わんばぁだんのイケイケChina_goo版

ヘンな中国、おもろい中国、アホなこと・・・ 思いついたままに写真で発信します。

年末のご挨拶  By世界のアクロバット走法

2016年12月31日 14時37分07秒 | キケンなもの
当ブログにご来場いただくみなさん。

本年は忙しい中、このようなくだらないブログに日々ご来場いただき、感謝申し上げます。

来年も引き続き、ごひいき頂ければ幸いです。
皆様も良い年をお迎えください。

何もネタがありませんが、
拾いものをご覧ください。

世界のアクロバット走法

来年もおバカネタを期待している方は、
下記、 「中国情報」を1日1回、ポチッとして
わんばぁだん に元気をくださいね。♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村




.
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10年前の思い出 By天津泰達開... | トップ | 実は、あと3日で帰国!! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ごーさん)
2017-01-03 17:53:59
明けましておめでとうございます。
世界のアクロバット走法見ましたが面白いですね。
列車の写真はもしかしたらバングラデシュですかね。
中国のはスゴイと思ったけど世界は広いことを実感します。
お返事 (わんばぁだん)
2017-01-03 20:35:02
・ごーさんサマ
明けましておめでとうございます。

世界はすごいですね。
私の取材もまだまだ精進せねばなりません (笑)

今年もよろしくお願いいたします。
Unknown (客桟老板)
2017-01-03 23:05:50
明けましておめでとうございます。

糸魚川の大火の火元は中国人だったようですが、東北の地方都市まで中国人が進出していたことに驚きました。良くも悪くもたくましい人たちですね。ちなみに、大阪空港近くの河川敷でバラバラ殺人を起こし、大陸に高跳びしたのも中国人です。何とかならんもんですかね?
Re:Unknown (わんばぁだん)
2017-01-04 12:50:16
・客桟老板サマ
明けましておめでとうございます。
ウチは糸魚川からは100km以上離れた長岡市近郊の小さな町で中国人の店が3軒、韓国人の焼肉屋が2軒が古くから有りますが、幸い表立った騒ぎは起こしていません。

しかし、中華鍋を火にかけたまま外出してしまう行動は重大過失ですよね。
被害を被らないように危機管理しなくてはいけません。
Unknown (客桟老板)
2017-01-04 21:57:17
私が生まれ育った大阪府は、47都道府県中46位の狭さで、新潟県の約6分の1しかありません。100㎞以上離れると、三重県の伊勢あたりまで行っちゃいます。さすがは米どころ、新潟は広いですね。雲南省だけで日本とほぼ同じ広さの中国はもっと広いですけど。
Re:Unknown (わんばぁだん)
2017-01-04 23:49:29
・客桟老板サマ
新潟県は細長く、北から南まで海岸沿いの総延長は270Km近くあります。
海岸沿いは日本海に沈む絶景の夕日スポットが各所にあり、独身のころは有効活用させていただきました (笑)

雲南省と言えば、コタツに潜り、ウトウトとしながらチベットの金糸猿?追跡の番組を録画したビデオを見て平和な正月でした。

チャンスがあれば、昔テレビでやっていた雲南省の棚田を見に行きたいですが、一般人が観光で実現するにはちょっとハードルが高いかなぁ?
Unknown (客桟老板)
2017-01-05 21:35:09
棚田で有名なのは、世界遺産の元陽ですが、省都の昆明へは上海や北京乗り継ぎで飛行機がたくさん飛んでいますし、昆明からは列車やバスで比較的簡単にアクセスできるみたいですよ。

私は、近くのプーアルという町は行きましたが、元陽は行ったことがありません。数え切れないほど雲南に行った割には、いつも大理でビールを飲みながらまったりしているもので。「元陽」で検索すれば、旅行記がたくさんヒットするので、また調べてみてください。

広西チワン族自治区の龍勝の棚田なら行ったことがあり、ブログでも紹介しましたが、壮観でしたよ。
お返事 (わんばぁだん)
2017-01-05 22:28:07
・客桟老板サマ
いやあ、龍勝の棚田ネタを拝見させていただきました。
心が癒されます。
畔に腰かけてプーアール茶でもすすりながら、
日が暮れるまでぼ~っとしていたいですね。

定年後にでも、麗江とともに一度は行ってみたい所です。
写真でも目の保養になりました。 ご紹介ありがとうございました。

PS 白族=ペー族 と言う事を年末に放映していた猿ネタテレビで知りました。
南方の方言は強烈ですね。  まぁ、新潟の県境近くのおばちゃんが話す山形弁も、広東語以上に難解ですが (笑)
Unknown (客桟老板)
2017-01-06 21:38:29
私のブログで龍勝の棚田について書いたのはこれですね。

http://hanyukezhan.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_c404.html

もう10年前になりますが、今ほど人間がひねくれていないのか、
我ながら割とまともな内容ですね。

ちなみに、私は、白族の知り合いが大勢いますが、白族話は全く分かりません。
白族同士でも地域が違えば言葉が通じないらしいですよ。


お返事 (わんばぁだん)
2017-01-07 14:45:59
・客桟老板サマ
それです。 龍勝の棚田いいですねぇ。
魚沼のうちの実家の裏山にも棚田があり、子供のころは田植えと稲刈りの手伝いだけで嫌な思い出しかありませんでしたが、手伝いが無ければ居心地のいいところでした。
比べ物にならないちっちゃい棚田ですが (笑)


言葉が通じないと言えば、こんなことを思い出しました。
今から3年ほど前、初めての上海を経由して初めての常熟と言う所の工場の立ち上げ応援に行った時です。
工具城に部品を買いに行き、店員の回答を何回聞き直しても、10個の十个shige の発音が4個の四个sige に聞こえてしまい、間違うとまずいので筆談で確認して四苦八苦したことを思い出しました。

それからは必至で情報をかき集め、上海訛りのコツをどなたか忘れましたがブログ記事で見つけました。
(このネタは客桟老板サマは知っていると思いますが、あえて書かせてください)

(私は)我是wo shi (美味しい)好吃hao chi (分った・知った)知道zhi dao などの発音に於いて、
反り舌音の「h」を抜いた発音にすると、ほぼほぼ上海訛りになってしまうことを。
ピンインの読めない方のためにむりやりカタカナ発音にしてしまうと
「ウオシー ⇒ ウオスー」  「ハオチー ⇒ ハオツー」  「ジーダオ ⇒ ズーダオ」
細かく言うと、ダオdao ・ バオbao → ドーdo ボーbo みたいに「o」も消えるように聞こえます。 (これは個人の感想ですが(笑) 

この規則性を覚えれば、即席なんちゃって上海人になれますね。 (笑)

しかし私の脳みそには決定的な障害が。。。
四声の聴き取り能力が欠如しているので、いまだに10個と4個の発音の違いの区別がつきません。 (爆)


PS なんかエンドレスな連想ゲームコメントみたいになりましたが、自然に思い出して書き込んでいるのでブログネタを考えて更新するより楽しくなっちゃいました。

コメントを投稿

キケンなもの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。