琴棋詩酒

いろいろ

海外FXと税金対策

2017-05-14 14:08:59 | FX
色々調べてみたのだが、海外FXは税制面でかなり不利だと分かった。主な点は以下のとおり。

・他の所得との合算で総合課税となる。
 大きく儲ければ累進課税となり、国内FXの分離課税20%と比べ不利となる。
  
・損失の繰り越しが出来ない。
 単年度での雑所得となり、過去の年の損失は通算出来ない。

・国内FXと損益の通算が出来ない。


一般論では、国内FXにした方が得だという結論に傾くが、現実はそうでもない。例えば、以下のケースでは今後の方針をどう考えるか?まぁ、私のケースに酷似してますが(笑)

平成27年 国内FXで10万円の損失

平成28年 国内FXで 5万円の損失

もし、平成29年も国内FXを続け、20万円を超える利益が出るなら、確定申告により過去3年分の損失が控除される。しかし、私は後述の理由から国内FXを続ける気は無いので、このセンは無い。

では、平成29年は海外FXで勝つ見込みの場合はどうか?私は普通のサラリーマンで他に雑所得が無いから、利益が20万円を超えなければ面倒な確定申告の義務は無い。そして、利益が20万円弱出れば、過去の損失は消せる。

大きな利益が出るなら国内FXの方が有利なのだろうが、現実的に100万円単位での利益はあり得ないし、それを求めるのはリスクが大きすぎる。


国内FXのデメリット
・追証が発生するリスク
・マーケットメーカー体質(いわゆるノミ業者)なので、投資家の利益と相反する。
・証拠金が掛かりすぎる


確かに、税制面など考慮する事項は多々あると思う。そこで重要なのは、リスクの大きさだと思う。「先ずは生き残れ」とは良く言われるが、数年の1回のショックで追証が発生したら、そこでゲームオーバーになってしまう。

そして次に勝つための方策を練る訳だが、そのフィールドはクリーンであって欲しい。負けた時に悔しいのは、裏で汚い工作があった時だ。それが無ければ、潔く反省し、次のステップに進める。国内FXでは、そうした投資家目線が欠けている。

レバレッジが25倍しか効かず、海外と比べて多くの証拠金を預ける必要があるのは、投資家ではなく、国内FX業者を保護するためだと思う。

そんな訳で、海外FXを続けようと思う。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トレード結果など | トップ | トレード結果など »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。