『7転ビ8起キ』 by背番号7

GARNET CROW・倉木麻衣等音楽&野球関連&最近は旅行記も充実してます。ハートは熱く頭はクールに。時事川柳も♪

GARNET CROW 『THE ONE』で振り返る思い出(黎明期編)

2013-05-29 20:53:33 | GARNET CROW
ここ最近ずっとからっとした天気で過ごしやすかったんですけど
今日はじめっとした天気・・・。
名古屋あたりまですでに梅雨入りしてるみたいですが、
どうやら関東も梅雨入りした模様。。。


さて、先週発売したGARNET CROWのベストアルバムですが、
フラゲすることもなく、あまり気に留めておらず・・・「あ、そういえば」くらいの感覚で
先日の東京公演の会場でGET。

目新しさもなく、これまでのファンにはとりわけ食いつく要素が少ないアルバムなんですが、

同封されてる特典映像のコードもありますし、やっとオープン。




せめてフォトブックくらい入っててもいいんでしょうけど、
歌詞カードもいたってシンプル。

ただ逆にこのシンプルさゆえに
初心に戻ってフラットな気持ちで聴き返せるかも。

歌詞カードって見ながら聴くってのは
意外と発売したてくらいなもんなので、聴きなれた曲も新曲みたいな新鮮さがあるのが不思議。

で、歌詞の上の方にジャケット写真とリリース日が書いてあるから、
「あの頃はあんなことがった時だ」って自分史と照らし合わせながら聴ける楽しみ方も。

曲もリマスタリングしてるみたいなんで、いつもと微妙に雰囲気違うかも。
いや、これは新しいPCのいいスピーカーから聴いてるからか?(笑)



でね、この3枚のCD・・・
前・中・後期ともいえるGARNETの歴史を振り返りながらぼんやり思うわけです。

この歴史と自分の歴史を合わせながら
この3枚のCDを「黎明期編」「飛躍期編」「円熟期編」と分けてちょっと語ってみたくなりました(笑)


*****

「自分が最初にGARNETの曲に出会ったのが2001年の4月あたりで、
記憶にあるのが『Last love song』がTVタックルのエンディングで流れてた」ってことなんですよね。

出会いは
ZARD、B'z、小松未歩、宇徳敬子ら他のアーティスト目当てでコナンの最初のテーマ曲集をレンタルしたこと。

運命の1枚ですね。

その中で異彩を放っていた見慣れないアーティストが・・・このグループ何者だ???って知らず知らずに引き込まれている。
コナン自体をまったく見たことない自分にはほんと衝撃的といいますか
不思議な魅力に惹きつけられたんですよね。
気づけば、このアルバムの中で「ミスアイ」「夏の幻」ばかりヘビロテしてるという(笑)

当時我が家ではインターネットをつなぎたての環境で
まだダイヤル回線ですから、深夜の安い時間帯にGARNETのホームページを閲覧した記憶があります。
当時は、エスカレーターみたいなデザインで各項目ごとに階が分かれてて移動するみたいなやつ。

当時大好きだった小松未歩さんのアレンジしてる古井さんがメンバーにいるんだ!!
ってことで急に注目をするようになり

1stアルバムをレンタル。

レンタルとはいえ、基本は流行に沿った「衝動借り」せずに狭く深く楽しむ自分にとっては
この2曲しか知らない、謎めいたアーティストのアルバムを借りるのは
少々勇気がいった記憶があります。

案の定
1曲目の「水のない~」を耳にした瞬間
「うわ~~なんだこのシュールな雰囲気の曲は」ってことで
あんまり馴染まなかったんですよね。

これぞGARNETの初期の象徴ともいえるような独特な濃いワールドですよね。
ベタなノリでもなく、自己満足なチープな単語を羅列してとりあえず曲にのせてみたって詞でもなく、
クールさの中にもしっかりとした世界があり・・・いままで聴いてきたCDにはないタイプ。
そもそも歌声が中性なところも不思議な世界を醸し出す要因だったのかも。

で、当時の自分にはすっと入り込んでこず
しばらく寝かしておく(いわゆる放置)。


その後
テレビで『Last love song』が流れてきて、「あ、GARNETだ!!」って思うも
いまいちピンとこずにスルー。

そして
2002年春、

「夢みたあとで」リリース後にMステに登場。

もちろん気になっている存在なので生放送を観た記憶があるんですけど、録画はせず。
テレ東のモー娘が出てた音楽番組とかにも出て歌ってた記憶が鮮明にあるんですが、
これまた録画はせず。

この一連の「夢みたあとで」時期、
大ファンになるのに間に合わなかったのはほんと後悔してますね。


そして、
2ndアルバムリリース。

新作に伴い、寝かせていた1stアルバム(をダビングしたMD)を引っ張り出してみる。

1年弱寝かしていたら「水のない~」がすっと入って来て急に心地よく感じる。
これぞ「スルメ系」アーティスト、時間をかけるほどに良さがじわりじわり来るってのを
目の当たりにする。

2ndアルバムも1stほど時間がかからずに抵抗なくハマる。

というところで

春先から
すぽるとのテーマに「スパイラル」が登場。

毎日見てるような番組にGARNETが起用されてることにびっくり。

俄然オープニングが楽しみになる。

序盤静かな滑り出しで徐々に躍動しはじめ
サビでの炸裂するこの曲が
まだリリースが決まっていないっていうのにすごい気になりはじめる。

リリースを心待ちにしたら
ようやく8月に決定(1回リリース延期したっけ?)

満を持して視聴(←いまだレンタル)

キターーーーーーーーーーーーーーー!!

ヘビロテしまくり、ようやく確信を持ってのGARNETファンの仲間入り!!!!


でね、最初レンタルしてスパイラルだけダビングしたものの

「カップリングもダビングしとけばよかった!」

と再びレンタル。

で、その際延滞してしまい

結局2回のレンタルに、延滞を含めると

「新品購入した方が良かったんじゃね??」

ってことに^^;(←結局のちにライブ会場で新品購入)


このスパイラルはちゃんとMステ録画していまだビデオテープに保存してありますね。

日テレの深夜番組でもこの曲披露してくれたのに
録画の予約忘れて、オンエア寸前に思い出し、TVつけたらちょうどGARNETが始まるところで
音楽始まったら部屋にゴキブリが出てきて

結局、録画もできないだけでなくオンエアも中途半端な記憶しかないとう・・・悔しき思い出(笑)


んで、当時聴いていたTBSラジオにて
ゆりっぺと七さんが出演してくれて、そこではじめて1stライブの案内を聴き、
プレオーダーで申し込み当選!!!

こうして、いまは無き赤坂ブリッツでの1stライブに参加、
ファンクラブにも入会することに。


ゆりっぺも七さんもどっちがどっちなのかも分からない初心者ファンながら
このライブに滑り込めたことは、ファン歴に花を添えるというかほんと誇るべきことですね。

このライブDVD、ほんと傷だらけになるくらい聴きまくりました(今も聴いてますが)

まぁ、1stの追加公演にちょっといろいろ忙しい時期ゆえに行けなかったのはちょっと後悔ですけど。



この1枚目のCDの最後の方の曲で
なんとか思い出を築けました・・・。

そんな黎明期の曲の思い出です。

こんなことを思い出しながら、
自分がほんとのファンになる前の「空白期」にリリースされた
作品を改めて歌詞見ながら味わうと、違った色が見えてきて新たな発見の連続。

リリースを待つ楽しさも含め、
現在進行形で作品を楽しむのに勝るものはないんですけど、

こうして振り返って味わうのもありですね。
「こういうこと言いたかったのか?」とか
「ここの表現が絶妙だなあ」とか
当時に気づかなかった発見がいまだできるってのもGARNET(七さん)の素晴らしさでもありますよね。


しかし、
2000年のデビュー後、
実際にファンと確信できるようになる「スパイラル」まで
たった2年数か月しかないのに、

その間にリリースされたシングルが10枚って・・・
全シングルの約3分の1にあたるのがこの2年ちょいの間なのか・・ってことにびっくり。

自分にとってこの「空白期」、
短いようでとんでもなく長い時期です。


続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GARNET CROW livescope ~THE FINAL~ @東京

2013-05-26 07:10:15 | GARNET CROW
GARNET CROWのファイナルツアー
東京国際フォーラムへ行ってきました。。。

セットリストや演出等のネタバレはしないつもりです。

(もしコメント書いてくださる場合も全公演終わるまで公演詳細についてはご遠慮ください)


***

さてとうとうやってきてしまいました。

今回の3公演、すべて見届ける予定でいたため
ファン仲間にお願いして全公演のファンクラブ枠を確保。

私は東京公演を申し込み。

先日届いたのを見て興奮。


GARNETライブ史上最高タイの5列目!!!

