goo

今日は、団らんマージャンをやってきた。

 

    今日は、団らんマージャンをやってきた。




 午後になって、
 お客のいないマージン屋から、
「今日は無理ですか?」
 と、
 遠慮がちの電話があったものだから、
 本当は昨夜の酒で結構くたばっていたが、
 なんか、気の毒になって、
「じゃあ、ちょっとだけつき合うよ。」
 ということで、
 中山道を無賃橋まで行ってきた。


 マージャン屋とは言うけれど、
 一週間か十日に一度、
 僕が行かないとメンバー4人が集まらない店なので、
 もう、僕は、貴重なお客になっている。

 最近、残りの3人と仲良くなってきて、
 そうなると、
 これは、もう、
 僕の得意とする「無頼の賭けマージャン」ではなく、
 団らん、
 というものに変わって来て、
 今日も、おしゃべりしながら楽しく遊んできた。
 流れ者には、
 たまにはこんな時間もいい。


 ということで、
 今日は、久しぶりに、がんこ堂の顔を見ないで一日を過ごした。
 あいつの顔を見ないと、一日のリズムが狂ったような気になるから、不思議なものだ。
 僕の生活の中にじっかりと座敷を持ったがんこ堂。って感じ。


 明日は、「愛欲上野篇」が発売になる。

 少しは売れてくれると、彩雲出版の高山社長に顔が立つのだが、
 悪評タラタラの前回の「貧乏上野篇」の売れ行きから考えると、
 今度も無理そうだ。
「世川さん。またダメでしたよ。
 世川さんは、やっぱり、『戦国倭人伝』の世川さんなんですよ。
 「放浪日記」みたいなのは、もう出すのをやめましょうよ。」
 一週間くらいしたら、そんな声が聞こえてきそうな気がする。
 少しは売れそうな『豊臣奇譚』の執筆に励もう。


 8月5日に予定していた出版記念パーティーが、8月19日に変更になり、
 そろそろ、その準備もしなくてはならない。
 結構忙しい最近の僕だ。


 明後日は、ちょっと東京に行ってくる。

 一つは、「堤重役」と会うためだ。
「世川さん。
 私、ここ数日、500万円がいつも浮かんで、
 不眠症になってしまいました。」
 そんな気弱なことを言うので、
 一緒に一杯ひっかけて、励ましてくる。


 とりあえずの報告でした。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 詐欺集団の司... 松居一代の不... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。