Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

■福田康夫総理大臣■政治と家庭・・・

2007-09-23 16:17:38 | あてどなき日々(日記)

自民党新総裁に福田康夫氏(朝日新聞) - goo ニュース

新しい総裁は福田さんに決まった。「影の存在」が「光の世界」に飛び出した。会見の際、かちかちに緊張している福田さんの姿が印象的だった。

福田さんは71歳。1936年生まれ。福田さんのお父さんもかつての総裁。福田赳夫(1905年~1995)さんも71歳で総理大臣になった。日本史上、親子での総理大臣というのは初めてだとか(このことは、いいことなのか、わるいことなのか分からないが・・・)ちなみに、福田父は東大出身で大蔵省の役人さん。

親子で総裁。。。

日本という国が「世襲制」になりつつあることを暗示しているような。。。麻生さんも政治家一家だった(彼の家系図には圧倒される!)。小泉さんも超政治家一家。政治家の家庭で生まれた子どもが政治家になる。ある点においてはいい面もある。が、これが結局は不平等を生みだすということにもなる。逆に言えば、政治家の家庭に生まれなければ、政治家(特に重要ポスト)になれない、ということでもある。

親の背中を見て育つ、というのは微笑ましいことであるし、素晴らしいことだと思う。親の仕事を誇りに思い、それに憧れて、同じ仕事をする、これはとても素晴らしいこと。でも、政治という仕事は、その人個人としてどれだけ力があるかということにかかっている。個人ペースで荒稼ぎする資本主義の論理とは違う論理がそこにある。

福田さんという人物にはとてもシンパシーを感じるが、その背景にあるもの、政治と家庭という点に注目すると、とても奇妙なことが起きているように思えるのである。

 

さて、今日の報道を聴いていて、デモクリトスの以下の言葉を思い出した。

国がよく治められるに、それに関することを、なかんずく、一番大事なことだと考え、公正に反して勝利を競うようなことも、公共の利益に反して、自分自身のために力を獲得するようなことも、してはならない。何故なら善く治められた国は最大の保護であって、万事はこれにかかっているので、これが健全であれば、万事健全であるが、これが台なしになれば、万事が台なしになるからである。(『初期ギリシャ哲学者断片集、p.82)

ここでの「自分」は、「自分の家系」と置き換えてもいいだろう。しかし、この部分は外からでは確認することができない。ただ、今回の総裁選を見ていると、福田さんの方が「自分自身の勝利のため」っていう感じがしなかったように思う。福田さんの言葉の背後に、「使命感」、「責任感」という二つの言葉が透けて見えた。今後71歳の新総裁の動向を注意してみていきたい。

福田新総裁のオフィシャルHPはこちら!

最後に福田さんの言葉を引用しておこう。

これからの改革は経済合理主義でなんでも市場にまかせればいいというのではなく、世の中には社会的に弱い立場の人々、構造的に不況な業種の人々がいることに配慮しなければなりません。改革を進める中で、地域と地域の格差や大企業と中小企業との格差の実態から目をそらさず、地方で安定した生活が可能になるような社会をつくっていきたいと考えております。

是非、経済合理主義に支配された政治観から脱却して、新しい明るい日本を構築してもらいたい。特に地方の活性化は僕もすごく気になるところだ・・・ 日本中、どこでもでもそれなりに暮らせる国にしてもらいたい。正直、現在の若者は大都会を目指さないと仕事が本当にないのだから。。。

うちの学生で、千葉の中心から離れたところに住んでいる学生だと、実際地元で就職したくても、職場がないので(あるいは採用枠がないので)やむを得ず都会に出て、地元を離れて暮らしていかなければならない。これは政治だけの問題じゃないけれど、みんなでそれを考えていきたい。「都心ではなく地方で暮らせる権利」を!!!

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BUCK-TICK 【天使のリボルバ... | TOP | 新宿心音会板谷祐@山口 LEN... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (3M94)
2007-09-23 19:12:41
やはり、予定調和に終始しましたね。
この結果をどう受け止めるかは、
人それぞれだと思いますが・・・
330対197
これが現実なんですね。
総裁選を戦う福田氏のコトバに
「平時ならば出なかった」
とのコメントを読んだ記憶があります。

こんな腰砕けの発言する人が
果たして総理大臣という職責を全うできるのか?

決まってしまった以上、行く末を見守る、
というよりは、本気でやってくれるのか、を
見届けたいと思いますが・・・



Unknown (kei)
2007-09-25 02:50:35
3M94さん

たしかに出来レースになっちゃいましたね。

福田さんがどんな人かって、実際よく分からないですけど、かなり「したたか」に動いていける人だと見ています。小泉さんが激しい「動」なら、福田さんは究極の「静」。

これから彼の手腕が試されていきます。ホンキでやってくれるのか、厳しく見ていきたいですね。

*つくづく考えます。「今の時代に必要な政治家の資質・条件とは何か?」って。。。 人としての最低限のモラルと知性と教養と人間性、、、 それから、豊かな人間性をもった人が政治家になれない現実・・・ 生まれで決まる出世コース・・・ 最終的には、デモクリトスの言うように、滅私奉公の精神なんでしょうね。本当の意味で・・・

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
福田新総裁、誕生 (待て、しかして希望せよ!)
自民党新総裁に福田康夫氏 330票で麻生氏に大差   〔朝日新聞〕  自由民主党