Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

満来@新宿 やっぱりここは新宿の名店なり!麺の量が半端ないです(;;)

2017-04-24 00:05:52 | 東京 新宿 中野

先日、新宿に行きました。

日本で最も利用客の多い新宿駅界隈は、常にラーメン激戦区

浮かんでは消え、浮かんでは消え…

寄せてかえす波のように、ラーメン店も立ち現れては消えていきます。

このエリアに住んでいない身としては、この流れには乗れない。

とすれば、新宿の名店の味を楽しむことが最善の策。

僕的には、思い出横丁の「若月」が新宿のオンリーワン店

新宿のラーメン店といえば、僕は真っ先に若月を紹介します。

それから、もう一店、絶対に欠かせないのが、今回ご紹介する

満来

であります!

前回は、2014年12月でした

1年4か月ぶりの訪問となります。

こちらも、新宿を代表する老舗の名店中の名店ですね。

現在は、二代目店主さんが切り盛りされています。

また、このお店のすぐ近くに「らぁめんほりうち」があって、

こちらのお店でも、古き良き「満来」の味が楽しめるようになっています。

メニューです!

今回は、「チャーシューざる」と「納豆ざる」を頂きました。

チャーシューざるは、1350円。尋常じゃないですよね、、、汗

まずは、そのチャーシューざるから!

ジャジャーン!!

来ました来ました、新宿の名所、名物、

チャーシュードカ盛りの超ボリューミーなつけ麺

これを食べ切ってこそ、漢の中の漢!

厚さ1cmを超える分厚いチャーシューがどどーんと入っています。

量的には、もう、半端ないです。

これだけあれば、1250円でも、誰も文句を言うますまい…。

しかし、ここのざる(つけ麺)は、スープも絶品なんです。

いわゆる清湯スープなんですが、シャープでキレキレな味わいです。

どかっと盛られた麺も、ぐんぐんなくなっていきます。

旨さ、しょっぱさが強くて、物足りなさは一切なし。

今の時代にあって、全く色褪せないキレキレのざる(つけ麺)でした。

麺は、もう、文句一つありません。

完璧な麺ですね。

若月と同じく、麺の存在感が圧倒的なお店であります。

東北の麺に近いタイプの麺で、そのルーツはお蕎麦なのかな?と思わされます。

300g以上あるんじゃないか、という麺は、あっという間に消えていきます。

意外と軽い麺なんですよね。

チャーシューは、とにかくぶっとい、分厚いです。

大きくて、分厚くて、お腹パンパンになります。

味的には、薄味?で、パサパサしています。

チャーシューに関しては、質というよりは、量かな!?

好きな人は好きでしょうけど、僕的には、1枚でいいかな!?(汗)

でも、一度はチャレンジしたいメニューですね!

で、、、

ジャジャーン!!

こちらが、「納豆ざる」です!!

僕は、満来の「納豆ざる」が大好きです!!

久々のご対面となりました。いやー、旨い!!

納豆たっぷりの元祖「泡系ラーメン」ですよー。

今、一部のフリークの間で、泡系ラーメンが流行っていますが、、、

こちらのお店では、ずっと昔から泡系納豆つけ麺を出しているじゃないですか!

この納豆ざるも、清湯系スープで、さらっとしています。

麺は、上のチャーシューざると同じですね。

やっぱり旨いです。

この麺、いつまでもいつまでも食べ続けたい麺であります。

この独特なトロトロ感がたまりません。

いつまでも食べ続けたい納豆つけ麺でした(;;)

***

久々の満来。

大満足でした。やっぱり旨いです。

新宿は、それこそ「カオス」で、当たり外れ、というか、、、

外ればかりで、当たりはほとんどない、という印象があります。

地価も高いので、値段が高いだけで、大したことがないお店ばかり、というか(汗)…

こちらのお店も決して安くはないです。

が、この量、ボリューム、質を考えると、満足到来、です。

このサイトを見ると、新宿にも色々といいお店もあるんです

僕も、このサイトに出ているお店はほぼ食べてます。

でも、どこも「新店」か「中堅店」なんですよね。

老舗店がない。あるいは、老舗名店がない。

新宿には、まだまだ老舗の名店の絶品ラーメンってあるはずなんだよなぁ、、、

その辺は、今後、頑張って探していきたいなぁって思います。

今度はいつ来られるかな!?

その日まで、さようなら。

ジャンル:
ラーメン
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杉田家@東千葉 やはり本家... | TOP | バーデンバーデン@稲毛 201... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。