過去も同じ国際フォーラムのベストツアーで5列目GETしたんですけど、
ここ一番でありがたい席頂戴しました!!
しかもセンター付近。

1列目っていうのを一度味わってみたかったんですけどね~(←すぐ欲が出る)

とりあえず喜んでもらえるはずと同伴者のケンタさんに連絡。


そして当日。

12時からグッズ販売だっていう連絡あるけど、
結局到着は14時頃。


それでもいつも開演ギリギリに滑り込む自分にとっては記録的早さ。

というのも、
あとから到着するケンタさんにグッズの購入頼まれてたのもあり、
それと
びっくり価格の「カレイドスコープ」も気になってたんですよね。

そんなんでちょいと早めに家を出発。


国際フォーラム到着。



ベストツアーに、シンフォニックコンサートに、2010+ツアーと
10周年の2010年立て続けに行われ、
そして今回。

この会場ではこれで見納めか・・・
って思うとちょっとしんみり。


会場のホールA前にて



「~THE FINAL~」の文字にさらにしんみり。。。




GARNETライブに限らずこんなゆとりある時間に入ったの初めてだな~。


まだ14時過ぎだってのに、グッズ会場かなり盛り上がり見せててびっくり。



ぬおっ、限定販売とはいえもうあの高価なカレイドスコープが売切れてるとは!!


10分くらい並んだのち品定め。。。

カレイドスコープ用の資金が浮いたので、
代わりに長財布買ってもうた・・。
財布ほしかったんだけど、白って汚れが目立ちそうなのがネックなんだよな~。
とりあえずは過去のライブチケット入れにでも使うか(←ぜいたくな使い方)

カード払いだから財布の現金と相談せずポンポン頼んでたら、
自分用以外のもあったけど、会計5万越えたぞ(笑←笑えないか)

ついでに
買ってなかったベストアルバムを調達。
ポスターもGET。

すでに正月の福袋持ってる人のごとく両手にいっぱいの荷物。

ジャケットのマグネットのやつも気になる。。。





全63種類だっけ?


奮発ついでに10個購入。


やべー「百年の孤独」かぶった!!!




「花は咲いてただ揺れて」もかぶったかと思いきや
ジャケット違いで助かった。。

コンプリートセットで31500円だって
さすがにこれは強烈・・・けど買ってる人見かけたな~。

大阪でも少々やってみて、かぶったやつは誰かと交換しよう(笑)

全然知らない人から
「インディーズのアルバムかflyingの出たら交換してもらえませんか?」
って声かけられて快諾したけど結局出なかったな~。


しかし、ライブってのは
純粋にメンバーの公演を味わうだけでなく、

こうしたグッズ購入だったり、
ファン仲間と交流したり、
はたまた遠征先で観光したり、

いろんな楽しみがあるんですよね。


この日も
いろんな方に声かけていただけてびっくりですよ。
ファイナルともあってある種ファンもオールスターというか同窓会みたいなのりというか(笑)

つい数年前までは
一人参戦でしたけど、
知らぬ間にファン仲間が増えてる自分。

さらにはどちら様だっけ?って方からも
「背番号7さんですよね?」って声かけられるまでに(笑)


基本、自分は伏し目がちで歩いてるんでめっちゃ視野が狭く
自分から声かけるなんてことまずしない(できない)んですが
皆さんよく見てるな~と、驚きと同時に嬉しいものですよね。


ブログの検索でも
「GARNET CROW 背番号7」
とかも多く

「GARNET CROW 7転び8起き」
なんてピンポイント検索も(笑)


なんか一応ファンの中ではある程度認識されてるのかな(笑)

これも10年以上の軌跡ですかね。


ケンタさんも合流して
会場まで2時間程度あるのでマックへ。


となりの席に来たお姉さんも
ガッツリGARNETグッズをまとったファンでちょっと嬉しくもあり。


そんなこんなで
あっという間に18時になり会場へ。


開場の列で少々待たされたものの、

グッズも買わなくてもいいし
18時15分くらいには着席してたかな?


5列目めっちゃ近い!!!

へたするとちょっと首がつかれるくらいかも。

前列も女性だったから壁になることもないし視界良好。


そうして
ライブ開始!!!


(中身は割愛)



22時過ぎ
ライブ終了~~。


大きい会場だってのに
ライブ終了後も
いろんな方に声かけていただけて
ほんと嬉しかったですね~。


まだまだ会えなかった人たくさんいるんでそれが心残りなんですけど。
大阪で会えるチャンスもあるのかな??


その後
近所の居酒屋でケンタさんと飲み&食事。



からの

朝までカラオケ大会(笑)


新橋まで朝の散歩をしつつ
6時過ぎにケンタさんとお別れ。


眠気をこらえつつ
8時頃に帰宅。


東京公演の模様を公演を抜いて書いたらこんな感じです(笑)


残り2公演か・・・

アットホームなライブに加えて
ファンもアットホームだからな~~
(最近は濃い~人も増えてきたようですけど、他のアーティストに比べればかわいいもんで)

こういう交流というか楽しみも無いのかと思うと寂しいですが、
東京公演以上にさらに全身全霊でライブを楽しみたいですね。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

いざ参らん!

2013-05-24 19:02:49 | ちょいでか独り言
GARNET CROWファイナルライブ@東京国際フォーラム

いよいよ開始。


グッズ大人買いしてもうた(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベビースターつながり

2013-05-24 02:53:23 | ちょいでか独り言
懐かしいパッケージに誘われて

気づけば、ハリボーのコーラグミとレジへ向かっていた(笑)


このキャラ「ベビーちゃん」ていうのか。初めて知った(笑)

自分が小学校高学年か中学生くらいの時にデザイン変わって
いろんな味が出たんだよな~。


味噌味とかカレー味が好きだったんだけど今もあんのかな?


長年愛され続けられてるものっていいですよね。


「久々にあの店行ったらまだあのおじさんいたよ」

とか


「そういや、この場所であの人とこんなことしたな」

「あの時あんな心境だったな」


些細なものや景色で蘇る思い出。


それはたとえ安いお菓子だろうが関係ない。


「今」が「過去」になり
その時を生きた確かな証として「未来」へと受け継がれていく。
そして「未来」から「過去」を振り返るときに、これまで気づかなかったその価値や意味が鮮明になる…。


2013年5月24日


13年の歳月の大部分を一緒に味わってきた
GARNET CROWのファイナルツアーがいよいよ幕を開けます。

この曲たちに見守られながら
苦楽をともに過ごしてきた我が人生に不可欠な存在。

いろんなことを思い出ししみじみしたり
感謝したりしつつ

全力でぶつかってくるだろう彼らのパフォーマンスを
全身全霊でしっかり受け止めて魂に刻み付けたいと思います。


来月の最終日はどんな気持ちになるんだろうな…
まだ想像したくない…想像できない。




ベビースターが知らぬ間にGARNET CROWに変わってた(笑)


まぁ

ベビースター



Love lone star





GARNET CROW

ということで(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Garnet Scope vol.042

2013-05-23 01:44:27 | GARNET CROW
GARNET CROWのファンクラブ会報最新号到着。

今回で042ですか・・・。





いつもはポストに入ってるの見ると「お、届いたか!!」って喜ぶんですけど、

今回は「とうとう来ちゃったか」的なニュアンスが強め。


中身もまだパラパラ見たレベルだけど
解散のお知らせやら
13年を振り返っての直筆メッセージやらで
閉店間際のお店のごとくいろんな感情が交錯します。


で、同封されてた中に、
ファンクラブ10周年の記念グッズのお知らせが。

閉店間際にまた豪華なグッズ放り込んでくるなぁ。

でも買っちゃうんだろうな(笑)
会員番号が刻印されてるなんてちょっと泣かせるサービスだな。
大学時代の学籍番号をまだ覚えてるように、
この会員番号もこの先自分だけの番号としてずっと忘れないんだろうな。

そういや、前回の腕時計、バンドの調整できてないから未使用なんですけど・・。


でもって、さらに同封されてたのが、
ライブ会場に持っていく用のメッセージカード。

これって、当たり前のようにさりげなく同封されてたんですけど、
白地の部分に書くのか??それともこのG-netのマークが入ってる方に書くのか??
何の説明もないんだけど・・・。
最後の最後までGIZAクオリティだな・・なんか憎めない存在だけど(笑)


日付変わってファイナルツアー開幕は
気づけば明日!!??


グッズも最後の最後にこれまた超大人向けの高額仕様だな(笑)
いや、大人でもコンプリートできんな。

大阪遠征へ向けてもためておかんといけないし・・・

いろんな意味でため息が出ますね。

次は~ため息山王~~~みたいな(東京メトロダジャレ)


お別れまで1か月無いのか~~。
全く実感ないし、心の準備ができてないよ~~~。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美文字ランキング 実践編 2013.05.21

2013-05-22 00:51:45 | テレビ・ラジオ番組
テレ朝の中居くんの番組で「美文字ランキング」的な企画ありますけど、
毎回興味深く観てるんですよね。

あんな先生に教わってみたいな・・・

ってのもあるんですけど(笑)


