世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

出番欲しさに、また馬鹿が来た。

2017年06月02日 10時35分43秒 | 悪態退治篇


  出番欲しさに、また馬鹿が来た。




 出たくてウズウズしていた馬鹿が、
 何やら書いて来ていて、
 <悪態幽霊>の正体を特定できなきゃ意味がないじゃないか。と言う。


 何が悲しくて、
 お前らのようなクズの落書きの書き手を特定するようなことに、
 この執筆で忙しい身を割かなくちゃいけないんだ?


 お前らごときは、
 しょせんは、ネット荒野に咲いた日陰花なのだよ。
 そうした隠花植物が大勢存在するという事実を、
 僕の良質の読者諸氏が理解すれば、
 僕の落書き披露の目的は達せられるのだ。

 何もわかっちゃいないが、
 まあ、馬鹿だから、仕方がないか。


 馬鹿には馬鹿の集う場所があるだろう。
 ここは、お前の頭の程度とは次元の異なる場所だから、
 なあ、坊や。
 いい子だから、あっちに行っておくれ。
 あっちの組なら、お前でも相手にしてもらえるぞ。
 
 馬鹿の扱い慣れしている世川先生は、そう言いましたとさ。


 こいつといい、AmazonVINEメンバーといい、
 勉強なんかしたことのないガラクタ頭で、
 よく、人さまに何かを語ろうなんて傲慢を平然とやるよ。

 無理が通れば道理引っ込む。ということわざがあるが、
 この放浪日記世界では、それは通用しない。
 馬鹿と<精神の田舎者>は山門に入るのを禁じている。


 いつも書くが、
 こういう馬鹿が存在するのは、
 すべて、こいつらの親の責任だ。
 親の馬鹿は、100%子にうつる。
 こんな馬鹿を育てた親の顔が見てみたいし、
 こんな馬鹿に育てられた子の顔が見てみたい。





『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これが<悪態幽霊>という珍... | トップ | オ~イ。青山俊夫。東武、6... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

悪態退治篇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL