世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

<新春特別企画>大爆笑! 「富裕層のための情報誌・ナイルス・ナイル」、原稿料不払いシステムの内幕(1)

2017年01月03日 13時09分13秒 | 「ナイルスナイル」オーナー青山敏夫との戦い



 <新春特別企画>

    大爆笑! 
   「富裕層のための情報誌・ナイルス・ナイル」、
    原稿料不払いシステムの内幕(1)






 昨年、僕は、
 「富裕層のための情報誌・ナイルスナイル」を発行している
 「ナイルスコミュニケーションズ」の現社長である福田智子に、
「未払いの原稿料87000円のうちの未払金50000円を払え。」
 という裁判を起こして戦ってきた。


 僕の請求に対して、
 2013年末当時代表取締役社長であった青山敏夫君は、
「世川にそのような依頼をした覚えはない。
 したがって、
 原稿料支払いの義務はない。」
 と一貫して主張してきた。



 僕たちは、黙って、ナイルスコミュニケーションズの言い分を聞き続けてきた。
 ネット世界で「富裕層のための情報誌」と銘打って派手な宣伝をやっている会社の手法の実態を知りたかったからだ。



 11月になって、
 東京地裁から、僕たちに対して、
「何か証拠がありますか?
 あったら提出してください。」
 との要請が来て、
「世川さん。
 そろそろ一つくらい証拠を提出しますか。」 
 ということになった。
「でも、
 これを出したら、青山敏夫、何と反論してくるんでしょうね。」
「多分、
 それは何も知らない部下がやったことで、
 自分は世川に執筆なんか依頼していない。
 そんなことを言って、部下に責任を押しつけるんでしょうね。」
「まあ、そんなとこでしょうね。」
 そういった会話を交わして、
 証拠を一つ、出した。


 その証拠というのは、
 「ナイルスナイル」の編集担当社員の深山という女性が、
 僕宛に、
「いい原稿をありがとうございました。
 原稿料の請求書を送ってください、
 総額87000円です。」
 そう書いて来たメールだ。
 写真を掲載使用と思ったが、
 いまは、見つからないので、次回、掲載する。


 さて。
 皆さま方よ。


 僕の提出した証拠メールに、
 われらが期待の星、青山敏夫君が、回答を出してきた。


 読者諸氏。
 聞いてやってくれ。


 その反論によると、
 それまでの、
「世川にそんな依頼はしなかった。」が、
 あっという間に消え、
 執筆依頼は認めた。


 が、
 今度は、


 青山敏夫君。
 港区南青山骨董通りに所在するナイルスコミュニケーションズの1フロアの事務所内で仕事をしている人物を、
 人には、
「うちの社員だ。」
 と紹介はするが、
 実は、その人物は、
 なんと、
 なんと、
 なんと!
 江戸川区に本社のある別会社の社員で、
 港区のナイルスコミュニケーションズの事務所を借りて仕事をしているだけで、
 「ナイルスナイル」の原稿料に関しては、
 江戸川区の別会社の方に責任があって、
 ナイルスコミュニケーションズには、責任がない。


 とまあ、
 これが今回、
 ナイルスコミュニケーションズのオーナー青山敏夫君が、
 これまでの主張を転換して、
 公けに向かって答えた主張だ。


 素晴らしいではないか。この回答。


 読者諸氏。
 この光景を冷静に想像してみてくれ。
 僕、世川行介は、
 行ったこともない江戸川区の会社の出張社員の要請で、原稿を書いたらしい。


 一般常識から考えて、
 この原稿料不払いシステムは、
 笑える。
 

 われわれも、
「この手で来ましたか。」
「なるほどね。」
 大笑いさせてもらった。


 なんだ。
 僕、
 やっぱり、「ナイルスナイル」から原稿を頼まれていたんだな。
 最初からそう言ってくれたら、裁判なんか無用だったのに。


 「富裕層」ってのがどんな層なのか、
 貧乏な僕にはまるでわからないけれど、
 「富裕層」相手の会社って、ユニークでいいな。
 あそこの執筆者、
 みんな、ちゃんと原稿料をもらっているのだろうか?
 他人事ながら、ちょっと心配。


 少し長くなった。


 続きはまた書く。
 新春にあたって、
 まず第一弾だ。


 青山敏夫。
 福田智子。
 ナイルスコミュニケーションズ。


 今年はトコトン苛烈に戦おうぜ。

 僕のこれから出す証拠にたじろいで、
 お前らがそれまでの主張を必死で訂正していく姿を、
 逐一ここに報告してやる。
 お前たちが大好きな「富裕層」の人たちに、
 主張を醜く変えていくその様を、
 たっぷり見てもらうえ。


 今日は以上だ。



 
   
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 株式市場のこれからに思う。 | トップ | さあ、今年もがんばろう。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL