Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

らーめん大地@天台 この10月からカラシビ系の新作が登場!?

2016-10-18 10:31:57 | 千葉市 若葉区 稲毛区

ひゃー、ブログの更新が追いつきません、、、( ;∀;)

ブログを始めて12年くらい?経ちますが、こんなに滞っているのは初めてかも。

とにかく、涙が出てくるくらいに、色んなことがありまして、、、

でも、なんとか、更新だけは、、、と。

(今になって、途中でブログを辞めた人の気持ちが少し分かってきました)

たかがブログ、ですが、毎日更新となると、本当に大変なんです。

ま、それはさておき。。。

9月に食べた「らーめん大地」の新作?をば。

***

店主さんに、「新しいメニューはないの?」と尋ねると、、、

「10月から、新しいラーメンを始めようと思ってるんですよねー」、との声が!!

しかも、、、

麻婆ナスの油そばのラーメンバージョンなんです」、と!!!

これです、これ!!

麻婆ナスの油そば!

これの「ラーメンバージョン」と聞いて、テンションが上がりました。

疲労困憊でも、「新作ラーメン」と聞くと、気持ちは昂りますねー。

どんなラーメンなんでしょう。

(この時点では、まだ「名前のないラーメン」でした)

ジャジャーン!!!

こちらが、「新作の辛いラーメン」です!!

すごいすごい!!!

ニラがたっぷりの濃厚な辛いラーメン。

しかも、このエリアでは珍しい「カラシビ系ラーメン」ですよ!!!

スープを飲むと、山椒の強い風味が一気に押し寄せます。

ピリピリとした辛い濃厚なラーメン。

これはいいかも!?

しかも、かつての大地よりもスープ自体はあっさりしてきているので、食べやすい。

無理のない濃度、無理のない粘度、無理のない味わい。

そこに、山椒×唐辛子の辛さが加わっていて、強烈です。

「こういうの、欲しかった~♪」という感じで。。。

大地の中でも、もっとも「刺激的」な味わいのラーメンになったんじゃないかな!?

麺はこんな感じです。

大地の麺って、何気にいいんですよねー。

飽きの来ないポツポツっとした麺で、、、

この麺にこのスープも、OK!って感じでした。

食べやすい!

薫製煮玉子ももちろんトッピング(別皿で)。

大地といえば、この薫製の煮玉子!

カラシビ系のスープにもばっちり合っていました。

***

遂に、大地で、待望の新作ラーメンです。

その後、確認していないので、あれですけど、、、

多分、出てると思います(が、まだ出てない可能性も、、、)

このラーメンはまたすぐにでも食べたいので、また近いうちに行きたいと思います。

ホント、しびれる美味しさでしたので、みなさまも是非!!!

ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 餃子の王将@都賀 都賀駅西... | TOP | ローストビーフ油そばビース... »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
焦らずに… (定点観測者)
2016-10-18 20:15:46
今、千葉の名店を紹介してくれてるのはらんちばさんとkei先生のBlogだと思ってます。
マイペースでかまわないので、これからも続けていってくださいm(_ _)m
Unknown (Densuke)
2016-10-18 22:17:59
毎日更新する必要はないと思います(ご自分に課しているのかもしれませんが)。気楽に続けて下さい。
Unknown (kei)
2016-11-01 17:06:09
定点観測者さん

コメントありがとうございます。マイペースで頑張ろう!って思えました。末永くよろしくお願いいたします!

Densukeさん

そうなんですよね。仕事じゃないですし…。ただ、仕事じゃない=遊び、だからこそ、真剣にやってしまう部分もあるんですよね。けど、「気楽に」というのが一番かな、と思いました。ありがとうございます。気楽に、気長に続けたいと思います。ありがとうございます!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。