Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

長寿庵@東千葉 老舗蕎麦店の自家製麺を使った古き良き中華そば!

2017-03-21 02:17:30 | 千葉市 中央区

久々にやってきました!!!

東税務署に!

否、

生そば 長寿庵

に!!!!!

なんとなんと、

前回来たのは、2013年6月

ってことは、実に三年半ぶり!!!!という、、、(;´・ω・)

すみません、ご無沙汰して、、、(;;)

大好きなお店なんですけどね…。なかなか…時間が…

メニューは、もう、老舗店だけあって、いっぱいあります。

今回面白いことを聞きました。

こちらのお店で一番人気はやっぱり「お蕎麦」

で、次いで「ラーメン」と「うどん」がどっこいどっこいなんですって。

やっぱり、このお店は、お蕎麦屋さん。

でも、ラーメン類もやっぱり人気あるんですねー。

ここでは、うどんがライバル!

今回は、「中華ざる」も食べたかったのですが、、、

あまりにも久々だったので、「中華そば」をお願いしました。

だって、三年半ぶりなんだもん。

それに、ミニ牛丼も頂きました☆

こちらの長寿庵は、ミニ丼もとっても充実しています。

実に、三年半ぶりに中華そばとご対面!!!

ジャジャジャジャーン!!!

三年半ぶりとなる長寿庵の中華そばとご対面!!!

相変わらずのヴィジュアル、相変わらずのインパクトですよー。

なんてことないシンプルな醤油ラーメンに見えて、、、

まさに、その王道の味わい。

醤油の味がどこまでも引き立つ和風ラーメン

しかも、スープは豚骨と鶏の「ミックススープ」。

雑味はなくて、ストレートな動物系スープに醤油の香ばしい味わい。

これ以上にないストレートでシンプルなスープになっています。

なので、意外と、豚骨やガラの味わいが鮮烈なんです。

お蕎麦屋さんなのに、ラーメン店以上にラーメンっぽいんですね。

麺は、自家製麺で、圧倒的な存在感を醸し出しています。

うどんみたいな麺だけど、明らかにうどんとは異なる食感。

中華麺としての歯ごたえというか、ある種の「かたさ」が残っています。

さっぱりスープ×太麺、という組み合わせが、なかなか印象的です。

三年半ぶりだけど、たしかにここの麺は美味しい。

全国的に見ても、かなり上質の自家製麺になっていると思いました。

中華そばと一緒に食べるオリジナルのミニ牛丼!

しかも、しっかりお新香付き!

このお新香も格別に美味しかった!!!!

ミニ牛丼は、ホントに「ミニサイズ」。

これくらいのミニ丼がいい!!!

何から何まで、僕好みなんだから、もう!!!(苦笑)

お肉も柔らかくて、味もしっかり沁みてて、美味しいです。

これなら、一人前でバクバクと食べたい!!!

玉ねぎもいっぱい入っていて、嬉しいですねー。

紅しょうがのあり・なしは個々で選択できますので、ご安心を☆

で、こちらが、「すき焼きうどん」です!!

長寿庵的にも、これをプッシュしているみたいです。

鍋焼きのすき焼き風のうどん。

スープは、明らかに中華そばのスープと違っていますね。

長寿庵ですからね。蕎麦・うどんのスープが美味しくないわけがないわけで…。

うどんは、もう、このとおりで、、、

もっちもちでした。

ぷるんぷるんのもっちもち(苦笑)。

ここに、甘旨いスープが絡み、牛肉が迫りくる。

パワフルで、ボリューミーで、美味しさ溢れるすき焼きうどんでした。

考えれば、まだまだ食べたことのないメニューがいっぱい。

東千葉の長寿庵は大好きなお店なので、、、

もっともっと行かなきゃなぁって思いました。

三年半ぶりだったんですが、、、

お店の人が覚えていてくれて、とっても嬉しかったなぁ。

流行りのラーメン店に行って行列に並んで食べるのもいいけれど、、、

たまには、こういうお店で、ゆったりとホンモノのラーメンに触れてみるもの…

千葉市内で、ここまでの中華そばって、なかなかないと思います。

これからも、長寿庵を僕は応援します!!!

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MENSHO TOKYO@後楽園 メリ... | TOP | 餃子の王将@都賀 今年も3月... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。