世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

「500万円二重取り詐欺」までの経緯 2

2017年06月30日 20時05分17秒 | 港区詐欺集団の解明


 「500万円二重取り詐欺」までの経緯 2




 二枚証文による275万円の仮差押えを喰った僕は、
 2016年の初冬、
 頭に来て、名古屋市の某警察署に相談に行った。


「やられましたね。」
「ええ。やられました。」
「あのね。世川さん。
 こういう連中のことを知能詐欺集団と言うんです。
 おそらく、青山敏夫という男と弁護士はグルでしょう。
 だけど、
 こいつら知能詐欺の連中は、悪賢いから、証拠を残さない。
 あなたの二枚証文詐欺も、証拠がないから刑事事件にはできない。
 民事で争うしかないでしょうね。」
「それはわかっていますので、民事で戦います。」
「ただ、ネ。世川さん。
 こういう連中は、
 悪賢いけど、
 これに味をしめて、必ず、またあなたを狙って、もう一度、詐欺を仕掛けてくるはずです。
 そして、どこかに証拠を残すものなんです。
 その時に、あなた、
 とにかく、証拠になるものを見つけなさい。
 その証拠が手に入ったら、その時は、ここに来てください。
 警察は国民の味方ですから、あなたを助けますよ。」
「そうですか。証拠ですね。
 わかりました。今度お邪魔する時には、必ず証拠を持ってきます。」


「それとね。
 青山敏夫という男。
 革マルにいたって話ですが、
 そういう男は、
 革マルを抜けたふりして、革マルに資金を提供するってケースが多いんです。
 抜けたなんて話を鵜呑みにしちゃいけません。
 あの男の金の流れで何か情報でも入ったら教えてください。
 うちは、むしろ、そっちの方に関心がある。」
「わかりました。
 情報が入ったら、お知らせにあがります。」


 というような話をして、警察署を出た。
 そして、京都の佐賀千恵美先生にお願いして、民事訴訟の運びとなった。


 この時、
 仮差押えを出してきた弁護士の名を見たら、
 青山敏夫が、
「あいつは俺の仲間だ。
 やり手の弁護士でな。
 ヤバいことはあいつに任せておけば、全部きちんと片付けてくれるんだよ。
 仕手戦の法的なことは、あいつに任せておけば安心だから、心配するな。」
 と自慢そうに吹聴していた、
 虎ノ門の「篠崎・進士法律事務所」の篠崎芳明弁護士の名が書かれていた。


 それを見た僕が、この日記に、
「篠崎芳明のお出ましか。」
 と書いたら、
 笑わせるじゃないか、
 この詐欺師グループ、
 慌てて、次からは、篠崎芳明の名をおろして、
 石黒一利とかいうダミーの若造弁護士に代理人を変更したのだ。


 そのようにして、
 2枚証文詐欺訴訟が始まり、
 僕の方は、
 青山敏夫が未払いにしているナイルスナイルの原稿料と、
 福田智子が返してくれないゆうちょ通帳と印鑑、
 そして、僕が受け取っていない株式売買益の報酬金、
 それらを求めての訴えをして、先日までの1年余を過ごした。

 ちなみに、
 僕が、支払いを求めている未払いの報酬金の金額は、
 仮差押えの根拠の金額になった275万円よりも、
 ずっとずっと、ず~っと高額だ。



       (続く)






『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パチンコするなら、彦根「ICH... | トップ | 「空売り屋」への感謝 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL