世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

京丹後「だいまるしょうゆCafé」

2017年03月06日 20時17分55秒 | 彦根放浪篇
 

      京丹後「だいまるしょうゆCafé」



 ディスプレイ8台体制というのは、
 やっぱり、便利がいい。
 キーボードが4つになるので、まだオロオロしながらの操作だが、
 ネットから引っ張り出した資料を、
 1つだけでなく、2つも3つも、ずっと画面に残しておけて、
 顔を起こせばすぐ見ることができるというのは、
 実にありがたい。
 菊池研一郎さまさまだ。


 土日の間人温泉小旅行で結構疲れたが、
 久しぶりに大好きな日本海を見て、
 なんか、気分がさわやかになった。
 今夜は、「五右衛門奇伝」の改稿作業に没頭しよう。


 書き忘れていたので、書いておくと、


 間人温泉に行く途中に京丹後市のはずれ、
 弥栄町和田野、という土地なのだそうだが、
 そこに、
 醤油屋を改造した喫茶店があって、







 なかなか感じのいい店だったので、
 今回も、そこを探して、コーヒーを飲んだ。


 醤油屋を喫茶店にしたからということで、
 その店名も、


     だいまるしょうゆCafe


 だそうで、
 そこに働いているお嬢さんたちもいい子だった。
 どうも、
 そのお嬢さんたちの一人はそこの娘さんらしく、
 京丹後市の商工会で頑張っているんだと、
 僕のような流れ者のジジイに名刺をくれたので、
 少し宣伝してあげたくなって、
 写真を撮ってきた。
 
 丹後半島に行くことがあったら、立ち寄ってあげてくださいな。














    可愛い可愛いお嬢さん!










 なわけないか。










 ぜひ一度。








『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんだ、なんだ。世川推奨銘... | トップ | さっき、「トンビ」から内緒... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

彦根放浪篇」カテゴリの最新記事