世川行介放浪日記

日々の雑感。
昔話。
時事問題への言及。
歌謡曲篇。文学篇。
漫談。
たまに女篇。
2年に1度は愛欲篇

絶好の拾い場だったな。

2016年10月13日 15時22分31秒 | 近況報告篇


       絶好の拾い場だったな。




 今日は、朝から、
 『五右衛門奇伝』の原稿書きと、
 対青山俊夫戦と対包山春吉戦の準備書面の確認で、
 結構忙しかった。

 世川秋の陣だな。


 日経平均が、16800円を割って来て、
 模様眺めの相場の中、
 臆病投資家の小口の投げ物で、
 どの銘柄も少し下げて推移した。


 僕は、自分の推奨銘柄しか関心がないから、
 この間、すっ飛んで、だけどその日に下落線をつくった推奨銘柄Dが、
 思ったとおり、10円下げて来たので、
「ほら。ここが買い場だ。
 安値を拾え。」
 門下生たちにそう教えた。


「下げてますけど、
 相場、大丈夫でしょうかねえ。」
 と誰かが訊いたので、
「他の銘柄のことは知らないよ。
 しかし、推奨銘柄のBとDは、ここが拾い場だ。
 目をつぶって買っておきな。」
 しつこく言ったので、
 何人かが、
 この間銘柄Dを利食い売りして余しておいた信用取引枠で、
 銘柄BとDを買いに行ったみたいだ。

 それでいいのだ。


 念願の70キロ割れを達成した僕は、
「あと2キロ下げたら、
 少しは美味しいものを食べよう。
 それまでは、気を緩めずに、減量作戦続行!」
 ということで、
 今朝は、パン1個だったので、
 少し空腹感が出て来て、
 さっき、納豆を1パック食べた。
 なんて貧しい食生活でしょう。


 ここ数日彦根市内観光をしなかったので、
 今日はグリーンタンクにまたがって、
 若筍の漬物を買ってこよう。


 3時になって、
 相場が終わった。
 日経平均は65円安の16774円。
 ちょうどいい下げだ。

 安いところを拾った門下生たちは、
 明日からがまた楽しみなことだろう。





『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それがどうした? | トップ | 舟木一夫『夕笛』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL