老中の市井日記

理想を失うことなく老いの中を楽しみながら、日々発見、日々刺激、日々出会いを大切にしていきたいと思っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私が野菜ソムリエをつくったわけ

2017-02-13 15:23:58 | 大阪府大
先週水曜日8日の夜、西梅田のガーデンシティクラブ大阪にて第43回校友懇話会を
開催しました。陵友会(大阪府立大学の経済系同窓会)との共催で、経営学科卒業の
福井栄治さん(日本野菜ソムリエ協会理事長)の「私が野菜ソムリエをつくったわけ」
のお話でした。

前回の校友懇話会 グンゼ社長が語る 120年を迎えた経営理念と事業展開

福井さんの夢は、日本の農業を次の時代に継承できる仕事をやりたい、それには
野菜を日本人にもっと親しんでもらうことを考えました。参加されたかの中には
タイトルから野菜料理の話と思っていた方数人居られましたが、ビジネスづくりの
話でした。

ビジネスマーケットは、20世紀は「モノやサービスの提供」の考えでしたが、
21世紀は提供する側と提供される側の想いの共有、共感にある「価値伝達」にあると
野菜ソムリエを仕掛けました。今は価値観が多様化していますのでピッタシです。

コストで勝負するのではなくコンセプトで勝負する、共感型マーケティングです。

野菜ソムリエは、畑から食卓までをトータルにマネジメントできるスペシャリストです。
そしていろいろと広げています。たとえば、スポーツをする人を支援する
アスリートフードマイスターも手がけています。

福井さん、ありがとうございました。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GRIT やり抜く力 アン... | トップ | やっと終わったe-Tax青... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大阪府大」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。