Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

俺の麺 春道@新宿 ドロドロ濃厚系!「海老つけ麺」もドロドロ濃厚系!

2016-11-20 00:03:02 | 東京 新宿 中野

…最近、何かと縁のある「新宿」。

昔は、ホントよく新宿に来てましたけど、、、

また、某所でバイトをしていたので、通ってましたけど、、、

今はすっかり縁遠い場所になっています。

が、また、こうやってやって来られるのはちょっと嬉しいです。

ラーメン的にも、これまでに結構色々と食べているので、、、

今回は、「今、新宿西口で人気のあるお店」というコンセプトでお店を調べました。

で、見つけたのが、こちらのお店でした。

俺の麺 春道

知っていますか?

お店の情報等はこちら

調べると、こちらの店主さん?は、かつて大好きだった池袋の「つけ麺椿」ご出身の方だとか。

僕の2008年の創業当時のレポはこちら

でも、その「店主さん」というのは、個人の方なのかどうかは微妙です。

店主さんとは別に「店長さん」がいるみたいで、、、

どういう形態のお店なのかは、「不明」といったところでしょうか。。。

こちらのお店は、「中華そば」と「つけ麺」の二刀流、ですね。

それに、僕が大好きな「海老つけ麺」まであるじゃないですか!?

海老ラーメン・つけ麺をずっと応援している僕としては、これを食べねば!、と。

つけ麵は、一杯780円。

海老つけ麺は、800円。

で、中華そばは、730円、か。

新宿という場所で、と考えると、まあまあ、適正価格かな、とも。。。

店内はかなりかなり狭いです。

が、ちゃんとこんな巨大な寸胴も置いてありました。

入口付近にこの寸胴があって、「いいなぁ」って思いました。

この寸胴で、濃厚なスープを作っているそうです。

ジャジャーン!

こちらが、海老つけ麺です。

見るからに濃厚そう。

そして、一目で分かる「濃厚豚骨魚介系つけ麺」(=またお前もか系)。

そこに、桜海老が(ちょっと)入っています。

ですが、、、

スープを飲むと、ガツンと海老の風味が感じられます

これは、海老油かな!?

今は、業務用の「海老油」もあるので、どうやって作っているのかは「謎」。

とりあえず、「海老の風味」は、かなり全面的に強烈に感じられます。

もちろん、ドロドロのスープです♪

麺の方はこんな感じ。

赤っぽいチャーシューは、どこかローストビーフ風。

麺は結構多めだったかな!?

でも、まぁ、これくらいの量の麺を出すお店は他に普通にあるからなぁ。。。

つけ麵に特有のもちもちの太い麺でした。

zoom up!

この麺、よかったなぁー。

椿と同じく、タピオカ入りの麺なのかな!?(違うかな!?)

さすがは、新宿激戦エリアの人気店♪

基本的には、濃厚豚骨魚介スープに海老の風味を加えた感じです。

バランスもよくて、なかなか「教科書的」な濃厚海老つけ麺になっていました。

で、、、

続いて、、、

こちらが、「中華そば(味薄め)」です。

こちらも、ヘビーで重たいスープになっていました。

海老の風味がない分、ダイレクトに動物系のダシ(若干野性的な味)を感じます。

ワイルドな濃厚豚骨魚介ラーメン、ですね。

麺はこんな感じです。

椿のラーメンに似た印象ではありました。

あんまり「新しさ」は感じませんでしたが、確かな一杯だったかな、と。

この春道の近くに、僕がガキの頃から来ている「柏木公園」があります。

この公園、昔はホームレスのおじちゃんとかいっぱいいたけど、、、

今はいないっぽいですね。

昔、中学の時に、ホームレスのおじちゃんとお話したことがあったなぁ。ここで。

「しっかり勉強しろよ!」って言われた記憶があります。

久々に、新宿でのんびりと過ごせた気がしました。

新宿って、やっぱりいいなぁー。。。(しみじみ、、、)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« XI'AN◆西安料理シーアン@有... | TOP | gooブログランキング9位…って... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。