世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

東京株式市場は、今日も堅調だ。

2016年10月18日 12時30分44秒 | 経済・株式篇


     東京株式市場は、今日も堅調だ。



 わが神菊地研一郎君が電話をくれて、
 指示に従ってあれこれいじった。
 アパッチオープンオフィスに変更して、
 Windows10によるワードの狂いは直った。
 らしい。


 しかし、

「これで、もう大丈夫かな?」
 と訊いたなら、
「私なら大丈夫ですけど、
 世川さんの場合は、
 今の処理をきちんとやったとは思えませんので、
 またどこかでおかしくなるかもしれません。」
 との答え。
「そうか…、」



 こいつは、
 自分が、僕に対してどんなに失礼なことをしゃべっているかの自覚が、まるでない。
 1%もない。

 たとえ、それが事実だとしても、
 もっと他に言いようはないのか。菊地研一郎!

 ネ。


 iPadは、午後アップルに電話して、
 再度、初期化に挑戦する。


 プリンターのインク交換は、
 インクの置いてある場所がわかり、 
 やってみたら簡単だった。


 あとは、FAXだけだ。

 だいたい、
 今回の引っ越しは、
 一番最初に、FAX移行の予定日を決めて、
 それに合わせての引っ越しだったが、
 あれから1カ月半が経つのに、
 まだ完了しない。

 FAX 番号が決まらないので、名刺も作れないし、
 佐賀先生から、「まだなんですか?」と何度も催促されるのだが、返事のしようがない。

 こんなことなら、この部屋の電話の利用申し込みをすればよかったな、と後悔しているが、
 今さらどうしようもないので、ただ待っている。
 こちらが問い合わせるまで何も言って来ないし、
 何度も何度も問い合わせの電話をするのも、もう嫌気がして来て、
「頼む相手を間違えたなあ。
 これも研一郎に頼んでおけばよかった。」
 後悔のため息をついている。


 でも、まあ、4つのうちの3つは解決なので、
 また、精力的に作文に向かおう。


 今日の東京株式市場も、堅調に推移している。
 日経平均は16900円台の値固めに入った感じだ。
 ここいらで存分に揉んで、
 本格的な17000円回復に向かえば、理想的だ。


 今日は、門下生の売り残した銘柄Cの半年期日の敗戦処理を手伝っていて、
 朝から忙しい。
 半年期日で、もっと下げて来るかと思っていたのに、それほど下がらない。
 これも、市場の買いエネルギーの強さの表れなのかもしれない。
 投げた株数の倍の株数を買っておけば、
 いずれ損は取り戻せるだろう。

 狙った銘柄は、下げたら買い。噴いたら売り。
 いつも言うことだが、今年はこれに限る。


 昨日結構上げた銘柄Dは、
 午前中弱そうなふりをしていたが、
 前引け前から、上値を窺う気配を見せてきている。
 やがて、また、上に向かって走り出すことだろう。

 まだ火曜日なので、
 今週は、上げたり下げたりしながら、再度17000円を奪回したらいいな、と思ってみているが、
 はたしてどうだろう?

 今日の4時半に東証の信用残の発表がある。
 その内容次第では、
 明日飛び出して来る銘柄があるかもしれない。
 信用残の結果に要注目。

 以上。




『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ボブ・ディランとノーベル... | トップ | 新潟県知事選の結果に。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL