わんばぁだんのイケイケChina_goo版

ヘンな中国、おもろい中国、アホなこと・・・ 思いついたままに写真で発信します。

新しい街には不思議がいっぱい。

2016年09月19日 21時43分39秒 | 不思議なもの
今日のネタは、天津TEDA開発区のはずれ。

天津新港まわりの新しい住宅地の探検レポートをご報告いたします。


軽軌9号線の市民広場駅から海側方向の新しい街なのです。

出来立てのほやほやのようです。

晴天に恵まれ、新しい街は気持ちがいいです。


でも、せっかく新しい街なのに。。。

歩道に売店のBOXを堂々と置くあたり。

4000年の歴史を継承しています。


こっちの交差点でも。

都市計画以前の電柱設計なのです。

歩行者は怖いのです。


ここの電柱は中央分離帯のど真ん中に設置されています。


なにか、禁止表示が見えます。


この表示をひとつずつ確認していきましょう。



「高圧につき距離に注意」

まあ、普通であり当然ですね。



「高圧につき登らないでね」

まあ、これも普通ですね。




写真の通り、「土を取り去ってはいけません」

う~ん。 なんとなく納得します。

この国ならではの注意書きですね。


最後の、コレは?

「解体禁止」って。。。
おいっ!! ドロボー!! (爆)



この国の人民は、感電しない特殊体質なのか!?


と、思った方は
下記、 「中国情報」を1日1回、ポチッとして
わんばぁだん に元気をくださいね。♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 にほんブログ村




.





『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○○で GO!! | トップ | 行きはヨイヨイ、帰りは怖い... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒鬼子)
2016-09-20 13:59:49
工事の振りして機材や電線を盗んでいく奴が多いですから、これは絶対に必要な掲示になります。

計算されて用意した中国の姉歯方式手抜き鉄筋コンクリートの建物から、それでも少ない量の鉄筋を盗んで転売するくらいですから、ご注意のほどを。
ほとんどは鉄筋なんか使っちゃいませんがね。
Unknown (のりた)
2016-09-21 12:51:29
一枚目の写真はとても綺麗な道路ですが、交通マナーの良い日本人的に考えると、信号機が見あたらないので、どこで横断すれば良いのだろうかね?ひょっとして、はるか向こうにあるなんては無いでしょうね?日本では19日は敬老の日があったのだけど、ひよっとして、中国での敬老精神はどうなのでしょうかね?
お返事 (わんばぁだん)
2016-09-21 21:06:14
・黒鬼子サマ
姉歯なつかしいですね~ 
私も聞いた事が有ります。 電柱の元電源切って電線盗んだって話を。 
日本では有り得ない大胆不敵な窃盗団ですよね。


・のりたサマ
はるか向こうに信号機が有ります。(笑)
この国に敬老精神や体の不自由な人に対してのいたわりは皆無です。
2枚目、3枚目の写真を見れば一目瞭然です。

PS この国では常時右折可能の交通法規の下では交差点の横断歩道を渡るより、
信号機のない直線道路を横切る方がはるかに安全な横断方法だと感じる
今日この頃ですね。ww
Unknown (客桟老板)
2016-09-21 22:55:46
もう覚えている人も少ないでしょうが、北京汚染ピックの前に金属の値段が高騰し、
日本で車止めのポールや半鐘泥棒が多発したことがあります。
犯人は言わずもがな。男盗女娼の国ですからねえ、泥棒をみんな処刑したら、
あの国の人口は1000万人くらいになるかも? その昔、中○には泥棒はいない
と教えられたものですが…。
Unknown (のりた)
2016-09-22 07:44:28
今回も、話題満載な写真集状態なので、失礼ですが、細切れ状態での書き込みになります。(拝)

二枚目の写真ですが、なんなのよです。
このなんでも有りの、法律・倫理・秩序の無い混沌とした世界は、さすが、中国様、神様です。(笑)

この世界では、中国は世界中の他の国をリードしています。中国人として誇っても良いと思いますね。

だだ、設置者には、役人へのワイロだけでなく注意が必要です。

必ずおいちゃん的な発想するやからがいますからね。

無許可で、屋台(コンパクト耐久性向上・最上級タイプ)を歩道へ車で運んできて設置してますが、

これって、夜間に、車で移動する事は可能ですね。造りが丈夫なので、ペンキを塗って再利用できそうです。

うふっっ、お金、お金、なんて、脳裏に浮いてくると思いますね。

そんなやからが増えれば、こんな迷惑な物は無くなると思いますね。(社会貢献)


お返事 (わんばあだん)
2016-09-22 21:51:07
・客桟老板サマ
いましたねぇ、半鐘泥棒。
そのころ鉄鋼材料が値上がり、私も中国での発注業務にかなり影響されましたよ。
いまだに個人的には実害が無くて、よかったです。(汗)


・のりたサマ
そうです。 ちゃんとキャスター付きなので即、移動可能です。
なんなら詳細な設置場所をお教えしましょうか。 (爆)
Unknown (のりた)
2016-09-26 10:42:03
三枚目の写真の、日本から見たら大型電信柱の土台ですが、

これって、役所の縦割り行政の弊害だと思いますが、市民感覚で行くと、

中国人恐い物はないあるよ、生き物はなんでも食べるし、鍋さえあれば何処でも生活出来るし、度胸と荒っぽさで世界一。

ずばり、土台をへずって、すとーんと歩道を通すべきだと思うのです。

電柱は倒れないと思いますし、歩道の点字ブロックが無ければ、目の悪い障害者はどう通ればよいのだろうか?

ここは、道路関係の業者に頑張ってほしかった所でしたね。

ではでは、失礼しました。
お返事 (わんばぁだん)
2016-09-26 23:48:59
・のりたサマ
歩道は都市開発課の管轄、そして歩道が完成してから、電力課が歩道の上に、
基礎も掘らずにちょこんと電柱を乗っけただけだと思われます。
土台をへずっちゃったら電柱が倒壊しちゃいますよ。 (笑)
歩道工事をする出稼ぎ労働者は点字ブロックの使用意図を知らないと思いますよ。
設計図にも、それほど詳しく施工指示も記載されていないと思いますし。


今日のニュースで、遼寧省の万里の長城の修復工事で、修復が面倒くさいのか、歩く道を丸ごとコンクリートで両脇の塀の高さまで平らに埋めちゃって、観光客が歩けなくなっちゃいました。 (塀の高さが歩く高さなので、よろめくとそのまま谷底へ。) 
管理する地方政府のコメントは、「何の問題もない、適正な修復工事だ。」
この国の縮図そのものです。
Unknown (のりた)
2016-09-27 14:20:03
さてさて、いよいよ、話題満載の最後の写真にたどり着きましたよ。禁止表示では、かなり甘く見積もっても、この表示だけは世界中で無いだろうと思うのが、鉄塔の鉄材のドロちゃん表示と、鉄塔の基礎部分の土を掘り返すですよね。

 この国は、話題満載で驚きは世界一ですわ。

日本でも、かなり昔ですが、いやがらせで、鉄塔の基礎部分のナットをゆるめたやからがいましたね。

鉄材なんて、お金にはならないので、だれも危険をおかして取りませんよね。

赤がね(銅)はお金になりますから、鉄塔の電線を取るのは理解できますが、昔ですが、どろちゃんがショートして電線に引っかかっていた写真を見たことがあります。

日本でも、お金になるので電線の端切れは回収されて、障害者作業所で線ムキ作業をしている所を見たことがあります。  

話が長くなりましたが、いつもながら貴殿の素晴らしい観察眼には敬服致します。
お返事 (わんばぁだん)
2016-09-27 23:15:27
・のりたサマ
この国の看板、標識、掲示物はネタにできる確率高いです。
だいたい標識の掲示場所が高すぎで遠くて見えないので、とりあえず最高画質で撮影し、
あとでPCでトリミングして確認しているのです。
今回はたまたま良いネタになりました。(汗)

コメントを投稿

不思議なもの」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。