自分ならどのくらいいけるかな?
ってのもあるんですよね。

私一応小学校から中学の途中まで書道教室に通っていたのもあるんで
字を書くのは大好き。


急にやってみたい衝動に駆られたので
A4紙を4等分に折り、ゲルインキのペン(0.5mm)をぴっぱりだしてきて
TVを尻目にいざ挑戦。

予選のお題
「家族共々宜しくお願いします」


最初何気なくチャレンジしたら、下がガタガタの状態で書いてしまって
字が波打ってしまったので再チャレンジ(←意地になる)。

まずまずかな。
ひらがなって意外と難しい。


続いて
決勝のお題(筆ペン)
「心躍る五月晴れの毎日」


番組で使ってた筆に限りなく近い柔らかな毛先の筆ペンではなく
初心者にもそれなりに書けるもうちょい固めの筆先のペンだったので
コントロールはまずまずできましたが、

いかんせん、筆ペンは難しい。

書道はやってたけど、この小文字ってのは別物ですからね。
書き慣れてない分、全体的なバランスというか協調がいまいち。
めりはりの無いちょいと幼い字になってしまった。


しかし、最近はパソコンの普及で字を書く機会がめっきり減りましたね。
本気で書くのは履歴書くらいです・・・パソコンで履歴書も出せる時代にもなりつつありますがやはり文字って人柄が出ますから手書きの方が好き。
こういう履歴書もきれいに書けば少しはアドバンテージになるのでおのずと力が入ります。

そんなこともあり
年賀状とかもパソコンソフト全盛ですが宛名くらいは手書きで書いたりしてるんですけどね。←書く相手が少ないだけですが(汗)

あとは、大好きな人へ手書きのファンレターでも書いてみたいものです(笑)



また次回もやってみよう☆
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

銚子名物

2013-05-20 05:22:34 | ちょいでか独り言


土曜日にふらりと千葉は調子にのって銚子まで(銚子ギャグ)行ってきました。

千葉って東京のすぐ隣のイメージですけど銚子までは東京駅から2時間弱ですからね侮れませんよ。

大学時代の野球サークルの合宿で茨城の波崎まで行ったことありますが、
この時下車したのも銚子駅。
川を渡れば茨城県ですからね。

かれこれ10年以上ぶりの銚子です。


そんでもって
銚子駅からさらに東へ。
銚子電鉄の旅をしてきましたよ。


こちらはもちろん初めてですが
いろんな旅番組にも使われる実に絵になる路線ですね。

最近だと、
私が大好きな路線バスの旅の名コンビである太川さんと蛭子さんが
他局のピッタンコカンカンに出て、安住アナと旅してました。
あと別番組で太川さんの奥さんの藤吉久美子さんが旅してましたね。

いつかは乗ってみたいと思ってたんですが縁あって今回初乗車。
6キロちょっとの短い区間ながら
ひとつひとつが映画のセットのようなレトロさやらノスタルジックさやら。

んで、1日券買うと犬吠駅でもらえる名物「ぬれ煎餅」もGET。(写真左)

土産用にもっと買っておけばよかったかな?と後悔したものの
帰りの特急の車内販売で買えました!!(写真右)

この銚子電鉄が製造しているぬれ煎餅の売り上げで銚子電鉄の維持ができてるみたいですが、
この煎餅何種類かあるみたいですね。

前者は「赤の濃い口味」、後者は「青のうす口味」とのこと。

近々試してみようかと思います☆☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京駅なう

2013-05-18 09:40:21 | ドライブ・お出かけ・イベント
おはようございます。

ただ今東京駅。


これからちょいと千葉方面へ旅に出てきます。


旅のお供は
GARNET CROWの曲をシャッフルにて延々と。


しかし
発車の20分前に着いてしまった…。


いつも秒単位のギリギリの戦いを強いられる「背番号現象」とは無縁というミラクル(笑)


早すぎるのも逆に落ち着かない…。

なんか重要な忘れ物でもしてるんじゃないか?みたいな(笑)


ということで
天候に恵まれるように祈りつつ出発!


しかし、ねみーな。
コーヒー飲みながら寝るかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日のちモヤさま

2013-05-16 02:47:27 | さまぁ~ず・「モヤさま」「逆にアレだろ」
PCを新しくしてから、さくさくと好調になりつつあるんですけど、
なんかいろんな設定とかし直さないといけないし、
いらない機能とか作動したりして以前のような仕様からいろいろ変わりすぎてわけわからん。

デスクトップをGARNET CROWの写真にしてたら
ウィンドウズをupdateしたきっかけで「bing」とかいう検索ツールバーが出てきて勝手に写真変わったし(アンインストールして解決)

以前はDeleteキーあったところにNumLockがあるから間違えて押してイラつくし。。


最近一番いらついたのが、
このブログの記事用に、画像に修正かけようとしたら、
ソフトが立ち上がらないし・・・。

JAVAの何とかをインスールが必要ってんで、試したはずなのに

「Wait for initialization to complete」

とか画面が出てきたっきりで、このお絵かきソフト起動せず。。。



まだまだ使いこなせてません・・。

せっかく動きが悪くなったのにいまだブログ更新のスパンがしぶいという・・・。


そんなこんなで、
いろんな予定してた記事を書かぬまま
誕生日を迎えちゃいました。。。


年齢的にも、今おかれてる立場的にも
あんまり嬉しくないんですけどね~~。

まあ一応特別な1日ということで。


せっかくなので、
モヤさまのDVDでも観て明るく過ごしましょうかね。。。

新作DVD!・・・といっても3月に発売したやつですけど、発売日に買ってあんまり観られてなかった。


今作をもって、深夜のオンエア時代の作品がすべて出尽くします。
で、何といっても個人的に一番思い出深いと言っても過言ではありません。

自分のサイコロが採用された南千住が収録されてるんですよね~~~。


おそらく素人ネタだけに、このDVDではカットされてるんだろうなと思いつつも
ちょっとドキドキしながら観てみたら・・・

おー、この公園だよ(笑)
ここでタヌキの毛でできた歯ブラシで寒空の中みんなで歯磨きをするんです(笑)


・・・ってやっぱサイコロ部分はナッシングだ~。
しょうがない。


んで、購入者特典として
応募者全員に届くコレクターズDISCも数日前に到着~。



こっちはまだ開けてませんので、近々開封しますか。



しかし、このサイコロ採用されたのが、
2010年の2月だったかな?

当時モヤさまを家族共用のハードディスクに高画質で録画してためておいたんですよね。
古いのから順々にDVDにコピーしてたんですけど、

数か月後、電化製品とかめっちゃ疎い姉が
誤って初期化するという大事件が発生・・。

コレクションしてあったモヤさまはじめ、
GARNETの貴重なTV出演映像とか全部ぶっとぶという悲惨な出来事が。。。。

が、この南千住の部分は
ちょうどその大惨事の数週間前に
さまぁ~ずファンのオフ会で流す映像用としてDVDにコピーしてたため助かったという・・・。

ほんとありがたいですよ、オフ会(笑)


まあ、地震や津波で家が崩壊したり流されてる方を思えばちっぽけな惨事でしょうけどね。。。


はい、そんな思いもありつつの南千住
よろしければこちらからどうぞ

こちら

まだブラウン管テレビだった時だから、
今のハイビジョンテレビからこの映像みたらもうちょいきれいに観えるかな?
今度試してみよう。


モヤさまも
狩野さんになって数回経ちますが、
これはこれでなかなかいい味だしてきてますね。
微妙にどんくさいし、顔も目尻にしわがすごいし、腕時計を内側にしちゃう昭和な感じもあり、とても26とは思えませんが、そんないい意味でのダサさも持ち味でしょう(笑)

この辺の感想書いたら長くなりそうなので、別の機会にでも(笑)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

第1回東海道宿場歩き旅 その3(清水編)

2013-05-10 02:19:21 | 国内旅行【静岡・伊豆編】
さてさて、
前回のUPから1週間空いてしまいましたが、東海道歩き旅の続きを。

興津駅から東海道線へ乗り、西へ1駅。

清水へやってきました。
由比駅や興津駅よりは、さすがに大きな駅にやってきた感じがします。

ホームからエスカレーター乗るとすぐにちびまるこちゃんがお出迎え^^



駅から富士山がくっきり。


今年はまだ寒い時期が多くて、雪も結構多めなのが余計いいのかも。

エスパルスのエンブレムも。



まずは外に出て清水港方面へ向けて歩くことに。




駅前へ。
再開発されたのか連絡通路やらも完備してて、なかなかきれいな駅です。
スペースがたっぷりでやたらと広い!!



前回清水に来たのが6年くらい前だったかな?
車で直接清水港付近に乗り付けたので、電車だと初めて。
目の前に清水港があるみたいなんだけど、前回行った寿司屋横丁は結構距離あるみたいで断念。

港にある市場のようなところを発見。

時刻は18時。

えてしてこういうところは、早く閉店しちゃったり・・・
はるばる来て閉店っていうオチは勘弁。。。


建物内へ。。。
土産屋の一角は18時終了の模様・・・
くぅ~~、さっき興津駅前のロスが痛かったか?(笑)


が、
飲食店街は22時までやってるところもあり、
門前払いは免れた模様。。。

そこそこ混みはじめてたので
すぐに入れそうなお店へ。。。


目の前が海という素晴らしきカウンター席!!




とりあえず、おすすめそうな海鮮丼を注文。


が・・待てど暮らせど運ばれて来ず。。

あとから来た8名とかの団体さんの方が先に届き、
ついにはしばらく後に注文した隣の夫婦にも・・・

おーい。。。

30分くらい経ち、いい加減店員に言うか?

って時に、
「3名様海鮮丼、至急!!」

と耳を疑う声が・・・。


こら~~~~!!!

今からかい!!!



何事もなかったかのように、運ばれてくるし。。





普通にうまいんだけど、減点分感動が薄れたな~。

せっかくのいい旅が最後の最後で台無しですよ。

正直、お店とか、ホテルとか、タクシーとかちょっとした接客とかで
旅の思い出的に一気にテンションが落ちるってのが改めて実感。

逆に、いい人とか美味しいものとかに出会えたら、
それまで気まずい空気が流れたのが一気に好転するっていうことなんだよね。


でも、さすが港のそばのお店、
どの店もコストパフォーマンスがでかい。
この海鮮丼1580円だったかな?

他のお店にも行ってみたいな~~。


ようやくお腹も満たされ、外へ出ると暗くなりだす。。。





せっかくだから、お土産でもと駅前や反対口をうろつくも意外としょぼいので断念。
再び清水駅構内へ。

こっち行くと東海道の江尻宿ってのがあるみたいです。


↓登呂遺跡のゆるキャラ?

名前が書いてなかったんだけど気になる(笑)


東海道線で三島まで。



新幹線であっという間に新横浜へ到着。

22時前帰宅~~。


こうして、第1回東海道歩き旅終了~~。
ある程度目標を定めつつも、終わってみれば当初のイメージと全然違う工程に変更という
ゆるさと大胆さともありつつの楽しい歩き旅でした。

まあいろいろグダグダ感もあったけど、大成功ということで^^

しっかし、久々にこんなに歩いた。

ipodの歩数計を見ると

22373歩!!

12~13kmは歩いたでしょうね。
しかし、うちの母親の健脚ぶりにびっくり・・・
自分よりガンガン早歩きしてるのは、さすが山国育ち(笑)

峠道は難所だったけど、それだけに充実感たっぷり。
運動不足解消もできるし、いい景色にを眺め、地元の美味しいものを食べ、歴史も学べちゃう、
素晴らしきひと時。

翌日も思ったより疲れ出なかったし、また違う街道を歩いてみたいですね~~。

終わり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1回東海道宿場歩き旅 その2(薩た峠編)

2013-05-02 04:38:20 | 国内旅行【静岡・伊豆編】
11時半に由比駅をスタートし、14時半に再び同駅へ戻ってきました。

お昼ご飯でも食べようかというところながら、適当なお店が少なくどこも行列をつくってたので、
諦め2つ西よりの清水駅へ行って港町の風情を味わいながら海の幸でもと予定変更(笑)

本来は由比駅から横浜方面へ1駅歩いて蒲原駅から帰る予定が、
まさかの逆方向に2駅進むという(笑)

・・・とその前に、
東海道の歩き旅、まだ時間がもあるしせっかくなので由比駅付近の名所をもうちょい散策してから清水へ向かうことに。


駅から西へ800mほど歩いたところにある、「小池邸」へ。


江戸時代の名主のお宅で、地域の行政等を行う、地域の代表でもある格式高い家ですね。

さっきの本陣公園とはうって変わってこぢじんまり。

ご自由にお入りください的なことが書かれてたんで、ふらりと立ち寄るも、
めっちゃひっそり。。。

中に1人誰か管理人がいるけど、特に出てくることもなく、声が聞こえてくることなく。。。
あんまり気を使わない程度に「こんにちは、よく来ましたね~。どうぞごゆっくり」的なこと言ってくれればいいのに、ただひたすら奥の部屋でじっとしてる感じなので、逆にこっちが気をつかうし(笑)

小さい昔ながらの家にいろりがあったり、テーブルがあったりでする程度で特に見るべき点も少なく・・。


奥の庭に水琴窟があったくらいかな(笑)


思ったより見どころが少なく、数分で外へ・・。

もうちょい先へ行ったところに「一里塚跡」があるってことでそこまで歩いてみますかと。
観光マップで見るとすぐ近くな雰囲気ながら全然気配なく。
だんだん由比駅から遠のいてますけど^^;

けど、のんびりしたのどかな風景で癒されますな。



結局また1km近く歩いたところに発見。


一里塚って、私もよく分からんかったんですけど、
旅人の目印として街道の1里ごとに土が盛ってあったり、木を植えたりしたものみたいですね。
思ったより小さいもんなんだな・・。
これ見たさにはるばる2kmほど歩いてきたのか(笑)


