シーソーゲームな毎日

ナースな私とサイキックな私 サイコパスな毎日

病棟の夜

2017-04-19 15:32:41 | 異世界にようこそ
ここのところ、ナースすなふきん投稿が続いているので
たまには怪しい話を書いてみよう。

比較的、みんなからよく質問が来る

「病棟の夜って、怖くないんですか?幽霊とかでないんですか?」

の件についてですが、

幽霊の出ない病院なんて存在しない

が答えです。

もうひとつの答えは

そもそも、幽霊なんて、へっちゃらだーい

かな。

そんなもん怖くて今まで○年(一応伏字)も生きてこれんやろ(笑)。

思春期の頃は怖いと思ったこともあったけどね。



ほとんどの患者さんは病院で亡くなるわけだから、
病院で幽霊が出ないって、そりゃ、なんのパラドックス、って話です。
出るのが普通。

ただ、出方というのが病院によって違う。

なんで死んだのかよくわからない患者の霊がうろうろしてる病院と、
亡くなる方をお迎えする、ちょっと神々しい方々が出入りする道のついた病院があるわけです。

うちの病院は、もちろん後者。

だから選んだ

私が病院を選ぶ理由はそれしかない。

それでも、100%の患者さんにお迎えがあるわけでなく
(病院は患者を選べない)
たまには迷子の患者の霊もいるわけです。


私はガン無視してます(笑)。

当たり前やん。

夜勤中の看護師がどれだけ忙しいと思ってるねん。

そんな暇どこにあるねん。


そもそも、世によくある自称霊能者たちの

「私に話しかけてくる霊の話を聞いてあげるのがたいへんで・・・。」

という意味が私にはよくわからない。

私の人生、

行きずりのお化けにかかわってる暇なんかない



でももちろん、私が看取った患者さんは、お迎えを確認してますよ。


だけどね、前、夜勤の巡回で
(うちの病院は2時間に1回、必ずすべての患者の状態を確認しにベッドサイドを回ります。
生存確認であります。)
ベッドサイドに座って悩んでいる人がいて
声かけようと思ったら、お化けやったという落ちがあった。

(そこの患者さんはちゃんとベッドで寝ていた)

普通に「どうしました?」と声をかけようとして、



の音が出る寸前で気づいて、寸止めしました


あぶなー。

それにしても、お化けを人間と間違えるとは、
いくら夜勤中に忙しいとはいえ、私もヤキがまわったか、と思った次第でありました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダブルおち | トップ | 私の好きな歌姫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。