Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

粋や@千葉 既成概念を壊す冷やし中華×超濃厚な限定煮干鶏白湯!

2017-07-17 00:13:33 | 千葉市 中央区

一度、挫折した人間は強いです。

敗北を知っている人は、その経験を通じて、たくましくなります。

今、千葉市内で最も粋なお店が、、、

らぁめん・つけめん 粋や

だと思います。

粋やは、もともと千葉の駅前の繁華街にありました。

が、わずか数年で「閉店」。

その後、店主さんは「福たけ」で学び直し、

そして、昨年、元「白木屋」のあった場所で「復活」を遂げました。

第一期「粋や」の閉店を経て、不死鳥の如くに甦った粋や。

復活後、瞬く間にフリークさんたちを「虜」にし、

そして、ラーメン情報誌等で積極的に取り上げられるようになりました。

今の粋やは、もう飛ぶ鳥を落とす勢いしか感じません。

しかも、ここに来て、どんどん「秘策」を打ち出しているんです。

その一つが、、、

らんちばさんも大絶賛の「冷やし中華」です。

今回は、この冷やし中華が僕のねらい。

あと、土日限定の「煮干シリーズ」も注目が集まっています。

あっさり煮干と濃厚煮干鶏白湯の二種があります。

どっちも惹かれるんですけど、今回は濃厚の方を注文しました。

あと、、、

念願の「醤油」も頂きました。

一番の定番なのに、食べるのは初めて、という、、、(;´・ω・)

ジャジャーン!

こちらが、噂の冷やし中華です!!

すごいヴィジュアルです。

ナスが乗っかってますねー。

作る工程を凝視していたんですけど、これが手間暇かかってる!

量産できるタイプの冷やし中華じゃないなぁ、、、と。

(っていうか、そもそも冷やし中華ってめっちゃ大変ですよね…)

zoom up!

スープを飲むと、うわ・・・

なんじゃ、こりゃ、、、

冷やし中華の概念を覆す、というか、、、

これ、そもそも、冷やし中華か!?

…と疑問が浮かんできます。

たしかに仄かな酸味もあるし、冷たいタレ+冷たい麺でもあり、

一見、「冷やし中華」に見えることは間違いありません。

でも、聞けば、このタレ、醤油ラーメンに使うスープを冷したものらしく、、、

冷されて、ジェル状になったスープをそのまま使っているんです。

ってことは、、、

これって、

冷やしラーメンじゃないか、と。

僕の中では、これは、冷やし中華じゃなくて、冷やしラーメンです…。

結構前から僕は冷やしラーメンにはまっていて、結構色々と食べてきました。

一番大好きなのは、銀座のプルーカフェの冷しラーメン。

山形にも、冷やしラーメンを求めて行きました。

その観点からすると、ここの冷やし中華は冷やしラーメンですよ…。

酸味の入ったややスープ少なめの冷やし醤油ラーメン

とはいえ、「何を言うとる。これは冷やし中華じゃないか!?」と言われれば、

「まぁ、そう言われれば、そうとも言えそう…」、と。

冷やし中華の進化バージョンというよりは、、、

冷やし中華と冷やしラーメンの融合系

と言った方がすっきりくるのでは?!?!

らんちばさんに怒られそうですけど、、、

進化した冷やし中華は、もはや冷やし中華ではない、のでは!?、と。

かといって、ラーメンほどスープが入っているわけでもない。

油そばでもないし、冷やしつけ麺でもない。

新しい麺文化が生まれつつある、と考えるべきでは!?

とはいえ、冷やし麺、とするのも、どうかと思う。

…じゃ、冷やし中華でいいじゃないか、とも…。

でも、冷やしラーメン推しの僕としては、

これは冷やしラーメンでしょう、と言いたい(苦笑)

まぁ、店主の小池君も「冷やし中華」と命名して売っているわけで、

僕が何を言っても、結局は「冷やし中華」になっちゃうんでしょうけど…。

でも、それくらい、ぶっとんだ新しい麺カルチャーになっていると断言できます。

とにかく、旨い!!!

これは、一度食べてみてほしいですね。

既成概念がぶっ壊れますよ♪

麺も、素晴らしかった!

喜多方とか、山形とか、、、

日本一クオリティーの高い東北エリアの麺文化を継承するかのような…

この麺で、冷やしを食べるか!?、という。

これだけクオリティーが高い麺を楽しめるのも、ここだけかな、と。

恐るべし。。。

で、こちらが、土日限定の濃厚煮干鶏白湯。

こちらもこちらで、まぁ、もうとっても美味しかったです。

濃厚なんだけど、味は結構優しめの味で、、、

こってりタイプだけど、全く気持ち悪くならないスープ。

これは凄いかも!?

僕的には、、、

煮干しの味を感じるポタージュスープ

これもまた、新感覚だ。。。

このところ、煮干し(主に粉)を必要以上に入れたやりすぎ系が多いんですけど、

ここのスープは、粉っぽさもなくて、ちゃんとダシを取っているのが分かります。

こちらもこちらでお見事だなぁ、、、と。

さすがは、粋や。。。

自家製の麺をウリにしている粋や。

やっぱりお見事でした。

麺の形状も、それぞれのスープに合わせていて、こだわりを感じさせます。

コシの強いストレート麺でした。

そして、醤油!

何気に、こちらの店舗でこれを食べるのは初めて。

こちらの醤油ラーメンは、あっさりしつつも、かなりファットなんですね。

昔ながらの中華そばとは大違い(苦笑)

見た目こそ、黒くて、ノスタルジックな感じもしますけど、、、

でも、スープは、色んな食材を合わせた複雑でオイル感もたっぷり。

もはや、「あっさり」と「こってり」の区別さえ難しい時代に入っているのかも!?

昔、粋やで食べた「塩ラーメン」を思い出すと、全然変わってきているなぁ、、、と。

麺はこんな感じです。

お見事です。

東北クオリティーに勝るとも劣らない凄い麺ですよ。。。

この麺には、完全ノックダウン。

この麺、すすりたくなりませんか??

粋やの麺は、千葉でもナンバーワンクラスの麺だと思います!!

***

今や、「無敵状態」の粋や。

冷やし中華は、もう別格の美味しさでした。

さらに、こんな新メニューも、、、、

どこかレトロな字体にうっとりさせられます。。。

会計のところには、こんなものも。。。

ちゃんとした鶏をしっかり使っているんですね。

ホント、凄いお店になりつつありますよ。

千葉のラーメンフリークさんたちもここに集結しています。

千葉市内で今一番行くべきお店の一つだと思います。

みなさまもぜひ!!

場所的に、車じゃないとちょっと厳しいです。。。

が、、、

今回は、千葉駅からバスに乗っていきました。

わりと、あっさり着きました。

バスでも行けるんだなぁ、、、と。

これは、ちょっとした発見でした☆

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆WAIL-for the blue sky-◆NEI... | TOP | ラーメン三矢小@千葉 ずっ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 千葉市 中央区

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。