goo

朝のニュースに  3・21



       朝のニュースに  3・21




 三日間パソコンに向かい続けだったのが効いたのか、
 昨夜、
 豊橋のOさんに電話してもいい時間を待って、
 BENICHU38の水割りをチビリチビリと口にして、DVDを観始めたら、
 あっという間に眠りに落ち、
 眼が覚めたら、午前4時前になっていた。
 よっぽど疲れていたのだろう。


 起きて、ネットニュースの「政治欄」を見たら、
 トップ記事が、「AKB48総選挙、今度は沖縄で開票」とあった。
 まあ、今の「政治」って、ここいらの位置か。
 すんなりと納得できた。
 蓮舫もAKB48総選挙に立候補しているのだろうか?


 その蓮舫が、稲田とかいう女防衛相に、
 「潔く!」と辞任を迫ったそうな。馬鹿らしいので、記事は読んでいない。
 人に潔さを迫らせたら天下一品の女だな。
 頼むから、お前も、二重国籍事件ウヤムヤの責任を取って、「潔く」党代表を辞任してくれよ。
 そう言わなきゃおかしいところだ。

 この女くらい、何を叫んでも全部自分に跳ね返ってくる女も珍しい。
 世間の注目を浴びるために、わざとやってるのだろうか?
 クラリオンガールだった頃の癖が今も抜けないのかもしれないな。


 東京都はまだ「小池祭り」の真っ最中らしく、
 支持率が79%だそうだ。
 ということは、石原慎太郎を擁護するのは、最高でも21%しかいないわけで、
 慎太郎も大変だ。


 その慎太郎関連記事で、
 どこの馬鹿記者が書いたか知らないが、
「石原慎太郎氏、「脳梗塞の後遺症で平仮名も忘れた」百条委で告白」
 なんて見出しを書いている。
 なにが「告白」なものか。
 これは、「逃げを打った」と書くべきものだが、
 この記者は、そんなこともわからないみたいだ。
 この子程度の記者の書いた記事を読んで、大勢の人がワイワイペチャクチャしているのかと思うと、
 阿呆らしい気もする。


 僕は、石原慎太郎の作品では、『処刑の部屋』という短編小説が一番好きだったが、
 今の東京は、まさに、石原慎太郎に対する「処刑の部屋」だな。
 矜持を胸にぶらさげて生きてきた石原慎太郎、
 まさか、政治家としては眼中にも入れてなかった大福餅にここまでやられるとは、思ってもいなかっただろう。
 竹槍はいつも、どこの木陰から飛び出してくるのかわからない、その典型だ。


 当分は、石原慎太郎がどんな正論を吐いても、全部マイナスにしか作用しない状況が続く気がする。
 今でこそ称賛されているが、故田中角栄が逮捕された時の日本も、こんな光景だった。
「問答無用。神妙に縛につけ。」
 大衆の「魔女狩り」の前では、「論理」は無力だ。


 この「論理の通用しない勢い」というのは、戦前からの日本国民の得意技で、
 「勢い」をつくって、うまく操作した者が「時の覇者」になる。
 戦前は軍部だったし、
 戦後日本では、その座を狙っているのはマスコミと高級官僚だろう。
 この国の民は、それに見事に乗るから、感心する。


 昔、木枯し紋次郎が言っていた。
「あっしには関わり合いのねえことでござんす。」
 まあ、そう生きるのが一番無難か。



 ニューヨークダウは8ドル安。
 為替は変わらず112.56円。
 日経平均先物は、19300円前後。
 今日の東京株式市場は小安く始まるかもしれない。
 その場面を想定して、
 門下生たちに、「信用枠を空けて、週末には入れ!」と伝達しておいた。
 下げてきたら買い。
 9時からは、そっちの方で少し忙しくなりそうだな。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 海外出張出発... 3・21 東... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。