Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

吉ちょう@みつわ台 絶品冷やし中華と不思議な冷しラーメン、どっちにする!?

2017-07-29 13:36:36 | 千葉市 若葉区

こちらも…

かなり久々の再訪となります。

みつわ台の知る人ぞ知る実力派人気店、

吉ちょう

です!

前回のレポは、2015年6月なので、ちょうど2年ぶりくらいですね。

いやー、2年なんてあっという間だ…(;´・ω・)

新しいラーメン店探しもいいけど、いいお店には何度も通いたい…。

(とはいえ、ブロガーとしては、新たな情報を求めなければならない…というジレンマ・・)

吉ちょうは、僕の中では、千葉市内の「名店」の一つ。

自家製の手もみ麺が、本当に素敵なんだから!!

麺に関しては、千葉市の中でもトップクラスだと思います。

人生楽あり 苦もあるさ」…

さて、、、

今回は、「冷やし系」のメニューを二つ、頂きました。

一つは、らんちばさんが探求を続ける「冷やし中華」で、

もう一つは、僕が愛してやまない「冷やしラーメン」。

このどちらもが頂ける、ということを今回改めて知りました(苦笑)。

分かりますかね!?

画像右下に、「ぶっかけ麺」内に「すうめん」があって、

更にその下に、「夏期メニュー」として「冷し中華」があります。

しかも!!!

そのどちらもが、とても素晴らしい冷やし麺だったので、もう困ります。

冷やし中華と冷やしラーメンがあった時、、、

みなさんだったら、どちらを選びますか!?!?

このお店に来たら、きっと悩むと思います♪

その他、色々な料理がご用意されております。

セットメニューも充実しています。

そして、安いです♪

さて、

まずは、冷やし中華から!!

ジャジャーン!

こちらが、吉ちょうの冷やし中華です。

見てください、この完璧なヴィジュアル!

まさに冷やし中華、これぞ冷やし中華。

錦糸卵、チャーシュー、キュウリ、トマト、メンマ、わかめ。

王道中の王道の冷やし中華のヴィジュアルでございます。

ちなみに、冷やし中華の具材の「鉄則」ってどこらへんまでなんだろ!?

(つまり、冷やし中華として欠かせないトッピングって何なんだろう?)

海老や紅ショウガやカニカマは必須じゃない!?

冷やし中華においては、何が必須で、何が必須じゃないんだろ!?

それはさておき、、、

zoom up!

なんか、美しすぎて、手をつけたくない(苦笑)

よくよく見ると、ホント、綺麗ですよね。

こんな綺麗で彩り豊かな料理って、世界中でもそうそうない気が…

赤、緑、黄色、白、黒、、、

本当に色鮮やかですね。。。

改めて、まじまじと見つめると、冷やし中華の芸術性もうっすら見えてきます。

ラーメンとは異なる美的世界がここにあるような気もします。

お味は、まさに冷やし中華王道系のストレートな甘い醤油風味。

キツい酸味はなくて、ほどよくさっぱりさせるだけの酸っぱさ。

そこに、フルーティーな甘さも感じられます。

上品な甘さと酸味が折り重なったオトナの冷やし中華

って感じがしました。

でも、特記すべきは、この自家製の麺です!

この麺が、べらぼうに旨い。

するするっとのど越しのよい麺になっていて、もっちり感もあります。

お店としても、麺にはこだわりがあるんです。

店内に掲げられた色んな説明文。

ここでも、まず「麺」の説明から入っています。

つるつる、シコシコの自家製手もみ麺、と書いてあります。

まさに、そんな感じ。

補足すれば、東北地方の名店のような独特の滑らかさがあります。

もちろん、スープだって美味しいですよ。

ただ、それ以上に、ここは麺が突出しているんです。

***

さて。

冷やし中華の後に、続けて、、、

冷やしラーメンと呼んでよい「すうめん」を頂きます。

この「すうめん」、凄かったんですから。

ジャジャーン!!!

こちらが、吉ちょうオリジナルの「すうめん」です。

冷たい素ラーメン

と考えてよいでしょう。

トッピングは、ねぎときざみのりのみ!

冷やし中華とは全くの別物です。

スープも麺も冷たいです。

スープは通常のラーメンよりは少なめですね。

zoom up!

麺とスープのコントラストが美しいです。

でも、なんといっても、このスープが驚きの味わい!

どんな味が、想像できます??

酸味の効いた和風のめんつゆスープ

なんです!!!

聞けば、お蕎麦等で使われるめんつゆに、冷やし中華のタレを合わせたものだとか。

だから、味としては、酸味のある和風めんつゆ味。

これが、もう「未体験ゾーン」な味わいで、、、

きっと、「これは、冷やし中華の味だ!」という人と、

「これは、お蕎麦の味だ!」という人に二分されぞう…。

まぁ、実際にはどっちも感じるので、何とも言えませんが、、、

冷やし中華のようなざるそばのような、不思議な「すうめん」。

2009年に食べた「特製めん」(すうめんの豪華版)の記事はこちら

やっぱ、吉ちょうって、凄いわ、、、

麺は、こんな感じです。

冷やし中華の麺とは違う形状の麺でした。

でも、基本は同じで、やっぱり美味しい。

すうめんに合うように、少しお蕎麦みたいな中華麺になっていました。

こちらも、するするっと食べられて、とても美味しかったです。

吉ちょうは、やっぱり「麺」なんだなぁ、、、と。

もちろんこのすうめんの場合、スープもぶっ飛んでますけど、、、

麺がよければ、全てよし!…なのかもしれません。

餃子です!

餃子もしっかり手作りです。

他店の餃子と比べると、油分が少なく、上品な感じがします。

落ち着いた餃子!?

でも、ちゃんとこんがり焼けているので、攻撃性もあります。

「美味しい餃子だね~」、という感じですね。

で、チャーハンです。

こちらも、餃子同様、脂っぽくないオトナのチャーハンかな、と。

どちらかというと、中華飯店とかで食べるタイプのパラパラチャーハン。

…なんですが、そこまでお高く留まっているわけでもなく、、、

いいバランスの庶民的かつオトナなチャーハンになっていました。

パラパラ系チャーハンが好きな人にはオススメですねー。

あと、スープが面白いですよ。

普通、チャーハンに付くスープって、すっきり中華醤油スープじゃないですか。

ここは、、、まさかの豚骨醤油スープですからね。

これも、お楽しみの一つかと、、、♪

***

というわけで、、、

やっぱりやっぱり、、、

「吉ちょう」はすごいラーメン屋だ!

と、改めてお伝えしたいです。

あまり話題になることはありませんが、

今回レポしたように、冷やし中華とすうめん、両方出ていまして、

そのいずれもが、食べどころ満載でした。

もちろん、普通のラーメンもエシャロット入りで面白い豚骨醤油味です。

僕的には、是非オススメしたい素敵な個人店です!!

『グルメ』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラーメン&カレー太源@伊勢... | TOP | 「東京行進曲」と「夢淡き東... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉市 若葉区

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。