Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

中華そば末広@新庄 新庄を代表する実力派の老舗ラーメン店です!

2017-03-06 12:56:35 | 東北

新庄に来る前、とれいゆつばさの中で、新庄に住むスタッフさんとお話しました。

新庄で有名なラーメン屋さんは?と尋ねると、真っ先に出てきたのが、

こちら、

中華そば末広

でした!

こんなお店です!

新庄駅からは徒歩で、7分くらいかな!?

少し歩く感じですが、そんなに遠くもないです。

銀色の世界を眺めながら、静かな新庄の町を歩いて向かいました。

もう、入口からして、「名店」だということがビシビシ分かります。

ね。

素敵でしょ!?

焦げ茶色の暖簾がなんとも言えない風情を出しています。

辺り一面はとっても静かですが、、、

一茶庵本店と同様、中に入ると、お客さんでいっぱいで賑わっています。

静かな外の世界に、にぎやかな内の世界。

これぞ、東北!という感じもします。

普段は店内の写真を撮らないように心がけていますが、

こういうお店に来ると、どうしても撮りたくなってしまいます。

お願いして、撮らせてもらいました。

この風景はずっと頭のどこかに残しておきたい。(特にストーブ)

で、、、

こちらのお店は創業40年以上

新庄では、知らない人はいないであろう地元系ラーメン屋さん

そして、千葉の内房みたいに、女性だけで切り盛りしているお店でした。

いやー、凄いなぁ、魅力的だなぁ。

「地元最強のラーメン屋さん」、かな。

全国ラーメン食べ歩きをしているけど、まさに僕の「理想のお店」だ…。

メニューはこんな感じです。

東北らしい極上の「中華そば」は550円。

そして、新庄のローカルラーメンとなっているのが、「スタミナラーメン」。

もちろん、予習してから来たので、どちらも食べるぞ、と☆

新庄といえば、「(愛を)とりもつラーメン」ですからね!

新庄市のHP内のとりもつラーメン情報はこちら

 

ジャジャーン!

こちらが、「中華そば」です!

チャーシューがでかい、、、Σ(゚д゚lll)

一軒目の一茶庵とは違って、かなりワイルドなラーメンになっています。

こちらもおそらく「鶏」がメインだと思いますが、一茶庵と全然違う、、、

ほのかに酸味があって、パンチが効いていて、とても強烈な味わいです。

「やさしいラーメン」というよりは、「ワイルドなラーメン」。

お蕎麦屋さんのラーメンじゃなくて、ラーメン屋さんのラーメン、という感じ!?

油分も多くて、しょっぱさもあって、これは中毒性高し!ですね。

zoom up!

うん。これは、なかなか他にはない味のラーメンだったと思います。

一茶庵との対比になっちゃうけど、こっちの方が「不良っぽい味」かな、と。

で、特記すべきはチャーシュー。

このチャーシューが、もっちもちのチャーシューでとても印象的でした。

550円のラーメンなのに、おおぶりのチャーシューが二枚も入っているのだから。

しかも、これ、「叉焼」っていうより、「煮豚」って感じですね。

これなら、「チャーシューメン」を食べた方がよかったかも!?

ここ、「末広」のチャーシューは美味しいぞ!、と。

麺はこんな感じです!!

細くて、やや平打ちタイプのストレート麺でした。

ほー。こういう麺なのか!?!?、と。

他のお客さんも言っていたのですが、ここの麺は「やわらかい麺」です。

この「やわらかさ」こそが、こちら末広のポイントになりそうです。

スープとは対照的に、やわらかくてソフトでやさしい麺になっていました。

大満足であります!!

で、、、

こちらが、「スタミナラーメン」です!!!

ついに出会いましたよー。

新庄名物「(愛を)とりもつラーメン」!(苦笑)

でも、なんで、ここではスタミナラーメンなのでしょう!?

おそらくは、とりもつなんじゃらという前から出しているんだろうな。

老舗の名店が「愛をとりもつ~」なんて、絶対言いたくないだろうし、、、

基本的には、中華そばと一緒、、、かな!?

zoom up!

チャーシューもメンマも入っていません。

その代わりに入るのが、とりの「もつ」ですね。

なかなか、凄いです。ホントに「もつ」がいっぱいゴロゴロと、、、

僕はあんまりこういうホルモン系って得意じゃないので、、、(;´・ω・)

でも、うずらの卵みたいに見える「キンカン」がとてもユニークでした。

いわゆる「鶏の卵」に「殻」がつく前の状態の卵巣部分になります。

卵に比べると、キンカンの方がなんか身がぎゅっと詰まっている感じがしますね。

ソーセージみたいな食感でした。

このキンカンが入ることで、見た目的にも印象的にも個性的になってきます。

(特にここのキンカン、美味しかった気がするなぁ、、、)

で、麺ですね。

酒田系~一茶庵のようなピロピロ麺ではなくて、

どちらかというと、「にゅうめん」みたいな感じ!?

でも、これはこれで、やっぱり美味しいし、凄いなぁ。。。

麺の量も結構多めで、さらに「大盛り」もできるみたいです。

他のお客さんもみんな「そば、大盛り」で注文していました。

で、キンカンです☆

ここのキンカン、ソーセージみたいな食感で印象的だったなぁ。

他のお店のキンカンは少しぱさっとしているんだけど、ここのはプリプリでした。

とりもつの方は、色々と入っているようでした。

レバーも入っていたような、、、(;´・ω・)

もつが好きな人は、スタミナラーメンを。

で、普通にチャーシューで食べたい人は、チャーシューメンを。

…かな?!

どちらにしても、感動できるかな、と思います。

中華そば末広。

ほぼ僕と「同い年」のお店。

駅から少し離れているので、本当にあたりは静かです。

やっぱりやっぱり、東北、山形のラーメンは凄いや。。。

圧倒的な存在感がラーメン(中華そば)にあります。

とりあえず旅の一日目、新庄のラーメンはこの二杯で終了!

一茶庵も末広も、ぶっとんで美味しいラーメンを提供していました。

新庄の老舗店はどちらも、日本トップクラスのお店だと思いました。

1時間ちょっとの滞在でした。

そして、新庄から酒田方面に向かう電車に乗り込みます☆

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一茶庵本店@新庄 創業100余... | TOP | 高見屋最上川別邸紅BENI@高... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。