なみもよう

詩やら短歌やらをかきます

痛みの夜

2016-10-15 00:47:14 | 
爪が割れていた、痛みもなく。

背中が軋んで眠気が薄まった。

肺を絞るように息を吐いた、
まだ死んじゃいない、死んじゃいない、
そう唱えるみたいに、眉を寄せながら。

明日は早く起きるね、って、言った。

嘘にならないように、目を瞑る。

布団が刺す、背を刺す、肺を貫く。

まだ死にたくない、死にたくない、
そう唱えるみたいに、息をしている。

夜が更ける、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つま先のアンモナイト | トップ | 足の踏み場のない世界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL