鶴猫荘日記第2版セガン編

知的障害教育の開拓者エデュアール・セガン著作翻訳のページ

セガン1842年論文 1

2017-07-12 09:24:14 | セガン研究
タイトル「遅れた子どもと白痴の子どもの教育の理論と実践  不治者救済院の若い白痴たちへの訓練」
著者:エデュアール・セガン
発行年:1842年
発行所:パリ ゲルメール・バィエール

 
(不治者救済院の面影を残す中庭)

救済院総評議会管理委員の皆さまへ

10月 第1月

皆様
 内務大臣閣下が私の意向を汲んで下さり、皆様方にご下命下さった任務 をお受けするにあたりまして、次のようなことは十分に承知していたわけであります。つまり、私は、それが私にとってはなじみのことであるとはいえ、公共の慈善によって養育される一群れの白痴の中で、ほとんど、構想を練らなければならないということはたいそう困難なことであるとか、また、不幸にも、今日まで不治だと信じられてうち捨ておかれてきた、まったく異常な諸器官機能は並外れた抵抗を示すだろうということも、十分に承知していたわけであります。皆様方のご厚意をいただき、私が試みようとしたことと実際にできたこととの両方を、皆様方に報告いたしたいと存じます。皆様方、博愛に基づく奉仕に関わって、私は自身の方法や結果に強い誇りを持っております。権威ある方々や皆様方によってそれをお認めいただきたいと思っておりますが、そうお認めいただかないとしても、早速、これまでの3ヶ月間に行われたことの話をさせていただきます。

1841年10月1日の子どもの様子

レベル(LEBEL) 18歳 ― 鈍い知能、少し読み書きが出来る。
 身体。 全身麻痺、腕でぐるりと円を描く運動は軽く、ゆっくり、偏円的な運動は困難か出来ない。よろめいた歩き方、傾げた頭、曲がった背中、くぼんだ胸。しっかりと立ったままでいることもきちんと歩くことも出来ない。
 道徳。 優しい、気さく、強情。
 習慣。 何かをして過ごすということはほとんどない。大きな端布を利用しての室内履きを編んで日に3スーから4スーを稼いでいる。のろのろとしたつらいこの仕事の間中、手は震え、かぎ針をうまく運べない。

ラングロア(LANGLOIS) 17歳 ― 閉塞した知能、恐怖を原因とする白痴症、文字の読みを開始、文字の組み合わせは出来ない、読みはよくない。ありふれた質問に正しく答える。
 身体。 長い四肢、くぼんだ胸、側面が少しばかり洋梨型にへこんだ頭。
 精神状況。 優しい、素直、臆病。
 習慣。 室内履きを編んで日に6スーから8スーを稼いでいる。床を掃いたり拭いたりする。

ジャックマン(JAQUEMIN)17歳 ― 無知能、話し言葉無し、まぎれもない白痴。
 身体。 非常に長い四肢、側頭部と後頭部とがへこんだ頭、動かずふぬけたような目、非常にくぼんだ胸、曲がった背中、曲がった膝、全く何の用も足さない手。
 精神状況。 頑固、臆病、盗癖、並外れた緩慢。
 習慣。 一日しゃがんで過ごす。足を引きずり、身体を傾け、手をポケットに入れて、歩く、ポケットの中で盗み取ったものを一つから数個、大切そうに握っている。陶器とかコップのかけらのようなもの。ほとんどが仲間の食事の後で探し出したものである。

グルダン(GOURDIN)19歳 - 無知能、まぎれもない白痴。まったく何もできない。
身体。 ずんぐりで、頑強。つねに神経質な笑い。
精神状況。 良好、素直、見栄っ張り。
習慣。 腕と頭を絶えず揺り動かす、生徒ラミのボタンを掛ける、掃く、つねに何か重いものを背負っている。しかも力一杯、背負わなければならない。

ポンサール(PONSART)16歳 - 無知能、無言語。まぎれもない白痴。
身体。 がっちりとして体格がよい。くぼんだ胸、小さくてとんがった頭、ぎこちない動き。肉体作業ができない。
精神状況。 頑固、緩慢、反抗的、過度に臆病。
習慣。 何もしようとしない、足を引きずり、ポケットに手を入れて散歩する。

ラミ(LAMI)16歳 - 無知能、無言語。まぎれもない白痴。
身体。 衰弱した身体、長く、簡単な身体訓練にさえ適さない四肢。
精神状況。 温和、従順、見栄っ張り、臆病。
習慣。 自分で服を着ることがまったくできない。灰色の古い帽子で挨拶の一日を過ごす。

オーギュスト(AUGUSTE)14歳 - ほぼ無知能、無言語。読むことも書くこともできない。完全な無教養。
 身体。 ずんぐり、頑強、不器用。
 精神状況。 かんしゃく持ち、反抗的、緩慢、盗み癖。
 習慣。 皿や錫製食器を拭く、掃く、ベッドメイクの時、無理矢理手を出し直してやると、ごちゃごちゃにしてしまう。

マルキ(MARQUIS)12歳 ― ほとんど無知能、記憶に関して。読むことも、書くことも出来ない。発音は完全に不明瞭。
 身体。 全身麻痺、神経性の痙攣、四肢無能力。ほとんど見えない。
 精神状況。 怒りっぽい、からかい好き、反抗的、多動
 習慣。 何も出来ない、至る所で、顔をしかめ脚と腕とを無秩序に振りあげる。きちんと歩くことも、走ることも出来ない。それと、ものを掴んだ後、それを放すために手を開けることが出来ない。

ユジェーヌ(EUGENE)12歳 ― 頭がいい。教養はない、間違った発音でしばしば理解不能。
 身体。 体格がよい。
 精神状況。 穏和、従順、静止し続けることが出来ない。
 習慣。 どんな作業にも専心することが出来ない。

アラン(HARANG)11歳 ― 鈍い知能、いくらか文字を知っている。発音は理解不能。
 身体。 体格がよい。
 精神状況。 穏和、無気力、臆病、頑固。
 習慣。 どんな作業にも専心することが出来ない。

署名 デュプレ(不治者救済院医師)、ドゥ・ケルゴレならびにブロンデル(救済院管理者)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | セガン1842年論文 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。