世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

<知の最下層>を生きる阿呆たち。

2016年10月12日 11時21分44秒 | 自選 時々への発言


     <知の最下層>を生きる阿呆たち。




 ホント、よく眠った。

 部屋に暖房を入れて眠ったので、疲れた躰には、暖かくて気持ちよかったのだろう、
  昨夜11時から今朝の10時まで、11時間も眠った。
 途中で何度か眼が覚めたが、
 躰を起こす気にもならず、また眠りに入る、 
 そんな睡眠だった。 
「東京株式市場?
 それ、何だ?」
 みたいな感じ。


 まだ頭がボワーとしているが、
 とりあえず、株価ボードを眺めて、
「これなら上等博覧会。」
 寝起きの煙草をふかした。


 昨日、どこかの馬鹿が訳のわからない悪態を寄越していたので、
 久しぶりに来た悪態落書きだったこともあり、
 公表してやったついでに、iPadで返答を書いて掲載したつもりだったが、
 名古屋から帰ってきて確かめたら、
 その文章ではなく、他の文章を二重掲載していて、その文章は消えていた。

 馬鹿について書くと、眼や指が腐り日記が汚れるからやめとけ、
 と、僕の神さまが言っているのだろう。


 それにしても、
 自分は何の見識も論理も持たず、
 ただ、他人をけなしたい一心で、
 名無しの権兵衛で意味不明の悪態をなげつける精神。
 これこそ、団塊ジジババの遺産だな。
 「無惨の再生産」。


 こんな馬鹿でも、なんとか社会に生きていられるのだから、
 平成日本は、まさに天国だ。


 男には、
 絶対にやってはいけない卑怯、
 というものがあるのだが、
 「ナイルスナイル」の社長職を何度も自分の女ととっかえひっかえしている青山敏夫や、ヤクザまがいの法廷外行動をとって恥じない山谷彰宏弁護士からこいつらまで、
 平気な顔をして、それをやる。
 「無惨の拡大再生産」。
 まさに、「団塊ジジババの遺産」だ。


 こいつらの阿呆というのは、
 こいつらの親の阿呆の鏡だ。
 こいつらの親が、こいつらに何も教えることをしなかったから、こいつらが阿呆に育ち、
 阿呆に育ったこいつらが、また、我が子に何も教えないから、
 この世にバカや阿呆や卑怯が、三代続けて拡大再生産される。
 この国の<知の最下層>では、
 現在、
 目を覆いたくなるような「無惨の拡大再生産」が繰り返されている。


 なにがHN(ハンドルネーム)だ。

 僕たちはダンプの運転手ではない。
 氏名住所肩書を明記した名刺を持って人さまに渡して生きている、れっきとした社会人だ。
 あまりにお粗末で、人さまに職業や氏名を名乗るのが恥ずかしいのか、
 退職して名刺がなくなった身なのか、
 どっちなのかは知らないが、
 年金手帳にも氏名はある。
 それが名乗れない精神の持ち主が、名を隠して他人を非難するなど、
 一般社会では、笑止千万だ。

 <知の最下層>しか歩けない分際で、
 この日記に悪態をつきにやって来るなんぞ、
 おこがましい限りだ。

 失せろ。




ジャンル:
文化
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋から帰ってきた。 | トップ | 愛知県弁護士会殿。よく見て... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-12 12:49:46
「僕たちはダンプの運転手ではない。
 氏名住所肩書を明記した名刺を持って
人さまに渡して生きている、れっきとした社会人だ」

ダンプの運転手になるには氏名住所が
明記された免許証が必要ですが。

あの人たちはれっきとした社会人ではないのですか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL