『7転ビ8起キ』 by背番号7

GARNET CROW・倉木麻衣等音楽&野球関連&最近は旅行記も充実してます。ハートは熱く頭はクールに。時事川柳も♪

微妙な富士山

2008-09-29 16:52:50 | ドライブ・お出かけ・イベント
先週から再び夜勤シフトに突入してしまいました。。。

今までは19時あがりで、ジムに買い物に、ありがたい“アフター7”!?を満喫してたのですが、これからは再び22時にあがりに。。。
束の間の喜びでした。
しかも、これからの季節ますます寒くなるしな~。

ということで、土曜9時出勤の部も再スタート。。。

睡眠時間はしっかり確保しようと誓ったのですがね・・・結局4時間睡眠だもんね(←これでも多い方ですが)

日曜は、友人と伊豆へドライブ。
2か月前と同じプラン。
その時の記事はこちら
その①
その②
その③

そっくり同じルートで、同じ料理を堪能してまいりました。

料理は2度目なのに、同じ満足度得られました。

写真は、伊豆スカイラインの熱海峠付近から富士山を望みました。。。
前回はキリがとんでもなかったのですが、今回は何とか見られました(それでも微妙ですけど)

夜景は最高でしたよ!!

たくさん食べすぎて腹がぷっちょになっちゃいました・・・。
最近食事の量減らしてたのに・・・ま、いっか(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

池袋で発見!

2008-09-27 01:41:40 | GARNET CROW
今日職場行く途中、池袋駅前で信号待ちしてると目の前に大きなトラックが!

北斗の拳の映画の宣伝カーでした!
でかい車なんで遠くからもはっきり。


さすが来週土曜から、全国に先駆けて公開される池袋ならではの光景ですな。
なかなか貴重なショットかも。

そうそう、この車にものってる公式サイトから、ちょこっとGARNETの主題歌聴けるんですよね~。イントロとはうって変わったアップテンポ系ですね。
AメロBメロも俄然気になります・・・。

肝心の「北斗の拳」はまったくもって興味は無いんですがね(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりオグシオ

2008-09-26 02:28:57 | テレビ・ラジオ番組
この前の月曜のフレンドパークといい、

さっきやってた、食わず嫌いのコーナーといい、

あのオグシオがここんとこバラエティに引っ張りだこなんですよね~。


で、やっぱし、カワイイ(笑)(個人的に特にシオ)

ただカワイイじゃないですね、
カワカッコイイ!?って表現かな。(←→コ○ダ○ミ)

普段は大阪が拠点ってだけに、たまに出る大阪弁風なイントネーションがまたそそられる・・・。(笑)
(ここらへんはGARNET CROWにも言えること。)

ちゃっかし両方録画しちゃってる自分がいたりしますが。。。(笑)

いや、録画した人結構いるはずだ。。。


見た目の印象は、オグがキビキビしてて、シオがそれについていく、
ってイメージなんですが、


TV観ると、微妙に違うことに気づく。
オグが意外と天然キャラ(笑)
食わず嫌いでは、お酒が強いってこと序盤でちょろっと話してしまったがために、
延々タカさんにその後いじられてるし(笑)

(確か、オグのお母さんは飲み屋さん経営してるんじゃなかったっけ??)

フレンドパークじゃ、オグが意外と足を引っ張る(笑)

でね、思ったこと。

同じように番組賑わわせている並みのタレントと違うのは、勝負の世界で生きてきている超一流アスリートってとこ。
コメントの質も全然レベルが違って、普段は微笑ましいながらも、最後はきちっと締めるかっこいいコメントができるんですよね。目力もある。
普段からの自分の鍛え方っていうのかな、全然違う。
こういう姿を見ると、ただ容姿でちやほやされてるんじゃなくて、さすがだな~って感心しちゃうんですよね。

やっぱ、「バドミントン超上手いペアがたまたま揃って超美女ってこと」
この順序は間違えちゃいけないね。

浅尾美和にも同じこといえますけどね。
超きわどい水着着た美女がいてね~、これがまたビーチバレーが上手くてね~
って根本からの勘違いね(笑)
上村愛子あたりも同様。

両番組とも、ロンドン五輪について突っ込まれてましたが、
この先もし他の番組やらイベントに出るようなことあってもこのお約束の質問はくるんだろうな~~。

個人的には、2年くらい休んでもらって、また情熱が沸いてきたら、ロンドン目指してほしいですね~・・・ってそんな甘い世界じゃないか・・・。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

GARNET CROW・28thシングル詳細

2008-09-24 21:38:21 | GARNET CROW
10月22日発売GARNET CROW・28thシングル『百年の孤独』の詳細が発表に!!

公式サイトより

*************************************
【初回盤】
1.百年の孤独
2.Clockwork
3.Secret Path

初回盤特典DVD「百年の孤独」Promotion Video収録
GZCA-4115 / 1,470円(税込)



【通常盤】
1.百年の孤独
2.Clockwork
3.Secret Path
4.百年の孤独(instrumental)
5.Clockwork(instrumental)
6.Secret Path(instrumental)

GZCA-4116 / 1,260円(税込)

*************************************


初回盤だとPV付き、通常盤だとinstrumental付き、
なるほど~、わかりやすい違いですね。

もちろん、私は両方買いで。。。

ジャケットはもちろん別々で。
公式サイトに早速載ってるの見ましたが、
最高のデザインですね!!

通常盤は、構図とか見ても、前作『夢のひとつ』の流れを受けたテイストですが、
初回盤は画期的で面白いですね~。
若干メルヘンチックというか、銀河鉄道999的というか(笑)

で、イントロが試聴できるとか!!

ですが、まだ仕事中なのでなので、帰宅後聴いて、追記で感想書きたいと思います。


でもって・・・重要なこともさりげなく書かれてました。

※12月に発売予定の仁和寺ライヴDVDとの連動特典応募カード封入

キターーーーーーッ!!

一時は発売しないという方向だったがファンからの要望により発売決定した、
あの伝説の仁和寺ライブDVD・・・12月発売ですか~!!

いや~~、こちらも目が離せませんね

【追記】
イントロ聴きました。

・・・なんだこのまったりした曲は(笑)
スロー系バラードなのかな。
ほんのちょっぴりカンフーチックなのは気のせいか!?
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その8【六道珍皇寺編】

2008-09-23 16:10:00 | 国内旅行【大阪・京都編】
六波羅密寺を出て、清水寺方面へ再び歩き出す。。。

この近くに、昨日前を通った「建仁寺」があったはず、と目指すことに。

レトロ的な商店街・・・。というか、営業中なのかな??

「モヤモヤさまぁ~ず」なら絶対突っ込まれるであろう、モヤモヤスポットです(笑)


何やら寺らしき門が・・・
「建仁寺はここかな??」

入口で写真撮ってると、中からオヤっさん登場。

「ここはなかなかいいところですよ。どうです?」

「え、あ、はい・・・んじゃ・・・。」

あてもない旅なので特に断る理由もなく、観ていくことに。
どうやら、建仁寺じゃなく、「六道珍皇寺」らしい。

うわ~聞いた事ね~(笑)
写真もろくに撮れぬまま、中へ誘導されました。

②「六道珍皇寺」

「じゃ、ここで400円いただきます」


あ、そういうしっかりしたお寺なのね(笑)

本堂らしき場所に入ると、シルバー人材的なガイドさん数名がいまして、
各部屋でそれぞれ担当の方が、このお寺の「お宝」について解説してくれるというみたいです。

「やっべ~~、軽いノリで入ったのに、大ゴトになりそうな予感・・・。つーか、あんまオレ歴史詳しくないんだから・・・マンツーマン勘弁っす」

「では、もう少々お待ちください」

と、椅子に座って待機してると、
年輩の同じくひとり旅系のオヤジさんが合流

あっぶね~~~~よかったよかった。

「それでは始めます」

このお寺、想像以上に良いモノ所有してるんですよね。
曼荼羅とか「生」で掛けてあって「え?いいの?こういうの普通に出しちゃって」みたいな。もちろん触りませんでしたけど。

それもそのはず、帰宅後調べてみると、
地元じゃ「六道さん」って言われてて「六道まいり」でメジャーな寺みたいですね。

簡単に言うと、「あの世」と「この世」を結ぶ役割を担っているお寺で、
お盆にはすごい賑わうみたいです。

こちらで詳しく説明されてます。

昼は朝廷で仕事して、夜は地獄の裁判官もしていたという小野篁さんがあの世へ行く際の入り口に使ったとされる井戸がこのお寺の庭にあるんですよね。

まあ、私は全然そこらへんの歴史とか疎いのでただ意味も分からず「ふむふむ」とうなずくにとどまっていたのですが、隣りにいたオヤッさんはなかなか歴史に精通してるインテリさんのようで、ガイドに結構鋭い質問してるんですよね。

で、関西弁で時折ジョークまじえて笑わせてるんですが、

やべ~、その歴史ギャグわからね~~!!(笑)

難しすぎて意味分からず、とりあえず笑っとけ・・・。


4人のガイドの説明を経て、外へ。

変わった鐘があって、つかせてもらえました。

普通は押す鐘なのに、ここのは引いて鳴らす鐘。先祖の霊を迎え入れる意味らしいです。
お盆の行事の時なんか、この鐘鳴らすのに2時間待つとか・・・。

ひえ~、そんなメジャーなとこだったのか・・・。

最後に、蔵のような中に入ってる、重要文化財の本尊を見せてもらいました。

思ったより、すごいとこだったんだな~。
まだまだ自分では知らないけど、地元じゃ有名な場所たくさんあるんだろうな~・・・
などと思い次はどこへ行こうかなというところなのですが、

先ほどのひとり旅系のオヤジさんと別れるきっかけ失うという・・・(笑)

オヤジさんと寺出たあともしばらく散歩。
「実はね、ここら辺で有名な飴を売ってるんで、それ買いに来た」とのこと。

あ~、そうでですか、それじゃ私はこれで・・・。

とはなりません(笑)

勢い余って
「あ、じゃあ私もそこへ連れてってください」ってな流れに(笑)

まあ、大阪から来たというなかなか陽気なノリのいいオヤジさんだし、面白そうだからね。
ブログのネタにももってこい(笑)

「オタクどちらから??」
「横浜からです。」

お寺とか好きなの?みたいな流れになり
「高校が仏教の高校でしてね~。え?あ、曹洞宗なんですけど。」

「あ~そうですか~」

「ま、幼稚園は浄土宗だったんですけどね」
「ややこしいな(笑)」

「で、大学はキリスト教という・・・」

(二人)笑い。

「ま、でもいいことだよね~。うちの娘もクリスチャンの大学なんだけどね~」


ってな話をしながらやってきました小さな飴屋さん。お茶屋も兼ねてる様なとこで、お世辞にも繁盛してるとは言い難いのですが・・・(笑)


「幽霊 子育て飴」らしいです。

詳しくはこちら
私もついでに買っておきました。思わぬ京都の土産ができました。

飴を買った後、バス通りへ出て、
大阪へ帰るオヤジさんとここでお別れ。

建仁寺行く予定が、その手前のマニアックなお寺へ誘導され、はたまた知らないオヤジさんと見学して、ついでに飴まで買っていくという・・・。

人生ってのはほんとどう転ぶか分からないですな。
「六道珍道中」ですよ(笑)

気づけば私もバスに乗ってました。
あ~~~、建仁寺ぃ~清水寺ぁ~~~~。

まいっか。

続く・・・(今回写真少ないんですよね~)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その7【六波羅密寺編】

2008-09-21 18:05:44 | 国内旅行【大阪・京都編】
旅行から3週間経て、この旅行記ようやく最終日の模様になりました・・・(時間かけすぎ)。
ま、この最終日も相当長くなる予感ですけどね(笑)


9月2日(火)
9時起床。。。

このホテル、そういえば朝刊が無料でついてくるんですよね。
ドアのノブにかかってました。

え!?福田首相辞任!!知らんかった(汗)

さておき、
朝食でもいただきましょうかね。

ここのレストランは10階にあるんですよ。
最上階から、外の鴨川を眺めながら、優雅なバイキングです。
写真は無いけど、今までのビジネスホテルの朝食の中で眺望は最高でしたね。

で、さりげなくこのレストランに、この窓から見られる風景ってのが描かれて説明されているハガキ大のカードが置いてあるんです。

このカード見ながら、「おー、あそこに見えるのが○○寺か~」なんて実際の風景と合わせてみたりで楽しい。
こういう細かいサービスがたまらないんです、このホテル。


ほんとに、このレストランだけでも立派な観光ホテルですよね~。
夕食もここでいただけるみたいなんで、今度縁があった時は調子に乗ってディナーでもいってみましょうかね(笑)


部屋に戻って、テレビをポチっとな。

うわ~見慣れねな~この番組。YTVらしいけど(笑)

結局、11時ギリギリまで滞在しチェックアウト。
いや~のんびりできるいいホテルでした。
フロントで、京都市バスの一日乗車券まで売ってるし、おまけに、チェックアウト後も荷物を預かっていてくれるという至れりつくせり。

ということで、手ぶらで市バス一日券片手に、京都観光スタート!!

このホテルの目の前、数歩のところにバス停があるのですが、
昨日描いたとおりに、清水寺方面へ行きたいので、バスの通らない細い裏道へ。


この日も、天気は微妙・・・


お、何やら、水鳥発見!!


さて、しばらく歩くと有名どころ登場。
①「六波羅密寺」
 

まあ、もちろん私も詳しく知らないですけど、
教科書で見た「空也上人像」あるので有名なお寺ですよね。

中に入ってみると・・・意外と狭い(笑)
 
「願石」なるものがあって、願い込めながらをリング状の石をゴロゴロまわすと、願いが叶うとか・・・。ぬかりなくやっときました(笑)


この本堂は文化財指定で、650年くらいの歴史があるってことですよね。
すげ~な~。


奥のほうに「銭洗い弁天」的な場所があったので、
私も財布の小銭を全部とりだし洗ってみることに。。。
「お札も洗っていいよ」、みたいなこと書かれていたものの、
正直なとこ、所持金わずかにつき断念(笑)

さて、このザルにあけた小銭、洗い終えたら窓口へみたいなこと書かれてるんですが・・・???

「すいませ~ん。この小銭はどうすればいいんですか??」

「お金を収める袋あるので・・500円いただいてるんですが」みたいな答え。

え!?(笑)

ま、その代わり「お金が増える」っていうご利益あるみたいなんで、払うことに。

そうだ!やばっ、小銭無いし、一万円札2枚のみだ・・・(汗)

「あ・・・すいません、ここのお金から払っていいですか(苦笑)」

「別にかまわないですが、いいんですか??」
せっかく、水で清めたお金から500円を取り出し支払い(笑)

で、説明聞くところによると、
この小銭を入れた袋を、自宅のお金をしまっとくところに保管しなさいと。


それと、このストラップもいただけまして・・・

これを何でもいいから身につけて、必ず持っていなさいと。
鈴が魔除けになって、もし鈴が無くなったら「自分の身を守ってくれた」ということで、役目を果たしてくれたということになるから、と。

なるほど~。

・・・ということは、この小銭、この先ずっと取り出して使っちゃいけないのか??

結構じゃらじゃら小銭入ってたんで多分1000円以上はあったはず。。。

なにげに財布の中身が空っぽに・・・(笑)
ま、いっか。少しでもいいこと起きてくれれば安いものです。
(といいつつ、未だにこの小銭ちゃんと保管してないし、ストラップも不携帯!やべっ!!)
つーか、1万円札入れないでよかったぜ・・・(汗)


一通り、お参りした後、
「空也上人像」を見ていくことに。

入り口でお金を払って中へ。

ただ、現在「○○像と××像と◎◎は△△博物館へ行っちゃってますが、よろしいでしょうか」

なにぃ~そんなに!

まあ、ここまできたら、しょうがない・・・。

「出稼ぎ中」で若干割高な感じもするが(笑)
“目玉商品”の空也上人像はしっかり見ときました。

やっぱりね~、教科書とかに載ってるのを目の前で見るってのは、興奮しますね。


京都のお寺めぐり、
上々のスタートです。

続く・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆりっぺ日記更新☆

2008-09-20 02:18:26 | GARNET CROW
GARNET CROW公式サイト内のメンバーのDiaryですが、
久々にゆりっぺからの日記が更新されてました。

期待通りの「新曲ネタ」でしたが、
壮大で重厚でスケールの大きなバラードだそうで。

ま、大体の想像通りなんですが、以下注目。

ゆりっぺも鳥肌がたったって!!!

うわ~!!!

ゆりっぺの鳥肌になりて~~

っていう「うわ~」じゃなく(笑)

これまで100曲以上いろんな名曲を生み出してきたゆりっぺが、「鳥肌モノ」っていうレベルってどんなのだよ!!

っていう「うわ~」です。

北斗の拳にはもったいなさすぎ!!
っていうとファンには怒られちゃいますが(汗)、
私の全然思いいれの無いテーマ曲ってのは軽く嫉妬するというか、複雑ですよね。

せっかくなら、スパイラルのタイアップ「すぽると」みたいな、
私に馴染みのあるタイアップが良かったのにな~~。

なんて、聴く前からわがまま言ってますが(笑)
想像以上に期待できそうな予感・・・。


でもな~、壮大なバラードは
「夢みたあとで」「世界はまわると言うけれど」あたりで相当満足してますからね~。
これに割ってくるレベルかもしれないと、それはそれで複雑!?
なんつーか、大本命から浮気しちゃうっていうの?
アーティスト自体が大本命でその曲内だからいいんですけど。なんつーかな、うまく表現できないけど。

これまた「とらぬ狸の皮算用」やってますが(笑)

もちろん、GARNETの代表曲レベルになってくれればそれに越したことはないのでしょうけどね。

早くチラッと聴いてみたいですな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その6【京都の夜編】

2008-09-19 23:32:27 | 国内旅行【大阪・京都編】
18時、私の好きな街になりつつある京都・四条河原町へやってきました。
懐かしいな~この光景
そうだ、この時はこの場所が「河原町駅付近」ってこと分かってないんですよね(笑)


昨年の仁和寺ライブの時に泊まった四条烏丸とは阪急で1駅。
その時も、朝9時頃、夜10時頃この河原町をうろついたんですが、
ここから見た鴨川が忘れられなくてね~。
飲食店も豊富だし、次来る時はこのそばがいいなって思ってね。

この鴨川ってよくカップルで寄り添ってるイメージがあるんですよね~。
以前知り合い(女)との京都話で
「あれさ~、二人で何してるのかね??楽しいの?ありえないよね~。」
との発言があったのですが、

・・・俺はあこがれましたが何か?・・・(笑)



高校の時の学校の行事で、
「福井県の永平寺に修行」という今じゃ絶対勘弁な(笑)仏教学校ならではの
濃い~~伝説行事後に京都にも一泊したんですが、その時も鴨川付近の和風旅館に泊まった記憶が・・・。今思うとどこの場所だったんだろうな~。



そうそう、夏といえば、「川床料理」って言うの?
この鴨川にせり出した、いわば「オープンデッキ」で涼みながら料理を味わうという。これは前回行った時はもちろん無い光景でして、季節が変わると雰囲気もがらりと変わって面白いですね。
以前TVで特集されてて、やっぱり土日なんか予約で一杯なんですよね。
一度味わってみたいものです。超高そうですけど(笑)

さて、
ホテルまでは徒歩7~8分ってことなんですが、入る道間違えたようで若干迷子に(笑)

されど、結果オーライ的なナイスな裏通りに入ってきました。

ネギ専門店らしいです(笑)
その料理にあったネギを使うんでしょうか、いろんなネギの看板が。

ちなみにすき焼き用にチョイスされてる「下仁田葱」の下仁田は、私の田舎の付近です(笑)

こんな細い川のそばにびっしりと店が並んでいて、こんなとこで食事したらテンションあがるでしょうな。
大雨の時とかどうなるんだか分かりませんが・・・。

私の“勘ピュータ”的中し、すぐそばがホテルでした。

18時15分。
今回宿泊する「ホテルサンルート京都」へ。


一階が喫茶店になってて、一見するとスルーしちゃいそうなとこでしたが、中は広い!!

ビジネスホテルの域超えて、お手軽な観光用ホテルですよね。
フロントの応対もほんとしっかりしてて、高島政伸の『ホテル』・・・といったら大げさかもしれませんが(笑)、口コミ通りのいいホテルです。


ま、部屋は、若干古めかしさがあるのですが、それは多分過去に泊まってきたホテルが新しいとこばっかってこともあるんでしょう。
一応テレビも液晶だし、全然問題ないレベルですけどね。

でもってホテル側のご好意で無料で「ツイン」のルームに格上げ!

ハードよりソフト重視・・・そういうハートフルなホテルです。

ようやく、ほっと一息。

旅の疲れも出て、そのまま眠りに・・・つきません(笑)

シャワー浴びて、夕食がてら夜の河原町へ。。。


早めに食事をしないと閉店しちゃう、っていう前回の教訓を生かし(笑)、
20時頃うろついてみました。

たどり着いたのが阪急百貨店の上の方にあったレストラン街。

いろいろ迷いすぎて結局入る予定無かったお店へ(笑)

けど、ここが京都の「おばんざい」のお店でしてね~。
京都のものを食べるというこれまた結果オーライな感じに。

メインディッシュを1つ選び、あとはバイキング。

「豆腐ハンバーグ」をチョイスし、あとは「おばんざい」をいろいろ取って見ました。

一言で言うと、「健康的な食事」です(笑)

ひじきとか、豆とか、おからとかキンピラとかそんなんばっかですから。
ドリンクバーも「黒豆のお茶」とかそんなんもありましたから。
これ食ってたらポックリ逝きませんよ(笑)

この伝統受け継いだ食生活なら京都人は長生きできるでしょう。

肝心の味ですが、うまかったっす。


お腹も満腹で、食後の散歩。
このホテルから清水寺まで徒歩25分とのこと。

「へ~、また明日ここらへん歩いてみようかな~」ってことで、下見の意味も込め散策。

おー、前回は朝早すぎてまだやってなかった「高台寺」の入り口。


臨済宗大本山「建仁寺」

超真っ暗ですが(笑)

このあたりは、細い道なんですが、超高級料亭系なお店がずらりと。
「一見さんお断り」的な敷居の高そうなオーラだしまくりです。

その脇にさりげなくラブホテル街も(笑)

ライトアップされてた「八坂神社」

そういや、前回はこの門を改修してたんですよね。
とうとうできたか~。(←上から目線・・・カメラアングルは下から目線ですが 笑)

夜の京都も“おつ”ですよね~。

ホテルに戻ったのが0時半くらいだったかな?
足パンパンで違う意味の“おつ”です(笑)

ブログの記事でもUPしようとしたのですが、
携帯開いたまま力尽きてました。

続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その5【阪急マジック編】

2008-09-18 15:31:04 | 国内旅行【大阪・京都編】
京都のホテルチェックインまでに、ちょこっと大阪でも…が、ふたを開ければ16時半(笑)

大阪の観光名所に触れることができ、いざ京都へ。。。

ホテルへは一度大阪駅に出てJRで京都駅まで行って、バスで…と思ったのですが、
重い荷物持ってあんまり乗換したくないんですよね~。

よくよく考えると京都へは阪急でも行けるはず。。。
そういえば宿泊する京都のホテルは阪急河原町駅から徒歩圏内。

若干大阪に慣れてきたところでビビビと機転が働きましてね~。
急きょ予定変更、阪急京都線のぶらり旅に(笑)


しかも、先日と今回の大阪旅行でよく使う「堺筋線」ってのが阪急と乗り入れてるの勉強しましたんでね~。

谷町線「谷町四丁目」からその堺筋線乗り換えができる、「天神橋筋六丁目駅」(長い)へ行き、無事に阪急直通の電車へ乗車。

「我ながらナイスアイデア!!」
1か月前の無知ぶりからの急成長に自ら目を細めてたのですが…

そうはいかんざき!!!


ここどこやねん!!!

ってことになるんですよ(笑)


ま、詳しく説明すると、
「天神橋筋六丁目駅」のホームに阪急直通「各駅停車・高槻市行き」ってのがあったんですよ。
「お~これこれ」ってあわてて飛び乗ってのんびり阪急の旅を満喫してたのです。

なのですが、車内の路線図見ると、目的地の阪急河原町駅までは果てしなく長そうな…。
過去にリサーチした時はそんなに時間がかからないイメージだったのに、これじゃ何時間もかかるな~。

急行かなんかに乗り換えないと…。

が、「どこの駅で乗り換えていいのか分からず!!!」
ま、地元の東横線とかだと、途中の大きめな駅で待ち合わせになるから、
それまで待ちますか。。。

って、しばらく乗ってもまだその時は来ず。

「やべ、この電車は“通過待ち”のパターン!?」ってうすうす気が付き、
大きめな駅で降りて後続の電車待とうってことに。

んー、どこだ急行とか止まりそうな雰囲気の駅は…。

数駅様子を見た瞬間、

「間もなく『しょうじゃく~』」で、我が車両の乗客ほぼ降車。

「迷わずここでしょ~~」

と私も降りたのですが、大失敗!!!
まさかの超マイナー駅(笑)


よりによって、普通電車しか止まらないという…。
なんで、この駅で大量に客が降りたの??みたいな。

次の普通電車が来るまで足踏み状態ですよ。。。


待つこと10数分・・・その間に私が乗りたかった「河原町行き」の急行電車が2本ほど通過(笑)

だいぶタイムロスを味わって、再び普通列車に。
「茨木市駅」で正真正銘の乗り換えタイム!!

あと2駅我慢すればよかったみたいです・・・(笑)

お~来た来た。「準急河原町行き」


さて乗りますか…

「終点河原町にはこのあと来る『快速急行』が先に到着します・・・」

なぬ!?


いくつ種類があるんだよ!(笑)

あとで調べたら、
「特急」「通勤特急」「快速急行」「準急」「普通」の5種類らしいですね。
素人には難しすぎですよ(笑)

まあ、地元でいうとこの京浜急行とか小田急とかそんな私鉄でしょうかね。

やっとこさ、これがほんとのほんとの先につく
「快速急行河原町行き」に乗車。


やれやれです。
長距離移動を想定した用なのか、客席もボックスシートとかになって若干グレードアップしてるんですよね。

あとは世界の車窓からならぬ、大阪の車窓から・・・。

市街地からわずか離れるとのどかな田園風景なんですね~。ちょっと意外。

知らぬ間に、大阪府に別れを告げ、京都府へ。
18時。
来ました、終点河原町。

お~、懐かしの駅前の光景!!


機転を利かしたはずの、阪急京都線ぶらり旅。
結局采配失敗により、素直に大阪から京都に行ってた方が速かったんじゃね??
って感じもしないでもないですが、この思い出はプライスレスですからね~。

いざホテルへ・・・。

続く…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Music Freak Magazine 9月号

2008-09-17 15:54:55 | GARNET CROW
MFM今月号を今頃GETしてきました。

早くも先日のGARNET CROWライブの記事が載ってました。

巻末には連載記事。
今回はゆりっぺが担当。

毎回ライブを重ねるうちに、歌唱力だけでなく、トーク力もレベルアップして驚かされるのですが、
このゆりっぺの「ご飯が喉を通らない」記事見て、「陰じゃ相当な緊張と重圧があるんだなぁ…」としみじみ考えさせられました。
ただ、そんな心の内を悟られないパフォーマンスはさすがだな~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その4【大阪城編】

2008-09-15 18:20:26 | 国内旅行【大阪・京都編】
14時過ぎ、大阪歴史博物館のすぐそばの大阪城へ。



午前中は晴れて蒸し暑かったのに、午後になってから時折小雨がぱらつく不安定な気候になってきました。曇りがちなので写真もイマイチ。



いよいよ、門をくぐりぬけて、天守閣へ・・・。
なのですが、やたらと広いイメージが・・・
博物館でだいぶ歩いて若干お疲れ気味だし、時間もそんな無いし、こちらもある意味暗雲たちこめてきてます(笑)



門をくぐり抜けて・・・
やっぱ広い!!!

天守閣行くまでにバテそうな。。。

その脇に「西ノ丸庭園」なる大きめな庭園が・・・。
「え?入っとけって??」
困ったな・・・一応入れるとこはチェックしたい性格だし・・・
って近寄ってみると、

「本日休園」の文字。月曜休園らしく、思わず「ほっと」した記憶が(笑)

ならばあとは、迷わず行けよ行けばわかるさ・・・ってことでひたすら天守閣めざし更に歩きます。

ここらへんは、空港が近いようで飛行機が大きめに見えました

(写真じゃちっちゃいけど)

いよいよ天守閣入り口に。


くぐるとこれまた広い公園になってましてね・・・。
どんだけ~です(笑)

そりゃそうか。敵に簡単に攻め込まれちゃまずいもんな・・・。

どこかで見たような感じの建物が・・・。

「元・歴史博物館」らしいですね。老朽化で、先ほど行ってきた場所に数年前移したとのことです。
あ、そうだこの建物、今年の春見てきた“宮崎県庁風”かも。

(今見直してみたら、意外とそうでもないか 笑)

そして、よーやく、おまっとさん。主役登場。
 

のん気に写真撮りまくってたら、再び雨足が強くなってきたので、急いでチケット買って中へ・・・。

中国やら韓国やらの団体客も急いで「雨宿り」に駆け足でIN。

8階まであったっけかな?
6階までエレベーターで上がって、あとは階段で頂上へ。
ここも上から順々に下ってみていく流れです。

8階は展望台的な場所になっていたのですが、
その光景にびっくし

「ゲリラ豪雨@大阪城」です

東京でも毎日のように味わってたのですが、まさか大阪でも食らうとは(苦笑)

せっかくの金のしゃちほこも、台無しですよ・・・。さすが雨男。。。
 

当然傘も持って無いし、こんだけの豪雨に外出るわけにもいかず、お手上げ状態ですね。



一時的なものと期待し、しばらく館内を見て回ることに。
7階あたりは、秀吉の生い立ちをCG駆使した映像なので堪能でき、

その下は、夏の陣やらの屏風があって説明してあったり、
他の戦国武将の関連品があったり・・・。

これも十分博物館クラスの貴重な展示品の数々で、長居してしましました。。。

ま、感想としては、豊臣秀吉は良くも悪くも豪快で智慧がはたらく人なんだなってことでしょうかね。
ただ、個人的には、「あんま尊敬できないな」って(笑)
気が短そうだし、自己中ですしね・・・。

私はのんびり派というか、長い目で物事を考えチャンスが来るのをひたすら耐えてうかがう派なので、「徳川家康」派ですね。

出口へ。


「号砲」がありました。

明治維新後に大阪城内に移され、時刻を知らせる為に使われてたそうです。

幸い雨もあがっていました・・・が、一面水浸し!!!
いかに豪雨だったか物語ってます。

 

初めての大阪城、とんでもない目に遭いました。が、これもよき思ひ出ですね。
ちなみに、天守閣の公式サイトはこちら。

これで、心置きなく京都へ行けます。。。

そういや、大阪城の隣りの「大阪城ホール」でこの前々日に倉木麻衣氏来てたんですよね~。帰宅後気づきましたが(汗)
ま、それその時点で知ってたら、はるばる歩いて会場前まで行ってたかも知れませんのでよかったのでしょうけど(笑)

 


大阪歴史博物館へ戻り、ロッカーから荷物を取り出し、
大阪を去ることに・・・。
まだ頑張って仕事中だった受付のお姉さんを目に焼き付けて・・・(笑)


慌しかったけど、ホテルのナイスな立地のおかげで、いい大阪観光できました。
コインロッカーのおかげで実質無料で、手ぶらで見て回れたのも大きかったですね~。感謝です。

続く・・・
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その3【大阪歴史博物館編】

2008-09-14 23:59:59 | 国内旅行【大阪・京都編】
週末ちょっと出かけていたのでブログ放置してました。。。
携帯でチェックしようとしたら、携帯電池切れ(苦笑)
昨日の夜、帰宅後更新しようとしたらパソコンの調子悪くネット繋がらず・・・。

懲りずに大阪の観光の日記を。。。


9月1日(月)
大阪ライブから一夜明けて、ホテルで朝食を。

このホテルチェックアウト11時なので、朝食も10時までOK。
9時半過ぎ、のんびりとレストランへ向かうと、他の客ゼロ。

さすがに夏休みも終わりだし、平日だし…だからかな?

和洋バイキングですが、このクラスのホテルにしてはなかなか豪華です。
前回大阪滞在時のホテルは、朝食プランにもかかわらず、閉店間際に行ったらおかずほとんど無い状態で、「何食えっていうの!」ってくらいのレベルでしたが、
今回は、それもなく、正真正銘「取り放題」。

↑この写真だと意外としょぼそうですが(笑)ごく一部。
パンが何種類かあってかなり美味しかったです。
他にも和食もいろいろあって、「もっと時間かけて食べたかったなあ~」と若干後悔。
レストランの女性の従業員も好感度高かったですしね。

朝食後、間もなくチェックアウト。
あっという間の滞在時間でした。
総合的に大満足なホテルでした。次大阪来る時もまたも拠点にしたいなと思えるところでした。

「あ、ここ教会もついてたんだ~」ってチェックアウト時にようやく気づきました(笑)

チェックアウト後は、
この日宿泊する京都のホテルのチェックイン時間まで軽く大阪観光でもしましょう…
ってことで、ホテル周辺を散策。

ここらへんは、官庁街ともあって、何とも高層でお洒落なビルが多いんですよね。
↓ホテルのとなりの大阪府警察本部


「大阪歴史博物館」と「NHK」は入り口が一緒で合体してるんですよね~。


まずは、ホテルのはす向かいのこの
「大阪歴史博物館」へ行くことに。

入り口付近には昨日ちょこっと見かけた高床式住居。


で、早速中へ。
「あ、そういえば今日月曜だけに休館日??」と思いきや、どうやらここは火曜が休館のようで一安心。


入り口でチケットを購入。
でね、受付が皆女性なんですが、すごい丁寧なんですよね。
普通はこの手の人たちってすげーそっけなくて「ふざけんなよ~」感たっぷりなのですが、ここは一味違う。デパートの受付みたいな感じで親切でしたね~。
どれ見て良いのかよく分からなかったので、質問したらすごい丁寧に教えてくれました(これがまた清楚な美人さんでラッキー)

思ったより超豪華な博物館の予感・・・。
10階建てで、徐々に下りながら観覧していく流れのようです。
常設してる部分と、期間限定の展示の2種類あるようで、
これが今日までの展示があるってんで、合わせて見ると割引だし一緒に見ていくことに。

で、ありがたいことに、私の重そうなバッグを見て
「コインロッカー(500円玉返却式)もありますのでよろしければご利用ください」って教えてくれましてね~。
「500円お持ちでなければ…」ってここで両替までしてくれました。
ん~、実に気が利く職員ですね。


早速、手ぶらになって悠々とエレベーターに乗って10階へ。
最上階は古代の大阪ゾーンです。

映像等で紹介してあってうまい具合になってましたね。
難波宮跡から出た木簡なんかかなり興味深かったですね。

数分ごとに窓際のスクリーンが開閉し、閉まると映像紹介、開くと展望台のような景色が見られるという演出もあります。

左手に大阪城、右手に難波宮跡地が見えます。


9階へ。階段踊り場からも素晴らしい展望です。



9階は、中世の大阪の紹介。


水路が発達した都として栄えていたということで当時の街並みが再現されていていたのですが、これが相当緻密な模型でしてね~。


↑こんな模型がずらりと。

で、このフロアーに、案内人のおやっさんがいまして、
当時の金と銀の両替所の実演やってましてね、
東京から来たという女子大生風の女性に教えて実際体験させてました(笑)

8階へ。
考古学の体験フロアの感じでして、実際の土器を触れてきました。


ここは下の階と吹き抜けになってて、近代の大阪の街並みを上から覗けました。


7階は、
もうだいぶ現代に近い大阪でしたが、
大正時代末期から昭和初期にかけて、大規模な町村合併により「大大阪(だいおおさか)」っていう東京よりも人口を上回っていた都市が存在していた時代があったのを初めて知りました。



常設展示はここまで。
「いや~いいもの見せてもらったな~~、さすが特別展だけあるな~」と思ってたものの、これからが特別展だということ判明(笑)

6階「大阪府・大阪市指定文化財展」
↓こんな内容。

<大阪の祈り さまざまな美と形>って内容だけに、仏教やキリスト教関係の像やら絵画などなどの品があってかなり賑わってましたね。
文化財レベルだけに、その品の中身はよく分からなくても「オーラ」がありましたね(笑)

以上で終了。

11時過ぎに入場して、お昼過ぎには出ようかと考えていたものの、想像以上の「濃度」により、終わってみれば14時過ぎ・・・京都のホテルのチェックイン可能な時刻に(笑)
やべー、でも大阪城も行っときたいしな~
チェックイン前に京都の寺もちょっと行きたいしな~・・・。

ま、京都の寺めぐりは翌日たっぷり味わうとして、
この日は大阪めぐりに専念すべく、ロッカーに荷物置いたまま、手ぶらで大阪城へ。

時間に縛られないで、いくらでもプランが変更になる・・・これまたひとり旅の醍醐味です。。。

続く・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その2【大阪ライブ編】

2008-09-11 23:47:13 | 国内旅行【大阪・京都編】
新幹線の立ちっぱなしの旅を経て、新大阪へ。
3週間前に来たばかりなので、その時の残像がありますから、地下鉄への乗り換えもスムーズに完了。

もうエスカレーターの右側に立つ「関西ルール」にも動じず(笑)

地下鉄御堂筋線、中央線を経て
本日宿泊のホテルがある「谷町四丁目駅」に到着。


地下鉄出口からすぐ!
みたいなことあったのですが、違う出口に出てしまったようで見つからず・・・。

そのかわり、高床式住居!?発見(笑)


この駅のすぐ近くに、
難波宮跡公園ってのがあって、かなり歴史がある場所なんですよね。

で、この隣に高層の歴史博物館があって、近代と古代の融合してる奇妙な光景です(笑)

前回宿泊した、場所は梅田駅の近くでどっちかというと商業系な街並でしたが、
この駅周辺は、官庁街なんですよね。
府庁や府警があったり、裁判所やパスポートセンターまでも。
で、歴史博物館や大阪城もすぐそばにあるという。
NHKの大阪局まであります。

地元神奈川でいうところの、
前回が横浜駅周辺、今回が関内駅周辺といったところでしょうか?

遠回りして宿泊ホテル『ホテル・ザ・ルーテル』到着!!


このホテル、部屋の中にPCが備え付けになっているというすぐれもの。
室内も広いんですよね~。液晶TVも大画面!
口コミの評価も高いんで決定したんですが、なかなか評判通りの室内です。


しばし休憩・・・

といきたいのですが、

駅前で16時に待ち合わせしてるので即行かねば・・・。
滞在時間5分ほどでライブへ向けて再び出発!!


ブログでお世話になってるケンタさんと3週間ぶりに合流(笑)

いざ会場の大阪厚生年金会館へ。



開場までまだ1時間以上あるってのに、会場前の公園ファンで大賑わいです。

おそらくmixiなどのつながりのファンなんでしょうね~。
いつかは私も仲間を作れれば・・・。

開場と同時にホールへIN。

ライブレポはこちら
【前編】
【後編】

ライブ終了~~~♪


ライブ終わっても興奮冷めやらぬファンが会場前しばらくごったがえしてました。
いつかここに私も・・・(笑)

ライブ後、夕食でもってことなんですが、
ケンタさんが探しておいてくれたラーメン屋へ行こうということになり、
携帯ナビを手がかりにうろうろしてたのですが、

現地へ行くと

まさかの更地
なんもねーでやんの(笑)

仕方ないから、結局谷町四丁目駅に舞い戻り。


まさかのマック(笑)
あ、関西風にいうと「マクド」ですね。

まあ、一度は関東と関西のファーストフード食べ比べをやってみたかったんで、ちょうどいい機会でした。
カップラーメン等も関東と関西じゃスープの味が違うっていうし。

ちょうどその時安売りしてたビッグマックセットを購入。
数日前にも食べたのでおおよその味は知ってるつもり。

<結論>
変わらず(笑)


23時頃ようやくホテルへ戻ってまいりました。

ライブで使用のサイリウムの写真。


仁和寺の時も撮ったから、今回もお約束。
…とかいいながら東京公演の時、帰宅後撮り忘れたんで。。。



今回はピンクですね~。

な~んてこと夜な夜なひとりで盛り上がり、余韻に浸って床に就きました。。

続く・・・
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

二府ひとり旅 その1【のぞみ編】

2008-09-10 01:15:38 | 国内旅行【大阪・京都編】
力作のライブレポも無事記録完了し、
今度は、ライブ後に有給休暇2日もらってのんびり旅行を楽しんできました。

