老中の市井日記

理想を失うことなく老いの中を楽しみながら、日々発見、日々刺激、日々出会いを大切にしていきたいと思っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三屋清左衛門残日録 藤沢周平著

2017-04-29 14:04:33 | 読書
定年して11年、最初はウロウロしていましたが、縁あって母校の大阪府立大学の
全学同窓会(校友会)設立と事業をいろいろと遣らせて頂きました。

それもこの3月で終わり、毎週G.W.になりました。そんな時、元の会社オムロンの
入社同期のHさんのラインのコメントに「日残りて昏るるに未だ遠し」の一言があり、
物凄く気になりググッて見ました。

藤沢周平の小説「三屋清左衛門残日録」の一節であることが分かり、早速購入して
読みました。(以下 一部引用)

日残りて昏るるに未だ遠し。家督をゆずり隠棲の日をおくる清左衛門。
離れに起臥する隠居の身となった三屋清左衛門は、日録を記すことを自らに課した。
世間から隔てられた寂寥感、老いた身を襲う悔恨。しかし、藩の執政府は紛糾の渦中に
あったのである。という本の案内があり、老いゆく日々の命のかがやきを描いています。

私も寂寥感なるものを初めて経験しています。思い当たる節が多々出てきます。
ただ、サラリーマン生活を終えた11年前に感じずになぜ今なのか分かりません。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと終わったe-Tax青... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。