goo

高値面合わせ銘柄に思う。


    高値面合わせ銘柄に思う。


 日経平均が、あっさりと17000円を抜いて終わった。

 問題は、
 この17000円奪取が、これまでのように、またすぐにヘタるのかどうかだが、
 僕は、
 当然、また、割ったり奪還したりを繰り返すかもしれないが、
 今度は少し強気に見てもいいのではないのか、
 と思っている。


 エアコン大手企業にダイキン工業という日経平均採用銘柄があって、
 3年くらい前の5000円台からからずっと見ているのだが、
 1年半前に1万円一歩手前まで行ったが後急落して、6000円台にまで下げた。
 しかし、
 それから上げたり下げたりを繰り返しながら徐々に切り返し、
 今日、9959円の高値を取ってきた。
 俗に「高値面合わせ」と言われるやつだ。


 アベノミク相場で上げて、昨年末から今年の下げと調整で低迷していた日経平均採用銘柄が、
 こうやって前の高値を取って来るということは、
 それがたとえ、今は1銘柄か2銘柄であったとしても、
 庶民投資家たちが明日からの東京株式市場に夢の持てるいい兆候だと、僕は思う。

 何故なら、
 このダイキン株の高値奪回によって、
 「また他にもそんな銘柄が出て来るのでないのか?」という期待を庶民投資家は抱くことが出来、
 銘柄物色意欲(=買い意欲)が湧いてくる可能性があるからだ。

 消費ばかりではなく、
 相場にも買い意欲が求められるのは当然であり、
 そうした意味で、
 今日のダイキン株の9959円取りを歓迎した。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« いくつかのニ... 名古屋から帰... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。