大阪だけじゃもったいないので、せっかくなら・・・ということで京都にも1泊。

なづけて、「二府ひとり旅」をお送りいたします。
「三都物語」みたいなかっこいいネーミング考えたんですがね~無理でした(笑)


ひとり旅シリーズはかれこれ
「第1回:京都世界遺産めぐり編(07/10)」
「第2回:南国宮崎ドライブ編(08/03)」
「第3回:大阪熱闘編(08/08)」
と敢行し、今度が4度目ですね~。

またまたボリューミィになること必至ですが、
個人的に大好きな作業ですからね~。
記憶が鮮明なうちにしっかり記録しておいて、のちのち振り返って読んだときがこれまた楽しいんですよね~。
校長先生へ・・・「ブログを書き終わるまでが旅行」です(笑)


んなこと書いてるうちにどんどん記事が長くなるので、早速スタート。


8月31日(日)

ちまたでは夏休み最後の日。
12:30 地元新横浜駅へ到着。


涼しかったそれまでの数日間とうって変わって残暑が若干残る蒸し暑い気候が復活
この旅行、土日月で行くか、日月火で行くか直前まで迷って後者を選択したのですが、これが結果的に吉と出ましたね。
というのも、土曜は終日警報級の豪雨が降っていましてね~、新幹線乗るのも危ない状況でしたから、ほんとよかったです。
そんな中、エドはるみさんお疲れ様でした(笑)



新幹線乗るべく、掲示板を見たら、
あと3分後に到着する模様。
若干時間も押し気味だったので、急いで券売機で切符を購入!!
指定席もあってみたいですが、とりあえず急いでいたので自由席を購入!!

乗り場へ急げ~~~!!



アレ??

ホーム到着も、来る気配なし・・・。

どうやら、逆側のホーム(東京行き)と勘違いした模様

で、こっちはあと15分後。。。
あれ?もっと頻繁に来るイメージなんだけどな~。

そっか、今日は日曜日だからか??

んだよ~それならじっくり指定席券買えばよかったよ~

ま、いいか。夏休み最後の日曜なんて、新幹線空いてるでしょ。


鳩でも見ながらのんびり待つと・・・

やって来ました。


お!今回は結構珍しい500系ですな。
(新幹線なんてほとんど乗らないのに、最近のひとり旅で使ううち知らずと詳しくなっているという・・・)


700系・N700系が主流の今、個人的にフォルムは500系の方が好きなんですよね~。

入ってすぐ判明。

やべっ!!自由席満席!!

のぞみの自由席着席の望み絶たれる!!(新幹線ギャグ)

入り口付近で数人立ってる客見た時点でソレと分かったんですがね・・・。
新横浜の前は東京、品川だけだからそんなに埋まってないと思ってたんですがね~甘かった・・・。

そうとわかったら、早めにドア付近好位置キープしとかんと。。。

客席ちらりと見たら、かなり家族連れが多いんでびっくりですよ。
夏休み最後なのに、優雅に旅行ですか??
そこに座ってるチミは宿題はOKなの??(笑)

ちびっこ1人が1席悠々と座ってるの見るとなんかしゃくにさわるんですよね。
親のヒザの上にでも座ってろよ~みたいな(笑)

指定席代約1000円ケチったばっかりに、ドえらい新幹線の旅ですよ。。
これからライブで嫌ってほど立ちっぱなしなのに、そのウォーミングアップに2時間半立ちっぱとは・・・応えます

ま、i-podでライブの“リハーサル”してたらあっという間ですがね。


15:20 新大阪到着~☆


乗り心地はやっぱ700系に軍配(笑)
なんかやたらと揺れるイメージ。
快適性はやはり後継車の方が優れてるのは当然か・・・。

ホテルへ急ぎます。

続く・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今頃GARNET CROW livescope2008レポ【後編】

2008-09-08 02:04:38 | GARNET CROW
ライブレポ続きです。

MC「ダンシングタ~~イム」
ってことで、これからやる曲をみんなで振り付けつけて盛り上がりましょう企画を。
おかもっちの歌声に合わせてゆりっぺがレクチャー。
GARNETTIMEでも予習できるし、もう東京で2回やってるから最後の大阪の頃は、常連さんはほぼ完璧になってるんですよね。
ゆりっぺも「皆さん完璧じゃないですか?どこで覚えてきたんですか!」
って驚くレベルに。。。

「それでも中には・・・(最後微妙にごまかす)」って方のためにもう1回(笑)
けど、ゆりっぺ間違えて教えて「間違えちゃいました」って言う感じもまた可愛くもあり・・・。

ゆりっぺの「いや~ん」の説明に萌えです(笑)
最後はキメ顔のところで
「今日もカメラ入ってるんで最高のキメ顔して映れるように頑張ってください」みたいなコメント。

東京では、ゆりっぺに促されメンバーがキメ顔披露。
七さんのキメ顔に萌え~です(笑)

東京では「もう1回練習した方がいい?」の声でさらに1回レクチャーし、
おかもっちの「今日終わらへん」みたいなコメントも(笑)

12『Mr.Holiday』
みんながサビでノリノリになって楽しい1曲でしたね。
通常の流れじゃなくて、最後サビが多目の「ダンシングバージョン」でした。


ダンシングタイムで、場内かなりあったまってきた状態で
13『涙のイエスタデー』
今回もサビからのライブ(アルバム)バージョン
この曲もライブでは映えるんですよね~。

いよいよ後半へ向けて会場内のボルテージも上がってきます。
おそらく指揮者の池田さんのテンションも上がってきてるはず。(大阪では確認できず

14『まぼろし』
テンション維持したままこの曲。
攻撃的バラードとでもいっておきましょうかね?適当な言葉がでてこないで歯がゆいのですが、特にライブバージョンはストリングスはじめアレンジがほんと効果的なんですよね~。
個人的にはリリース時にはそんな聴かなかった曲だったんですが、典型的スルメ系でして・・・(笑)
ライブで初めて聴いた時ぞくっとした覚えがあるんです。それ以来むしろ好きになっちゃいましてね~。
今回ももちろん最高の仕上がりでした。

15『Holy ground』
この曲なんですが・・・。

入場時にサイリウムが配られており、この曲の時に使うんでそれまで使わないでね的な説明書みたいなのが入っていたのですが、
最初東京の時ギリギリに入場して、この存在に気づかず・・・。

イントロ始まって周囲がバキバキ折ってる中、
「え??」って仁和寺同様の演出だと気づき、暗闇でバッグをガサゴソあさる失態(笑)
大阪の時はその失敗を生かして、もう始まる前からズボンの後ろポケットに入れてスタンバイOK(笑)

