goo

堪能しました。彦根パチンコ。



       堪能ました。彦根パチンコ。 




 4時過ぎにパチンコ屋に入り、
 3000円くらいで、単発ヒットの「ラッキー!」が出て、
 それで得た玉がなくなりかけたところで、
「スーパーラッキ~!!!」
 僕の大好きな、連続ヒットのあの声が聴こえ、
「ハハハ。今日は早いじゃないか。
 結構、結構。まことに結構。
 さあ、いこうぜ!」
 僕の戦いが始まった。


 「スーパーラッキー」は強い。世川行介も強い。

 そこから、
 出るわ。
 出るわ。
 まあ、出るわ。
 ということで、
 8000発までたまった。
 金額にして、32000円。


 これが、マージャンなら、
 勝負師世川行介、
「3万円の勝ちか。
 いい金額だな。
 ここが引き時だろう。」
 と、躊躇せず席を立つのだが、
 これはパチンコ。
 僕の専門外。


 僕は考えた。

「東京の時は、大当たり10万円というのを何度か体験した。
 果たして、この彦根では、大当たり10万円というのがあるものだろうか?
 今日は僕のお祭りパチンコだ。
 まして、現在、勝ち金3万円分の玉がある。
 ここで勝負に出ずに、いつ勝負に出るというんだ。
 え~い。試してやれ~。」

 ということで、
 僕は8000発の玉を財産に、
 彦根パチンコに勝負を挑んだのであった。


 途中でネ、
 途中で気づいたんだよ。
「いけねえ。ここは日本一がめつい近江商人の本拠地だった。」
 それは、途中で確かに気づき、
 10万円の夢がかなり遠のいた気がしたのだよ。
 しかし、
 男世川。挑んだ勝負をどうして途中で引けようか。
 僕は、打った。
 ひたすら打った。
 出の止まってしまったパチンコ台に、
 もらった玉を打ち返し続けた。
 午後9時半まで。

 打った玉の数は、7000発。
 フ~。

 
 パチンコって、結構疲れるもんだね。
 7000発打ち終わったら、もう、グッタリ。
「やはり大当たり10万円は、彦根では夢物語であったか。
 今後の参考にしよう。
 1000発だけは換金して、利益確保ということで帰ろ~っと。」

 僕はパチンコ屋を出たのだが、
 もう、なんか、フラフラ。
 自転車がまともにこげやしない。


 で、
 なんとか部屋に帰って体重を測ったら、
 なんと。なんと!
 当面の壁であった72.5キロをたやすく破り、
 ハハハ。
 71.9キロにまで落ちていた。

 約一週間で3キロ減。
 世川行介さんって、すごい意志の持ち主だなあ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« よ~し。今か... 久しぶりに東... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。