臣(安倍)と異なる意見を常に出していた。」・・・zu häufigなので「異なる意見を頻繁に出しすぎた。」有力という部分も「権力のある」とか、「優位な」のほうがしっくりくるかもしれません。

これ全文は質も量も内容も相当な仕事ですね。でもドイツで安倍政権がどうやって報道されているのかを日本の人たちに知ってもらうために重要です。ほんとうにお疲れ様です。貴重な記事の翻訳、ありがとうございます。


Unknown (古賀さんのTwitterから来ました)
2015-04-13 01:14:40
翻訳ありがとうございました、そして、お疲れ様でした。

ドイツでどのように安倍首相が報道されているのかがよくわかりました。

途中、どこの国の独裁者の話かと苦笑してしまいましたが、これが本当なんですね。
日本での報道が如何にオブラートに包まれているかが身に沁みて、分かった気がします。
Unknown (鈴木昌司)
2015-04-13 15:19:55
素晴らしいです。おかげでいい記事を読むことができました。ありがとう。
Unknown (Unknown)
2015-04-15 08:19:13
労作です。
ありがとうございます。

日本が海外からどう見られているかを理解する一助になります。

それにしても、あまりにもひどい日本の報道の状況。そろそろマスコミ内部からマグマが噴き出てきてもよさそうなのですが…
Unknown (kei)
2015-04-15 12:31:55
木下秀雄さん

コメントとご指摘ありがとうございました。修正いたしました。「政府が右のものを右と言うわけにはいかない」のが、本来のメディアの存在理由だったりもするのかな、とふと思いました。

ぴよこさん

Guten Tag! ご指摘本当にありがとうございました。お恥ずかしい限りです。他にもミスがあるかもしれません。また何か気づきましたら、ご指摘ください。ちなみに、ドイツのどちらにお住まいなのですか??

古賀さんのTwitterから来ましたさん

コメントありがとうございます。本当にそうですよね。僕も訳していて、「マジ?!」と思うことが幾つもありました。どうしてこんな風になってしまったんでしょうかね。不思議です。

鈴木さん

こちらこそ、読んでいただきありがとうございました!

Unknownさん

読んでいただき誠にありがとうございました。苦労して訳した甲斐がありました。きっとマスコミ内にも、「これじゃ、ダメだ!」と思う人も多々いるかと思います。その人たちが爆発してくれることを願うしかないですよね。日本にも、「まだ」まともな人がメディア内にいることを信じています。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。