はい、この曲はその思い出のみが一人歩きしてます(笑)
もちろん場内はこのサイリウムでかなり綺麗だったのは言うまでも無く。

MC「幸せを運ぶ青い鳥ならぬ紅い鳥になってこれからも感動を届けたいと思ってます」的なコメントが出たということでおのずと次の曲はこれに決定。

16『Love is a Bird』
個人的にはアルバム『LOCKS』収録曲で一番の掘り出し物と感じているこの曲聴きたかったんですよね~
まあ、もうGARNETTIMEで既に“予告”はされていたんですけどね。
で、最後サビの部分で、ゆりっぺ主導で会場全体でコーラスを。
で、慣れてきたところでゆりっぺが主旋律を合わせるというちょっと粋な演出。
場内一体となって名曲熱唱し、ちょっと感動的なシーンです
アウトロのサックスもいい味出してました。

17『夢みたあとで』
前曲終わった後、いきなり「♪夢をみたあとで~」で始まるライブバージョン。
私、名づけて「『夢みたあとで』2004バージョン」(笑)
このバージョン大好きですからね~、もう言うこと無し。
ストリングスのアウトロも余韻たっぷりで最強!!!!!

18『世界はまわると言うけれど』
連チャンで最強曲です。
他の名曲に気をとられてこの曲の存在すっかり忘れてたんで、
イントロ聴いた瞬間うわ~~~~!!ですよ(笑)
後半に来て、ムードも最高潮で「なんなんだよこのライブ~!!」みたいな感涙モード(笑)
16~18のリレーは阪神の勝利の方程式JFKもびっくりの最強リレーです(笑)

MC「いよいよラストスパートです」
とのコメントと共に、再び場内ノリノリへ。

19『二人のロケット』
ライブの鉄板ノリノリソングここで投入~!!
サビの部分の縦ゆれから「♪for we~」で横揺れに変化する部分がミソですね(笑)
これもショートバージョンで終了。

20『君の思い描いた夢 集メル HEAVEN』
この曲プレミアムライブ以来ですが、私この時参加できなかったので、実質ゆりっぺの生歌は初なんですよね~。
以前からずっと聴きたいと思ってたので、軽いガッツポーズですよ(笑)
終盤にもってこいの曲ですね~。
ここらへんに来て古井さんのテンションも最高潮(笑)

21『Argentina』
てっきり、『僕らだけの未来』か『夢花火』あたりかと思いきや、大穴投入!
意外や意外、この場面にも割合ハマる情熱的な曲ですね。
大役を十分に果たしてくれました(笑)

最後は
22『今宵エデンの片隅で』
2006以来かな?
前回は「世界がスパーク」「今がチャンス」などのゆりっぺの問いかけも、初めてのせいかイマイチ不自然な感じだった気がするんですが、今回は客との連携もシンプルになってて呼吸があってましたね。
トリにふさわしく、みんなでスパークしてクレイジーになれました(笑)

====================================================
約5分ほどの「GARNETコール」の中、新たな衣装で再登場。
====================================================

【アンコール】
23『向日葵の色』
夏にふさわしいこの曲。
ゆりっぺの熱唱にただひたすら酔いしれます。

MC「今年振り返ってどうでしょう?」

<東京>
岡「去年の仁和寺からずっと続いてる感じがするんですよね~」
古「年越したの分からなかったの??」(爆笑)

客の「仁和寺行ったよ~~」「寒かった~」の呼びかけに
由「寒かったよね~~~」
古「『寒かったよね~』ってお母さんみたい」(爆笑)

由「AZUKIさんは?」
七「何の話してんの?仁和寺の話?今年やりたいこと?(←全然違う)教えてよ」(大爆笑)

七「この会場お客さんとの距離近いですよね?後ろのほうまでばっちり見えます」

客の「俺も見えてる?」の問いにも「見えてます☆」(←可愛い)

昨日と今日、両方来てくださってる方?の問いにかなり手が挙がり・・・
「え?そんなにいるんですか??5人くらい見つけて喜んでたのに~」(爆笑)

<大阪>
七「終わったらゆりっぺに旅行行こうって誘われた。無人島に。(ゆりっぺが)最近変わった行動多いんだよ」
由「それだけ詰まった前半だったということで」(笑い)


<共通>
由「8周年ということで、何か形になるものを残したいということで・・・。このたび私デザイナーデビューを果たしました」(笑い)

八ちゃんTシャツとアクセサリーを披露。

由「ガーネットショッピングみたいになりましたが、よかったら物販で」(爆笑)

大阪では巨大スクリーンでこのアクセサリーをおかもっちが披露しようとしたところ、カメラと合わず「逆」って言われてました。
が、こんな場内爆笑タイムもスクリーンが見えない我々には無縁でして(苦笑)


で、ここで大阪だけのサプライズ。
新曲発表!!!!が、あおるだけあおって「大人の事情で」タイトルのみ(笑)
ドラムロールの後『百年の孤独』!!

長めのMCの後、
24『ふたり』
楽しい曲ですよね。
会場内もアンコールを満喫すべく各々楽しんでる感じですね。

そして、大トリ
25『スパイラル』
キターーーーーーーーー!!!
久々の大トリ復活に大興奮!!!
となると・・・

えー、期待通りのエンドレスリピートも復活!!!

今回ほんと楽しいし、自分好みのセットリストで
最後、サビの大熱唱で完全燃焼しました(笑)

最後は、メンバー全員ステージ前に整列しお礼して終了~~~~~!!!

以上でレポ終わります。

軽めに書くつもりが超長くなってしまった・・・(汗)

そのぐらい、今思い出しても興奮できる最高のライブでしたね~。
ま、毎度のことですがね特に今回は初の夏ライブってことでだいぶ趣向が変わってて面白かったです。


大阪まで遠征した甲斐もあったってもんです。
席も最高だったしね~。

が、

①スクリーン見えないって点と、

②目の前のカップルのテンション上がった時の「グッズのタオルを二人で持って広げる」というウザさ満点の行為


を除いては・・・(笑)

結局、外見は小錦レベルじゃなかったものの、終わってみれば、ウザさの内容は小錦レベルだったって結論に・・・。(小錦がウザイということでは無いのであしからず)

もう序盤から暗雲が立ち込めてたんですよ。
MCあるごとに「こっちみて~」的なタオル広げ攻撃。

それやられると、後ろの我々全く前が見えなくなるんだって!!!!

もうね、自分たちはテンション上がっちゃってて楽しそうですが、
我々のテンションは反比例ですからね~(笑)

アンコールの時なんかもう、いらついて、
最後やけくそで、あえて通路に乗り出して手を振っちゃいましたよ。
違う意味での我々の「こっち見て~」的アピール(笑)


ま、いずれにせよ、過去参戦史上上位必至の2008ライブでした。

次なる楽しみは、ニューシングルと仁和寺DVDですな~

記憶の片隅かたなんとか思い出して書いてみました。
もちろん、会話部分はニュアンスで書いてますのであしからず。
長文お付き合いありがとうございました
コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加