Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

ねぎ食いや せき家@千里中央 創業18年!大阪の「名店」でした!

2016-10-16 09:48:21 | 関西

今回は、「大阪モノレール沿線」にスポットを当てています。

松坂牛麺から徒歩で7分くらい!?

で、千里中央駅から徒歩で8分くらいのところにあるのが、

ねぎ食いや せき家

であります!

ラーメン専門店ですけど、「ねぎ食いや」なんです(苦笑)

ホームページはこちら

創業は、18年(くらい)。

れっきとした「大阪の中堅店」、ですね。

最近、僕は、「中堅店こそ、一番美味しいラーメンが食べられる!」と思っています。

で、まさに、こちらのお店は、そんな「素敵な中堅店」でした。

メニューはこんな感じです。

店主さん曰く、「味は、全部違うよ!」とのこと。

「同じじゃつまらないやろ!? だから、全部味を変えたんだよ」

…すげー!!!

しかも、店名について尋ねると、、、

「この辺には、『ラーメン店』がよーさんあるやろ、ラーメンじゃつまらんなー、思ったんや」

って。。。(;´・ω・)

(*大阪弁が間違っていたら僕の責任です。悪しからず、、、(;´・ω・))

で、、、

「ねぎ食いや、だと、インパクト、あるだろ!?」、と。

たしかに…

しかも、なんか、お店の空気というか、雰囲気が、まさに「the関西」。

とっても面白いです。。。

で、

まずは、「名物せき家ねぎそば」かな、と、、、

さらに、こんな一品メニューも取り揃えています。

店主さんはもともとは「中華料理」の料理人だったみたいです。

キャリアたっぷり。

職人肌の店主さんでした。

いったいどんなラーメンなんだろ!?!

ドキドキ。。。

ジャジャーン!!!

こちらが、ねぎ食いやせき家の名物「せき家ねぎそば」です!!

ねぎそばという名前の通り、ねぎがいっぱい乗っています。

デフォで煮玉子も半分入っています!

で、お味。

スープを飲むと、これがまたなんともビックリ。

オーソドックスな醤油スープでありながら、唯一無二、という、、、(;´・ω・)

なんだろ。

「平凡なんだけど、非凡な味」、というか。。。

その秘密は、店主さんが作っている二種類の(中華系)調味料にあるそうです。

もちろん、甜麺醤みたいに、市販で売っているものではなくて、、、

お店で店主さんが独自に作っている調味料らしいです。

もちろん、門外不出。

あの手この手で聴いても、「教えへんよー」って感じでした(苦笑)

多分、分からない人だと、「普通のラーメンじゃん」ってなっちゃいそうです。

でも、分かる人には分かると思います。

このラーメンが、普通でいて、普通でないラーメンだって。。。

麺はこんな感じです。

ストレート麺ですね。

シンプルで、スープを引き立てる感じの麺でした。

なんか、関西にいることを少し忘れるような麺でした…。

*****

お店に入ったら、一人で呑んでいるお客さんがいました。

30代後半~40代くらいかなー!?

その人がもういかにも「大阪人」って感じの人で、

写真を撮らせてもらっていると、「ブログとかやってん?」って。。。

とても面白い人で、色々と話も聞かせてもらいました。

いいなぁ。。。大阪。。。

関東だと、まず他人のお客さんと話すことってほとんどないから、、、

店主さんとそのお客さんと、色々とお話しできて、とっても楽しい時間を過ごせました。

関西人的に見れば、関東の人間って、ホント何を考えているか分からないだろうな、と。

お店もいいし、店主さんも素敵だし、お客さんも面白い。

関西のパワーを感じることができました。

ありがとうございます。

また、このエリアに来ることがあったら、こちらのお店に来たいなぁって思いました。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松坂牛麺@山田(吹田) 松坂... | TOP | ポクタポック@蛍池(伊丹)... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。