世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

これが<悪態幽霊>という珍獣だ。

2017年06月02日 09時31分33秒 | 悪態退治篇


    これが<悪態幽霊>という珍獣だ。




 「コメント欄」に公開しておいてやったが、
 あれが、この「放浪日記」名物の<悪態幽霊>という珍獣だ。
 名無し。タイトルなし。悪態。
 その三つが特徴だ。
 まあ、AmazonVINEメンバーたちのように、「Amazon!」なんて「権威の印籠」で自分を高く見せようとしないだけましな珍獣だが、
 お下劣なとこだけは、共通している。


 最近は出てこなかったが、
 今度の騒動で、
 「やっと俺にも出番が来た!」と判断したらしい。
 相変わらずめでたいやつらだ。


 <悪態幽霊>にもいくつかの部族があって、
 長いつき合いなので、
 どの落書きがどこの<悪態幽霊>部族のものかくらいは、
 その「文体(それほど高尚なものではないけどね)」でだいたいわかる。


 こういう書き方の<悪態幽霊>の部族は、
 かつての「世川殲滅部隊」の生き残りと、
 「空売り屋」と名乗る男の部族だ。
 似たようなところに屯していて、一人が書きだすと次から次とやってくる。
 特徴的なのは、「警察に逃げ込むのは臆病者」という発想と表現が好きなことだ。
 警察に相談に行った、と書くと、
 必ず悪態を送ってくる。


 あの「ごらいあす」も、今に、こういう<悪態幽霊>の仲間入りをして、やってくることだろう。


 僕は、もう、10年も、<悪態幽霊>とのつき合いをしているが、
 新しい読者の皆さんは、ご存じないだろうから、
 本日は、この珍獣の落書きを公表しておいてやった。
 参考までにコメント欄を覗きに行ってやってくださいな。

 こんな阿呆だらけで、
 日本のネット荒野の将来はどうなるのだろう?
 不安だなあ。






『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ごらいあす」。また消えち... | トップ | 出番欲しさに、また馬鹿が来た。 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-02 10:07:09
結局本人特定できてないんじゃ意味ないんじゃない?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

悪態退治篇」カテゴリの最新記事