Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

麺場浜虎@横浜 2002年創業の人気中堅店!アツアツの納豆ラーメンが美味!

2017-05-12 00:22:39 | 神奈川

縁あって、この春から毎週、月曜日は横浜です♪

横浜のラーメンを毎週食べ歩けるなんて…

8時50分からの講義は千葉人にはきついけど、頑張れます。

***

さて。

今回向かったのは、、、

麺場浜虎

です!

もう、フリークさんなら知っていますよね!?

僕は、ようやく、というか、念願、というか、、、

やっと来られました(;;)

こちらのお店は、2002年創業のお店で、現在、店舗を増やしています

まさに「ラーメンバブル」の最中に生まれたお店と言ってよいでしょう。

お店の雰囲気も、まさに2000年代前半のラーメン店そのもの。

店舗もわりと広くて、お客さんも多くて、店員さんも多いお店です。

つまりは、横浜の人気中堅ラーメン店、になっています。

店内に活気がある、というか、生き生きとしているのを感じました。

こういう人気繁盛ラーメン店って、あまり来ないから、新鮮でした。

で、メニューです。

うーん。

いっぱいある(苦笑)

こりゃ、一度じゃダメだ。一度じゃ語れないお店だ、、、

めちゃめちゃ悩みました。

その中で、僕が一番気になったのが、

黒豆納豆醤そば

でした!

納豆ですよ~。納豆、納豆♪

いったいどんな納豆ラーメンなんでしょう!?

ジャジャーン!!

こちらが、黒豆納豆醤そばです!!

意外と、、、見た目は普通、というか、、、

最初から納豆がスープに混ざっているわけじゃないっぽいです。

つまりは、最初は、「醤そば」として味わえるんです。

器も、スタイリッシュ!!!

なんか、洗練されてるなぁ、、、と思いました。

で、、、

このラーメンのポイントは、もう、ただ一点、

超アツアツの魚介スープ

ですね。これに尽きると思います。

この熱さ、「もちもちの木」クラスの熱々さ、ですよ、、、

魚介系の香り豊かな風味が漂っています。

もちもちの木と関連があるのかどうか、分かりませんが、

方向性としては、そっち系かな、と。

2002年創業のお店らしい、というか、、、

ラーメンバブルの頃に心躍った味わいのラーメンでしたねー!

で、こちらのラーメンの味の決め手はいわゆる「海鮮XO醤」(油)ですかね。

醤そばの「醤」は、このXO醤のことを指していると思われます。

醤油とXO醤、そして、強烈な魚介ダシの味わい。

油分もあり、味的にも鮮烈なんだけど、スープ自体はさらっとしているんです。

(まさに、もちもちの木系といえるでしょうね)

麺はこんな感じです。

この麺、なかなかの「ワシワシ系」ですねー。

こちらもまた、2000年代の麺トレンドを思い出させてくれます。

いわゆる「開化楼系」の麺が圧倒的だった時代とも言えるかな!?

なんか、懐かしい感じがしました。

アツアツでシャープでキレのあるスープに負けない麺でした。

で、黒豆納豆。

これが、なんともミステリアスな感じがしました。

普通、納豆ラーメンというと、僕らが知る茶色い納豆なんですけど、

こちらの納豆は黒い納豆。

豆の粒が、普通の納豆よりも大きいように感じました。

あ、藤原紀香さんによれば(?)、おせちに出てくる「黒豆」と一緒なんだって

味的には、あまり変わらない!?

アツアツ魚介醤スープと合わさることで、とんでもなく美味しい納豆ラーメンになります。

いやー、これはいい!!!

一つ言えば、もっと納豆がいっぱい入ってくれたら、、、

もっと嬉しかったかな、、、(高いから無理か、、、)

でも、これで、税込800円なら、お得感もあるかなぁ、、、

とにかく、圧倒的に美味しい中堅店の納豆ラーメンでした!!

チャーシューも美味でした。

二枚も入っていました。

…これ、鶏チャーシュー!?

次回は、このこんにゃく麺で食べてみたいなぁ、と。。。

面白いなぁ、、、、

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GATE-nxxn- / NEIN! kei-vers... | TOP | ラーメン金@幕張 国際派!... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。