世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

「坪川」さんと「たる」さんに。

2016年11月05日 20時43分53秒 | 自選 交友篇


         「坪川」さんと「たる」さんに。





 本日は、
 堤重役と「京都のM」さんとの三人で、
 琵琶湖に浮かぶ竹生島観光をして来た。

 頂上まで165段の石段を登らなくてはならなかったが、
「何が悲しくて‥、」
 ということで、
 20段登ったところにあった弁財天で、
「どうか、来週からも株で儲かりますように。」
 それだけをお祈りして帰ってきた。


 40分船に乗って彦根に帰り、
 「近江苑」という焼肉屋さんで、近江牛の焼肉を食べ、
 それから、彦根駅に「京都のM」さんを送って、
 さっき、堤重役と部屋に帰ってきたところ。


 近江牛も決して不味くはないけれど、
 飛騨牛や松坂牛の方が一ランク上だな。
 と思った。


 ところで、


 昨日、
 出版社から、『本能寺奇伝』の初稿ゲラが届いた。








 18行の42文字で430ページの本になるそうで、
 堤重役が彦根から帰る明日から今月20日まで、
 チェックに没頭する毎日になる。
 毎日徹夜作業だな。

 阿呆二組との裁判の書面書きもあるし、
 「五右衛門奇伝」の作文もあるし、
 結構忙しい世川君だ。


 刊行されるのは、来年1月中旬の予定。


 で、
 来年1月14日に、
 東京で、出版記念パーティを開催することにした。
 今朝、盟友「瀧夜叉」さんが、会場の手配を全部やってくれた。


 坪川さん。
 そして、
 「たる」さん。


 もしよろしければ、
 その日、おいでいただけませんか?
 あなた方お二人は、
 この「放浪日記」読者の中でも、
 僕にとっては、特別の人でした。
 一度真面目に検討してみてくださいませんか?
 僕のGメールに、
 一度お便りが戴けたら嬉しいです。




『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今から、酔う。 | トップ | 御守りは二人のために。 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お詫び (坪川昭治)
2016-11-06 10:39:23
世川さん

出版記念開催のお知らせありがとうござました。

26日退院、11月4日の退院後診察では
良い結果を得ることが出来ませんでした。誘いに「ハイ」とお答えできないことをお許し下さい。

記念会のご盛会を心から祈念しています。            


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL