Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

串の黄門さま@都賀 23時以降に提供される「グローバルなラーメン」!?

2016-09-19 23:30:10 | 千葉市 若葉区

二度目の訪問となります!

都賀駅前の人気焼き鳥屋さん、

串の黄門さま

前回の記事はこちら

こちらのお店では、なんとなんと、

23時から、絶品の自家製ラーメンが提供されるんです

しかも、醤油と塩の二種。

かなりハードルの高いラーメンですが、是非一度食べてもらいたいです。

そんな思いも込めて…

こちらのお店は、なんといっても「串」(焼き鳥)がメインです。

都賀は、何気に串焼き屋さんがいっぱいあるんです。

こちらのお店も、串料理に魂を注いでいます

(けど、ラーメンにも相当の魂を注いでいます!)

今回は、ごはん類も。。。

一番気になったのは、「とりマヨ明太子丼」(550円)でした。

ミニ丼らしいですが、4€くらいだと思うと、安い気もします(苦笑)

右側が、チーズ巻です。

で、左側が、かしら(だったかな…汗 失念)

どちらも美味しかったです。

…っていうか、焼き鳥って、僕的には全部美味しく感じちゃうので、、、汗

偉そうに評価することはできません、、、

チーズ巻は、女子受けしそうだなぁ、、、と思いました。

で、唐揚げ♪

串焼き屋さんの唐揚げですからね。

美味しくないわけがありません。

大根おろしと甘旨いタレが抜群でした。

いやー、酒が進みます、、、(;´・ω・)

そして、「とりマヨ明太子丼」の登場です!

これが、もう、ひっくり返るくらいに美味しいミニ丼でした。

これだけを食べに来ても、大満足できそうです。

量的には、ミニサイズなので、他の料理とセットになりますけど、、、

お新香も付いています♪

zoom up!

美味しい焼き鳥の上に、これまた美味しい明太マヨソースがかかっています。

鶏肉の香ばしさと、明太マヨの美味しさが重なると、もうそこはラビリンス(苦笑)。

ご飯も一瞬でなくなっちゃいます。

焼き鳥の専門のお店だからこそできる「激ウマミニ丼」になっていました。

あー、もう、これは、毎回食べなきゃダメだな、、、(;´・ω・)

そんなこんなで、呑んで、食べていると、23時になります。

23時少し前に、オーダーが開始となります。

今回も、また、塩ら~めんと醤油ら~めんを注文しました!

まずは、塩ら~めんから!!

こちらの塩ラーメンは、もう、まさに「串焼き屋さんの絶品塩ラーメン」ですね。

鶏の旨味がとことん凝縮された、濃厚にして、わりとライトなスープでした。

このスープは美味いっす。。。

さすが、千葉の人気店『せん吉』から習ったお味であります、、、

しょっぱさは結構ありますが、〆のラーメンとしては、これくらいじゃないと…、とも。

この塩ラーメンは、完成度、かなり高いですよ!!

麺は、せたが屋グループで使用している麺、でしたね。

ゆえに、都賀の他のラーメン店とも遜色ないです。

都賀は、麺にとても強いエリアです。

そこで、埋没しない、力強い麺になっていました。

この麺が食べられるのも、こちらのお店のポイントだと思います。

全体的には、「かなりよくまとまった今風の鶏塩ラーメン」、ですね。

で、醤油ら~めん、です!!

こちらが、「問題作」なんですよ。

言ってみれば、「まだ未完成で、無限の可能性を秘めた途上のラーメン」ですかね。

真ん中の茶色いのは、「味を付けた鶏皮」だそうで、これも面白いです。

スープとしては、かなり「甘み」が強いです。

これをどう捉えるか…。食べ手の「感性」にかかっている気もします。

僕的には、「かなりグローバルな味のラーメンだなぁ」、という印象を受けました。

海外のラーメン店で、出されるような味わい、といいますか。

あるいは、「成田空港内にあったら、売れそうな味」…(;´・ω・)

この点については、店主さんとも色々と語り合いました。

麺はこんな感じです。

塩と一緒だと思われます。

ただ、スープが塩とはかなり違うので、麺の感じ方も少し違いました。

今後、このラーメンがどう化けていくのか。

そこらへんが、このお店の醤油ラーメンの楽しみ方かな、と。。。

さらに、こんな「追加トッピング」も!!(無料です)

柚子胡椒も用意されていました。

こちらは、塩ラーメン用みたいです。

醤油ラーメンには、「魚粉」を投入します。

すると、魚介醤油ラーメンに「変貌」します。

この変化も、面白いですねー。

***

…という感じで、、、

串の黄門さまの23時から限定のラーメン。

どちらも、ユニークで、美味しくて、パワフルです。

まだまだ、知らない人も多いと思うので、是非一度行ってみてほしいです。

お店の入り口付近は少し狭いですが、店内は奥行きがあって、奥にはテーブル席があります。

なかなか居心地もよいですよ!!

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香港料理皇記@四ツ谷 久々... | TOP | 英語教育の未来… »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉市 若葉区

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。