さて、ここで困った。

由比駅に戻るにも2km近く。また同じ景色を見るのもつまらない。
このまま清水方面へ、隣の興津駅へ向かうのもありのような気がするが、
それには最大の難所「薩埵(さった)峠」を超えないといけない・・。

ただし、この峠、広重の東海道五十三次の由比宿の絵にも出てくるくらいの絶景スポットなんだよな~。ここまで来たら行ってみたい気もするが、どれだけの難所なのかも読めない。。。

時刻は15時半。
日が暮れないうちに峠を越えないといけないし・・。

峠までは1.3km、興津駅までは4km近くあるようで・・・。。。

たまたま近所のおばあさんが「どっか探してる?」って近寄ってきたので、
聞いてみると「由比駅の方がここからは近いけど、ここまで来たら峠行ってみれば?」と・・・

意外とうちの母もまだ足は全然大丈夫とのことで、


はい、急きょ、峠越え決定(笑)

そうと、決まったら早く越えなければ。
目標は18時に興津駅。

右へ行くと峠、左へ行くと、国道1号の分岐点を右へ。


急にここから勾配がきつくなってくるんですよね。

あっという間に高台へ。

東名高速を見下ろし、目の前には海が。

後方には富士山が!

午前中はもっと見えたのに、ちょっと雲がかかってしまってる・・。


一度急勾配を上ると、あとは意外とゆるやかな傾斜で歩きやすい。


途中見かけた落石注意の看板。

東海道の旅人風なのがいかしてる^^


30分ほど峠の駐車場到着~。

富士山とその脇にうっすら見えるのは、伊豆半島らしい。



歩行者専用のハイキングコースを通り、興津駅方面へ。


すぐさま展望台が。



おー、ここが、広重の絵と同じスポットか!!



この五十三次の浮世絵で、現代も同じ景色が残ってる唯一のスポットとのこと。



富士山の雲もちょっと消えて、絶好の撮影タイム☆

ズームにて。


さらにズーム。


素晴らしき富士山に、素晴らしきデジカメ(笑)






なんて撮影に気をとられ、ふと前を見ると、母と姉が視界から消えた!!

やべっ、急がないと。

てなところで、道が2つに分かれてるし・・どっち行ったんだ??

左!!!

居ねぇぇぇぇし。

こんなところで迷子は勘弁。。。

急ぎで進むと、後ろ姿発見・・・

「日が暮れちゃうといけないから」って・・・どんだけ早歩きなんだよ。。
自分より元気な気がする(笑)


急いだ甲斐あって、
16時半頃、山下りに成功。

あとは駅まで3kmほど。。。

意外と17時半あたりに着いちゃう??
駅到着の時刻を上方修正し、携帯で時刻表をチェック。

17時32分の電車を目標にひたすら歩く。

峠越えの最中眼下に眺めていた国道1号に合流。

駅までの道のりをショートカットすべく民家の方へ。

残りわずかってところで道に迷う(笑)
自分の中では方向的には確信してるものの、なんか細い道に入って来て若干不安に。
普段の自分なら迷わずに突き進むものの、
母親がおばちゃんパワー発揮して、チャリで通り過ぎようとした女子高生風の人に道を聞く。

どうやら、さっき来た道に戻れと・・・。

まじかよ~~。

ショートカットしようとしたのが、裏目に出る。

結局、王道の国道1号沿いを歩くも・・・まったく着かず。

なんか遠回りしてるような・・・。

17時半ようやく駅前到着~~。


切符を買おうってところで、目標にしてた17時32分の東海道線が発車・・・。

くぅ~~。

絶対遠回りした気がする・・・。


帰宅後、地図見たら、やはり自分が進んでた細い道を抜けると駅に向かう近道あるじゃん!!

コの字を書くようにぐるりと、たぶん1kmくらい遠回りしたくさい・・。

母曰く「口で説明するの難しいから、わかりやすい方教えたんじゃない??」

なるほどね~~。

自分なら絶対聞かなかったしな~~。。まぁ善意にキレるわけにもいかない。
正確な東海道をたどれたから良しとしますか(笑)

まあ10分少々で次の電車に乗れ、いざ隣駅清水駅へ。




お昼ご飯食べるつもりが、
まさかの峠越えにより
晩御飯の時間になりそうな・・・。

にしてもよく歩いたな~~。
由比駅~興津駅だけでも7km近くあるみたいだから、
ここまで全体的に11~12kmは歩いてるはず。
路線バスの旅の太川さんと蛭子さんの気持ちを味わった気がする(笑)

続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加